2003年12月31日(水) 5.2 10.8 / -23.8 -1.2 山口 今日で2003年も終わり。 今年がいい年だったのか悪い年だったのかは それは数年たってからわかるだろう。 少なくとも今は, 五体満足,健康で年を越せる。 感謝 =================================================== 案の定,吉野家がピンチだ 2月中旬から牛丼発売を中止するとか 吉野家から牛丼がなくなると 食生活に大打撃!! =================================================== 何年ぶりかに紅白を最後まで見た。 「Only One」というと, 数年前から西武鉄道の車内広告にあった タムラ製作所社風「No1よりOnlyOne」 を思い浮かべてしまう。『どんなときも』 やっぱ『幸せになろうね』
2003年12月30日(火) 5.3 13.1 / -7.0 -1.2 美留和→山口 29日,東京での打ち合わせがキャンセルになったので 今日,山口に移動に変更。 女満別空港は吹雪で視界不良。 それでも飛行機は離着陸している。 たいしたもんだ。
2003年12月29日(月) 2.6 13.5 / -19.4 3.0 美留和 今冬のオブジェ第一号 「氷箒」 さてどうやってつくったのでしょうか。 =================================================== 12月には珍しく雨が降っている。 雨で濡れたところ 夕方からの冷え込みでそのまま凍る。 滑りやすくなっているので危ない危ない。 =================================================== 豆腐の「にがり」 本当に苦い。 豆腐を作ろうとして 分量間違え大失敗。
2003年12月28日(日) 2.7 12.1 / -20.8 -2.1 美留和 今日は今年最後の大安。 玄関にしめ飾りをつける。
2003年12月27日(土) 0.7 8.6 / -17.1 -4.5 美留和 07:42除雪車 天気予報で大晦日から元旦にかけての予報をやっている。 特に初日の出が見れるかどうか。 まぁ需要があるから答えないといけないから 「弱い冬型,全国的に曇りがち」だと言っている。 そんなに断言しちゃっていいのかな。 ちょっと気象ヲタクネタ 高層天気図(500hpa)を見ると ここのところ5400中心の流れが速い。 地上の低気圧や高気圧は概ね500hpaの等高線にそって東進する。 こうなると,わずかな位相のズレが 天気の崩れのタイミングの時間的なズレになるので予想しにくい。 なので元旦の天気予報の精度も低いはず。 今後5520のトラフ(気圧の谷,ちょっと南に入り込んでる)の 移動(東経120°-150°)に注目。 最近,1日おきにトラフが通過している。 トラフの動きが速いので面白い。 西谷(日本列島の西側にトラフ)  日本付近では,南西風の場となり,寒気は入りにくく,南からの暖湿流が入りやすくなる。  天気がぐずつくパターン 日本谷(日本付近にトラフ)  谷が東進している時は天気は回復傾向。停滞している場合は,日本上空に寒気が居座ることになる。  夏であれば雷や豪雨,冬であれば日本海側の大雪の原因になる。 東谷(日本列島の東側にトラフ)  北西流場となるので晴天になりやすい。 12/28 09:00現在,東谷 12/29 09:00現在,西谷 ところで美留和で初日の出が見られる確率は? 40%としておきましょう。
2003年12月26日(金) 8.9 13.4 / -3.3 -0.5 美留和 年内までに仕上げなければならない原稿 最後の追い込みである。 ここのところ睡眠時間は3〜5時間ぐらい。 昼間強烈な眠気に襲われてウトウトすることもあるのだが そんな中,雪跳ねを今日1日で3回行う。 それほどの降りかたではなかったのだが 雪撥ねをして,うっすら積もり また,雪撥ねをして,うっすら積もり その繰り返し。 いい気分転換になる。。 =================================================== 携帯電話の電波の受信状況悪い。 いつもならバリ3なのに 1つか圏外。 別の場所に移動するとバリ3 一番近い中継所の電波が止まっているのか それとも,アンテナ線に不具合があるのか =================================================== 中川さんから配達記録の郵便物が届く。 前回(高知)は,第NW-2002-10-02421号 今回(札幌)は,第NW-2003-10-00003号 番号は北から順に振られるので 北と南では不公平になる。 今回は札幌だったから 若い番号になると思ってはいたが。 次は早めに申し込んで1番を狙ってみるか。
2003年12月25日(木) 5.9 14.6 / -16.7 -2.4 美留和 年賀状を書き終えた,というより印刷し終わった。 クリスマスイブの夜。 静かに雪が積もっていた。 この季節,住宅のエクステリアで 装飾されたイルミネーションがブームになっているとか。 確かに練馬でもあちらこちらの住宅の庭に それは美留和でも同じ。 昼間は気がつかなかったが, 暗くなって車で走ると イルミネーションのあるお宅が10軒ぐらい。 それぞれ個性が浮かんでくる。 もちろん我が家でもささやかながらライトアップ
2003年12月24日(水) 5.2 16.1 / -11.8 0.4 練馬→美留和 摩周湖の第一展望台に NHKのお天気カメラが設置され 今日から運用開始 でも,なぜ今までなかったのだろう。 テレビで霧の摩周湖を見てしまうと 観光客が展望台まで来なくなってしまうからかな? =================================================== BSEで米国産牛肉輸入禁止 吉野家,松屋は大丈夫か =================================================== 巷ではクリスマスのようだ。 東京都内で2件の打ち合わせを終え 午後美留和へ移動。 今年の講師は,昨日で終わった。 これからしばらく美留和滞在。 といっても,たまりにたまった原稿を (一部締め切り期限切れ) 一気に書き上げなければいけない。 その前に年賀状も作成せねば。 毎年,高校駅伝を見ながら作成するのが年中行事だったが 今年は塾のため,作れなかった。 さて図柄は何にしようか さらにその前に雪撥ねをせねば =================================================== 午後5時過ぎから雪が降ってきた。 ホワイトクリスマス =================================================== テレビで「驚き」「究極」「信じられない」「さらに」「ついに」「驚愕」 などのフレーズがあると条件反射で トイレにたつか,チャンネルを変えるようになってしまった。
2003年12月23日(火) 4.2 16.4 / -10.1 0.0 大阪→名古屋→練馬 勉強をはじめよう塾名古屋 2年半ぶりの名古屋での講義 熱いラブコールに「ううう」 ニュースで「1$紙幣数千枚が名古屋タワーから降ってきた」とのこと。 そのころ名古屋にいたのだが・・・ 新幹線も久しぶりに乗車。 座席の前後のピッチが広い。 品川駅で下車。 これまでずっと工事中の品川駅しか見ていなかったので 別の駅のように綺麗になっている。 山手線ホームは昔のままだったが 地下道はどこへいったのだろう。
2003年12月22日(月) 2.4 13.3 / -17.8 1.9 大阪 冬至。 今日の美留和,日出6:52 日入15:49 昼間の時間8時間57分 【今日冬至】→【きょうとうじ】→【京都宇治】 ということで宇治に出かける。 京阪宇治駅で降りる。 『源氏物語』の最後を飾る「宇治十帖」。 その舞台となった宇治川のほとりを歩く。 かえでやいちょうなどの紅葉の名残がある。 朝霧橋のたもとに「宇治十帖」のモニュメント 碑文を読む。 「源氏物語の浮舟と匂宮。二人はともに小舟で橘の小島へ。」 宇治川は流量が多く,流れも速い。 小舟だと下流に流されてたいへん危険だと思うのだが。 朝霧橋をわたり塔の島(橘の小島)を経由し, 10円玉で有名な平等院鳳凰堂へ。 鳳凰堂の中にも入ってみる。 来年1月から約1年半ほど解体修理で非公開になるそうだ。 説明を読むと〜 鳳凰堂(阿弥陀堂)は,天喜元年(1053)に落成 堂内には,平安時代の仏師「定朝」(じょうちょう)によって作成された 丈六の阿弥陀如来坐像が安置 950年前に建立された建造物や仏像が今に伝えられ 世界遺産にも登録されている。 荘厳な建築と浄土式庭園とが一体となり 平安貴族の美しい夢の空間を現世に 華やかさを極めたとされている。 1000年も通用する 定朝をはじめとするプロジェクトチームは偉大だ。
2003年12月21日(日) 4.3 11.0 / -9.1 -1.0 練馬→大阪 DB大阪A3回目 六甲山は雪景色 大阪の町並みにも うっすら雪が積もっている。
2003年12月20日(土) 3.3 8.9 / -1.5 0.6 練馬 DB東京A3回目 午前7時積雪20cm達成! 午後3時積雪30cm達成! うーーむ そろそろ交通に支障が出てくるかな =================================================== 松屋の新メニュー「唐揚げ飯」並350円に挑戦。 広いお皿にご飯と野菜 ご飯の上に目玉焼きととりの唐揚げが4個 さらに,その上にマヨネーズ。 コメントは控えておこう。 =================================================== 塾のあと,忘年会 帰り道,雪もちらちら舞っていた。 寒かった。 久々に震えがくるような寒さだった。 美留和では平気な(というより暖かい)気温なのに
2003年12月19日(金) 7.2 13.5 / -3.2 0.7 美留和→練馬 3度目の正直というか 日本海低気圧,今回は単独 よって美留和は明け方から強いベタ雪 気温は高め。 女満別空港も雪が降っていた。 滑走路の除雪作業や翼の除氷作業。 千歳からの便が1時間ぐらい遅れている。 幸い羽田行きは15分遅れですんだ。 =================================================== 【正午】過ぎの12時30分ころ羽田空港到着。 携帯電話に電源を入れると なにぃ,『メール受信中28通』 たかだか2時間弱電源を切っていただけなのに サーバーやネットワーク機器からの 定時連絡だけでも10通ぐらいのはず。 異常発生? メールをよく見ると 『そうだ,今日は【正午】に合格発表だったんだ。』 続々と結果報告のメール。 合格報告メール,よかったよかった 漢字の誤変換が感激を物語ってる。 メール返信は明日以降になりそう。 残念な結果に終わったかたのメール。残念。 ずしりと重く感じる。また来年もがんばろう。 今回のNWの合格率6.3% 試験種目の中で最低だ。 競争率で言えば約16倍 ほかのNW-Sコースの方々の結果が気になる。 =================================================== モノレールの中でさっそく 自分自身の結果を見てみる。 NW007-0768 とりあえず一安心。 秋試験,ここ数年業務(解答例速報作成)の関係で ネットワークとセキュアドしか受験できなかった。 たまには他種目を受験せねばと 今回の業務はH氏に依頼した。 NW,ANの二つ願書を出し 午前NW午後ANを受験しようと企んでいた。 (ANは午前免除) しかし,午後どんな問題だろうと興味がわき 午後もNWまで受験してしまった。 午前,午後1,午後2とも 退室可能時間ぎりぎりで 答案を提出し退室した。 =================================================== 羽田に降り立って 業務で都心3箇所かけまわる。 昼食が取れなかった。 ちょっと歩くと汗ばんでくる。 外套を脱ぎ手に持って歩く。 やっぱ東京は暑いのかな。 いやいや電車の中はみな厚着だ。 自分だけ暑く感じているのだろう。 電車の暖房も違和感,いや,不快を感じる。 過去の経験上,こうやって汗をかいて 体が冷えたときに風邪をひいていた。 「弱暖房車」「無暖房車」がほしい。 =================================================== 池袋ロフトで お気に入りのカレンダーを購入。
2003年12月18日(木) 3.4 14.0 / -6.3 -0.3 美留和 11月12月は道内での講演が多かった。 講演といっても専門的なことや試験対策ではなく 教員対象の「ITをどう教えるか」から 65歳以上対象の「インターネット活用講座」など 某信金からの依頼の「インターネット活用講座」で 質疑応答の時間が少々あった。 そこで,ウィルス対策ソフトについての質問が持ち上がった。 司会者(信金職員)にのせられてしまい テレビショッピングのノリでかけあってた。 「なんと」「おどろきの」を連発していた自分に気づく。 参加者の中から「やすぅい」との声も なぜか笑いを取った。 「今なら◎レ◎ド◎イ◎ロに◎ー◎ンをおつけして,さらに◎マ◎テ◎クまで」 なことないか。 このほかにも 「〜は,とってもいいことなので,みんなにメールを転送して教えてあげてください。」 というメールが届いたら無視しましょう,と説明したところ 「え?!いけないの,私したけど・・・」 「私も」 おおっと日常的なのですね。 =================================================== 今朝も,少々雪が積もった程度。 今回の日本海低気圧も関東沖低気圧に 鋭気を吸い取られて衰弱してしまった。 しかし,今夜,三度,日本海に低気圧が発生しそうだ。 後ろに強力な寒気団(この冬一番) 明日は東京への移動。
2003年12月17日(水) 4.3 8.6 / -10.9 -3.6 美留和 ニュースで「打者ロボット」について やっていた。 でもなんの役に立つのだろう? バッティングセンターならぬ ピッチングセンターというのがあってもいいなぁ。 =================================================== 美留和に来て3回目の冬。 これまで2回の冬, 天気図とにらめっこしながら 降雪パターンをさぐってきた。 過去2回の冬の経験上 「釧路」や「網走」の天気予報と 「美留和」では天気が顕著に異なること。 そこで,低気圧の通過コースに注目。 美留和の大雪パターン。 ◎11,12,3,4月に多いパターン 低気圧が北海道の南東岸(十勝沖,釧路沖)すれすれ(100kmぐらい)を通過 →重く湿った雪 ◎1,2月に多いパターン 低気圧が北海道の東の海上に停滞 →ブリザード さて,午前3時の天気図を見ると またまた日本海に低気圧発生。 午前3時現在東経130°北緯40°あたり。 上層の天気図を見る。 上空の風は,一昨日よりもやや北向き。 釧路沖100kmぐらいを通過すれば 美留和は大雪パターン。 しかし,一昨日同様 関東沖に低気圧が発生し 急速に発達しながら北東に進みそうだ。 そうなると,日本海低気圧は 関東沖低気圧に鋭気を吸い取られて 衰弱してしまう。
2003年12月16日(火) 6.8 12.8 / -8.2 -1.1 美留和 このごろ毎朝, 「えぞりす」が我が家に遊びにやって来る。 あちらこちら一通りチェックして帰っていく。 名前をつけよう。 「す」だから 「えり」ちゃんにしよう。  〜そのまんま
2003年12月15日(月) 5.7 12.8 / -15.6 5.7 美留和 日本海に発生した低気圧が 北緯40°線上を東進している。 もうちょっと北に来ないかな。 しかし上空は強い西風 しかも関東地方の東海上に低気圧が発生し 鋭気を吸い取られていってしまう。 =================================================== その後・・・ この日本海低気圧は 美留和にほんのわずか, 雪を積もらせて,16日朝には消滅した。
2003年12月14日(日) 5.4 14.5 / -16.0 0.6 美留和 クロスカントリスキーに初挑戦 「クロカンスキー」「歩くスキー」「XC」などといわれる。 まずは"Yahoo Auction"でセットを格安で手に入れる。 「やりぃ」と思ったら, 競技用,すなわち上級者用のセット 腕(足)前と用具がミスマッチ。 ま,いっか,うまくなれば ゲレンデスキーのブーツは,ギプスのようなものだったが クロカンスキーのブーツは,スニーカーのような感じ。 防寒,防水の普段靴としても使えそう。 それにビンディングは爪先だけ固定。 ヒールフリーなのも心許ない感じがした。 ゲレンデスキーに慣れてしまったせいか なかなかうまくいかない。 なによりもエッジがない。 ボーゲンでも曲がれない,止まれない 止まるにはこけるしかない。 まずは基本姿勢をマスターして, なんとか平坦地ではスイースイーっと スムーズに滑れるようになってきた。 しかし,ちょっとでも気を抜くと バックドロップ(P氏,H氏,O氏,ほか2名の目前で) 調子に乗って下り坂を オリンピック複合の荻原をイメージして かっこよくターンをすると コースアウト,木に激突 10年早かった すぐに汗が噴き出す。 Tシャツでもいいぐらい。 意外と運動量は多そうだ。 少なくとも運動不足解消には一番 やみつきになりそう =================================================== ビラオスキー場 8日遅れでオープン
2003年12月13日(土) 5.0 14.5 / -2.6 0.8 美留和 P氏,H氏と スノーモービルで林道を走る。 雪が少ないのでところどころ 地肌が露出していたり 熊笹がの上を走ったり 石ころを踏んづけたりだったが コンディション的にはまずまず
2003年12月12日(金) 5.4 9.9 / -18.4 1.7 美留和 旧知の友人(P氏,H氏)が来訪 (R氏は業務のためこられず,残念) 照明を取り付けたり,倉庫の整理
2003年12月11日(木) 5.1 8.7 / -17.7 0.2 美留和 AMAZONから「Zwilling 鼻毛クリッパー」が届いた。 実は,AMAZONで某書籍を購入したとき 「この本を買った人はこんな商品も買っています」に この「鼻毛クリッパー」があったのだ。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000DGS7O/250-6243030-6083401 ありがとう>YY =================================================== 「踵」の読みが 「つまさき」ではないことに 今,気がついた。
2003年12月10日(水) 6.2 11.7 / -8.3 -3.7 美留和 夜は忘年会 主役は「きりたんぽ鍋」 夜のふけるまで語らう。 帰り道 月明かりと雪明り 我が家の照明が意外と明るいことに気づく。
2003年12月9日(火) 6.3 13.9 / -16.7 -5.6 練馬→美留和 旧JASラウンジで1DAY HOT SPOT ここは元々PHS電波が入りにくかった。 これで仕事が捗る? =================================================== 女満別空港降り立つと, まずは車に積もった雪おろしと フロントグラスに張り付いた氷の除去作業。 意外と時間がかかった。 エンジンは快調に始動。 車を少し動かして,車がいないところでブレーキテスト 今回はべた雪でそれが凍ってしまったので簡単にタイヤロック。 今日の安全速度は40km/hくらいか。 アイスバーンでも 下り坂とタイヤロックに注意しながら ゆっくり走れば脅威なし。 女満別から美留和へは藻琴峠を越える。 全線,圧雪アイスバーン状態。 いつもなら所要時間50分のところ1時間20分を要する。 ところどころにアイスバーンが出現するより 全線圧雪アイスバーンのほうが あきらめてゆっくり走るので安全? =================================================== 美留和は久々の雪景色。 さ,これからアウトドア本番の季節! ・・・私にとっては まずは,スノーモービルの試走
2003年12月8日(月) 7.5 13.4 / -19.2 -1.2 練馬 今朝の最低気温は-20℃近く。 昨日,積った雪がガチガチに 凍っているのだろうな。 美留和タワーのライブカメラ -20℃でも映像を送っている。 たいしたもんだ。 (カタログの仕様を見ると-20℃〜50℃) =================================================== 午後6時,神保町で用が終わる。 ついでなので 神保町の古本屋さん街から 小川町のスキー屋さん街を経由して JR御茶ノ水駅まで歩いてみる。 この通りを歩くのは久しぶりである。 街の様子がかなり変わっている。 スキー屋さん街は,かつてのバブル華やかりし頃の面影はなく 12月というのに閑散としていた。 当時は気がつかなかった 老舗の食堂が多数あることも発見。 =================================================== 昨年からの,掲示板やメールでの いわゆる「いやがらせ」に悩んでいる。 プロバイダに依頼して, ユーザを特定して何らかの注意をしてもらうことは可能である。 ただしユーザの情報開示は 警察や裁判所からの開示要求がなければ まず無理である。 警察や裁判所に開示要求をしてもらうためには 「被害届」を出さなければならない。 警視庁や弁護士に相談し,証拠を揃え, あとは被害届を出す段階となった。 「被害届」を出すことは 警察が「刑事事件」を前提として 動き出すことを意味する。 つまり「注意」というレベルでは済まなくなるのだ。 今のところ次のアクションがない限り 「被害届」を出すつもりはない。 しかし,証拠を揃える段階で色々学習できた。 ・IPアドレスから発信場所を(ある程度まで)特定する方法 ・警視庁・弁護士への相談方法 ・インターネットカフェには防犯ビデオが設置してあり,必要であれば証拠保全が可能 本音を言うと,その機会が来ないことを願ってる
2003年12月7日(日) 8.2 17.4 / -0.4 0.1 練馬 DB東京A2回目 低気圧が当初の予想より 北側(沿岸〜陸地)を通過したのと 温度も高めだったので, 大雪にはならず,重たい雪となった。 これから冬型気圧配置が 強まるので美留和は快晴。 一度積もった雪が 朝晩の強い冷え込みで凍る。 道路がアイスバーンになりそうだ。
2003年12月6日(土) 7.7 15.5 / -14.1 0.5 大阪→練馬 DB大阪A2回目 やっと積雪計が動き出した。 今日を2003-2004の初冠雪日としよう。
2003年12月5日(金) 7.3 9.2 / -12.1 -2.0 美留和→大阪 人には言えない朝の楽しみ。 お風呂で新聞を読むこと。 =================================================== 雪のない-12℃の世界 これがツンドラまたはタイガの世界? 凍土の上を歩いてみる 普段,見られないの光景に出くわす。 やわらかい地面が, 凍ってコンクリートのように硬くなっていたり 鷹の爪のごとく伸びた霜柱 =================================================== 低気圧の通過コースにもよるが 6日(土)は雪が積もりそうだ! 低気圧の通過コースに注目。 過去2回の冬の経験上 美留和の大雪パターン。 ◎11,12,3,4月に多いパターン 低気圧が北海道の南東岸(十勝沖,釧路沖)すれすれ(沿岸から100kmぐらい)を通過 →重く湿った雪 ◎1,2月に多いパターン 低気圧が北海道の東の海上に停滞 →ブリザード ※西高東低の強い冬型気圧配置だと美留和は快晴 残念ながら明日から9日まで大阪,東京出張 立ち会えない。
2003年12月4日(木) 8.7 15.2 / -4.7 -1.4 美留和 テレビから,「北海道地方に大雪」という ニュースが流れているが 冬型気圧配置が強まれば強まるほど 道東は,のどかな晴天 ただし,今季,はじめて1日中氷点下の真冬日
2003年12月3日(水) 11.3 13.5 / -4.5 3.3 美留和 三ヶ月ごとの浄化槽の定期点検 結果は「ブロワの電源が切れています」とのこと。 緊急に電源を入れないと困ったことになるのかな? 「汚い水のまま川に流れてしまう」とか 「汚物があふれてしまう」とか ところでブロワって何もの? そこで,調べてみた。 汚水を浄化するためのバクテリアは空気を好む, ブロワは,新鮮な空気を送り込むポンプのこと。 ブロワがとまってしまうと バクテリアの活動が弱ってしまうそうだ。 やはり電源を入れなくてはいけないのだが とりあえずブレーカはすべて異常なし。 ブロワまでの配線は地中を通っている。 どこかで断線してしまったようだ。 別のコンセントから延長コードを引っ張ってきて 電源ON。仮復旧完了。 暖かい冬の入りとはいえ,地面はすでに凍土 とりあえず春まで待って, 電気屋さんに見てもらおう。
2003年12月2日(火) 10.9 19.0 / -3.4 3.7 美留和 ビラオスキー場 11月からせっせと雪作りに励まれていたのだが 先週末の雨で解けてしまったようだ。
2003年12月1日(月) 13.5 16.3 / 0.4 2.5 練馬→美留和 早くも12月に突入。 台風21号が北上している。 12月に入って台風が北緯35度以北に行くのは 13年ぶりだとか 太平洋高気圧が強いのと 海面温度が高いからだそうだ。 =================================================== 今日のニュース テレビ局にとっては イラクの外交官殺害事件よりも 地上デジタル放送開始のほうが 重要なのかな
2003年11月30日(日) 13.7 18.1 / 8.8 10.8 練馬 勉強をはじめよう塾 久々の「勉強をはじめよう塾」 10月の基本情報の午前問題をベースに 勉強の進め方などを話す。 傾向はかわらず, ただ内容的には最新情報が ふんだんに取り込まれている。 今日も雨,しかも土砂降り 配布するレジュメも ずいぶんと濡れてしまった。 何かに包んでいけばよかった。 温かい雨,室内は蒸し暑い。 タオル持参で,汗を拭きながらの講義 休憩時間は外の新鮮な空気を吸い込んで 一息つく。 Tシャツにすればよかった。 しかし!大半の方は厚着 聞いてみると「寒い!」 うーーむ
2003年11月29日(土) 9.5 12.2 / -6.0 6.5 美留和→練馬 iTAC総会 今朝の日経新聞,NIKKEIプラス1 「冬景色のきれいなローカル線」で 釧網本線が1位になっていた。 オホーツク海の流氷に釧路湿原 そしてなんと言っても 美留和の大雪原かな (実際は防風林でよく見えない・・・) =================================================== iTAC総会 この1年の総決算 いろいろなことがあった。
2003年11月28日(金) 9.0 13.2 / -12.2 4.7 美留和 中身は同じであっても 透明プラスチックのケースに入れば,100g300円 ちょっとした紙箱にきれいな印刷の紙で包装してあれば,100g800円 桐の箱に入れば,100g数千円 それでも売れている。 対価を払う=品質を買う 安心感なのかなぁ
2003年11月27日(木) 7.3 11.3 / -11.4 0.7 美留和 根室まで足を伸ばす。 普通の人が普通にいける 日本最東端「納沙布岬」に立つ。 3週間で西と東の端を極めた。 風は強かったが天気もよく 遠く歯舞,色丹,国後までくっきりと見えた。 帰りに厚岸に立ち寄り 名産の「牡蠣」を調達。 生と鍋物で堪能。 夜21時からの料理番組で ちょうど厚岸名産の「あさり」をやっていた。 次回は「あさり」も堪能してみよう。
2003年11月26日(水) 11.6 15.5 / -3.2 1.5 練馬→美留和 東京は快晴。 空が青く澄んでいる。 いちょうも黄色く色づいている。
2003年11月25日(火) 9.3 12.2 / -1.3 7.7 美留和→練馬 雨。 1泊2日の東京出張。
2003年11月24日(月) 8.5 11.7 / -11.7 5.1 美留和 今朝の最低気温は-11.7℃ 今冬もアイスキャンドルを作成しようと思い 昨夜,大きな平底鍋に水をはって玄関前に置く。 できあがった氷の底厚は十分だが壁厚が薄く すぐに崩れてしまい失敗。 やはり-15℃を下回らないとだめなようだ。 もう少し冷え込む日に再チャレンジ。 =================================================== KIRINビールの6缶パックを買ったら ビール酵母がついてきた。 どうやって食べるのだろうかと ネットで調べてみたる。 ヨーグルトに混ぜればいいらしい 酵母ヨーグルトは,朝,昼食に摂ると 満腹中枢が刺激されてダイエットにいいらしい。 さっそく,いつも塾の昼食のデサートとしている 明治ブルガリアヨーグルトを購入。 酵母をふりかけてみる。 こな薬のようだ。 かき混ぜてみるとドロッと ソフトクリーム状態になる。 お味は?ん? ま,こんなものか 思いっきりビールを飲み夕食をしたあとだから とりあえずは,ダイエット効果は無さそうだ。 もう一パックあるから パンでも作ってみるか。
2003年11月23日(日) 9.0 12.0 / -9.9 2.7 美留和 北海道ローカルニュースでは この三連休で北海道内のスキー場が続々とオープンとのこと。 どこも「例年より◎◎日遅れ」,「昨年より○○日遅い」ばかり。
2003年11月22日(土) 13.3 18.4 / 5.4 10.6 美留和 芽野菜,これまでは貝割れ大根だけだったのが 最近,種類が増えてきた。 ブロッコリーやえんどう豆の芽 どれも特徴があって好みである。 そばの芽を買ってみた。 これも特徴的な感触,食感。 自分的にはまずまずではあるが, 種の殻を一つ一つ取り除くのがたいへん
2003年11月21日(金) 11.2 22.9 / 6.5 10.6 美留和 暖かい雨の朝。 常時,ONにしていた床暖房を切る。 昨年・一昨年の今頃は雪が積もり 朝は-10℃を下回っていた。 ご近所のかたに 今朝取れたての卵をいただく。 しかし私の卵料理のレパートリーは ゆでたまごと目玉焼きしかない。 しかし,おいしくいただかねば スクランブルエッグでいただく 美味ぃ ありがとうございました。
2003年11月20日(木) 10.9 14.0 / -2.7 6.9 美留和 会合があり,旭川まで出かける。 11:30美留和出発 往路は,北見峠(国道333号線)経由。 天気もよく道路も乾燥路で順調。 峠付近では山々は雪が積もっていたが 路面は除雪してあり問題なし。 旭川市は,人口36万人。 北海道二番目の都市。 やはり市内に入ると渋滞も発生している。 15:30到着 ちょっと早めについたので 中心部へ 18:00-20:00 ちょっと準備不足は否めなかったが それを上回る熱気と迫力で 感動的な演だった。 思わず拍手 20:30出発 帰路は,石北峠(国道39号線)経由。 小雨,全般的に湿潤路。 心配していた峠道では雨が雪に変わったが 一部シャーベット状態で支障はなし。 美留和まであと一息の 美幌峠にさしかかったところ 突然,濃霧となる。 視界は20mもないだろうか。 30km/hぐらいにおさえて センターラインをたよりに慎重に進む。 峠を越え平地に降りたところで 霧が晴れ視界が開ける。 ほっとしたところ強烈な眠気。 そういえば,いつもなら熟睡している時間 睡魔が一気加勢に襲ってきたようだ。 なんとか気合で残り15kmを乗り越え 0:30美留和に無事到着。
2003年11月19日(水) 9.9 16.7 / -5.1 8.0 美留和 一日缶詰で原稿を仕上げる。
2003年11月18日(火) 7.7 15.5 / -6.1 7.6 美留和 Outlookのアイコン 時計の3時をデザインしたものかと思っていた アルファベットの"O"と"L"の 組み合わせだということに 今気がついた。
2003年11月17日(月) 12.4 17.9 / -2.6 5.3 大阪→美留和 大きめの書類を郵送する用があったので 朝方,コンビニに出向いて A4対応の「封筒」と,封をするための「セロテープ」を購入。 封筒を取り出してみると 粘着テープがついていた。 ちょいっと損した気分。 ================================================================= 東京では,平年より15日遅く, 木枯らし1号が吹いたそうだ。 やはり,この冬,到来はちょっと遅めの模様。 とはいえ本州の高い山々は雪をかぶっている。 8日ぶりの美留和。 まだ雪はない。 案の定,美留和では日曜のその時刻ころに 落雷,停電があったそうだ。 さっそくライブカメラを直す。 なぜか工場出荷時の状態になっていた。
2003年11月16日(日) 12.8 24.8 / 8.5 14.9 練馬→大阪 DB大阪A1回目 NW大阪S塾の皆様から身も心も暖まる 記念品をいただく。 この場を借りて厚くお礼申し上げます。 ================================================================= 今年のプロ野球日本シリーズは どこが優勝したのだろうかと思わせるぐらい 大阪の街と塾は,今日も活気にあふれている。 それとは対照的な晩秋の京都 紅葉は5分程度色づいている。 次の三連休あたりが見ごろだろうか ライトアップされた清水寺もまたよし。 (ライトアップとは呼ばず,「夜の拝観」と呼ぶらしい) 美留和の秋は黄色が主役だったが 京都の秋は紅色のコントラストが鮮烈。 ================================================================= 未明の03:02 異常を示すメールが届く また地震か! それと同時に 美留和ライブカメラ1号機からの 映像が届かなくなってしまった。 ほかのサーバー類は,なにごともなくすべて順調。 さっそくテレビをつけてみたが 地震のニュースの気配はない。 そういえば昨日から雷注意報が発令されていた。 どうやら落雷による停電があったようだ。 このライブカメラには UPSや落雷による過電圧対策を施していなかった。
2003年11月15日(土) 10.2 15.2 / -7.8 8.3 練馬 DB東京A1回目 DB塾1回目 なつかしい顔もあちらこちら まずは無難なスタート
2003年11月14日(金) 9.3 15.9 / -7.1 4.9 練馬 夕方,用があり武蔵小杉へ 東急目黒線に始めて乗る 内幸町から乗り換えなしでいける。 便利になったもんだ。 白金駅ホームで あれが噂の「シロガネーゼ」かと 感心する。
2003年11月13日(木) 11.7 14.9 / -5.9 3.8 練馬 今日も飲み会のダブルヘッダー 人間フォアグラ状態 再度m先生と歓談 八重洲ブックセンターで待ち合わせ 東京駅近辺の飲食は割高である。 その後有楽町に移動 割安感がある。
2003年11月12日(水) 11.4 17.5 / -2.3 3.5 練馬 「松屋」のみそ汁の具。 「わかめ」に代わって 「ネギ」か「キャベツ」になっている。 朝定食の一品に「めかぶ」もある。 意外と好評のようである。 飲み会のダブルヘッダー まずは五反田でP氏とYさんと歓談 Yさんとは二夜連続。 その後池袋へ NW塾有志と反省会
2003年11月11日(火) 9.6 13.1 / -7.4 7.1 練馬 今日の東京も,一日冷たい雨 ビラオスキー場ではゲレンデ整備が始まったようだ。 m先生とYさんと浜松町で歓談 大阪塾の運営について打ち合わせ
2003年11月10日(月) 11.7 13.0 / -6.3 6.8 練馬 今日の東京は,一日冷たい雨 最高気温13.0℃ 美留和より東京のほうが 寒く感じるのはなぜだろう 東京は,骨まで染みこんでくるような冷たさだ
2003年11月9日(日) 16.1 16.8 / -2.0 6.7 美留和→練馬 これから1週間,美留和を留守にする。 -5℃以下になることが予想されるので 水抜きをする。 藻琴峠は雪模様。 さいわい道路は乾燥していた。 脇道や標識にはうっすらと積もっていた。 ================================================================= スーパー西友で3つのミスをしてしまった。 1.寿司パックを買った際にしょうゆの確認をしなかった。 2.レジで箸をもらわなかった。(申告しなければもらえない) 3.財布の中の100円玉をすべて使い果たした。 1.については 以前購入した,「かつおのたたき」のタレが残っていたのでそれで代用 2.については つまようじで代用 3.については 駐輪場代金の100円玉がなくなったので, 自動販売機で千円札でお茶を購入。 ================================================================= 今日の衆議院選 自民党は横ばい 民主党は共産党,社民党などの議席を奪取して躍進。 終わってみれば予想通り。 二大政党時代の幕開けか。 それにしても開票速報の出口調査とやら。 各局競って分析していたが ほぼ的中しているだけに 開票速報をみていても 「出口調査の分析どおり〜」 というフレーズを聞くたびに 興ざめてしまう。 早々に就寝。
2003年11月8日(土) 15.8 22.5 / -7.0 5.5 美留和 立冬 暦の上では今日から冬。 今朝の最低気温は-7.0℃ 乾燥注意報も発令された。 暦どおりというのだろうか 北海道各地の初霜,初氷,初雪のたよりを ニュースで報じている。 どこも平年より1-2週間程度遅い。 今年の冬の訪れは いつもより遅いようだ。 女満別空港まで友人を見送りにいった その帰り道,藻琴峠で風花が舞っていた。 みずおか的にはこれを今季の初雪としよう #昨年は10月31日
2003年11月7日(金) 16.0 21.3 / -3.0 6.1 美留和 国道243号線から尾札部(おさっぺ)川沿いの林道に入る。 10kmぐらい走ったところで車を止める。 そこからは徒歩。 大雨のせいだろうか 至るところで道が寸断されれている そこは,熊笹をかきわけ,川の中を歩き,がけをよじ登る。 足元に気をつけながら 道なき道を進む。 歩くこと30分。 個性的な二つの滝が姿をあらわす。 夕染の滝・・落差がある。繊細 釣鐘の滝・・水量がある。豪快
2003年11月6日(木) 14.4 21.1 / 2.1 11.1 練馬→与那国島→札幌→美留和 6月,7月,JALのキャンペーンで 応募はがきをせっせと出したおかげで 10万円の旅行券に当選した。 そこで,与那国島や石垣島,那覇に日帰り旅行。 まさに20時間乗り物トライアスロン バス50km 航空機4800km 自動車350km 総移動距離5200km 与那国と美留和 緯度差20度°,経度差20° 気温差30℃(29℃〜-3℃) 生まれて初めて沖縄の土を踏む。 なんといってもコーラルシー 与那国のパンフレットに書いてある 「空港に降り立った瞬間からゆっくりと流れ始める時間〜」 まさにそのとおり。 立ち寄りたかったところが多々あるし ゆっくりと時間をすごしてみたい。 よって不完全燃焼・・・ 今度は泊りがけで行ってみよう しかしこの暑さに耐えられるか。
2003年11月5日(水) 15.0 20.4 / -5.3 13.2 美留和→札幌→練馬 朝早く美留和を出る。 札幌と東京で打ち合わせ たくさんの業務依頼 ありがたやぁ 9日の衆議院選挙の不在者投票も済ませておいた。
2003年11月4日(火) 17.3 22.0 / 6.2 9.8 美留和 稚内で平年より14日遅れで初雪を観測したそうだ。 和琴半島1週の遊歩道を歩く。
2003年11月3日(月) 15.9 19.4 / -1.2 16.6 美留和 小春日和の一日。 二回目の藻琴山登山。 今回は小清水725から。 日本百名山をすべて踏破された 登山のベテランとご一緒。 普段,運動不足の私にとっては登山だが 私より一回り年上のその方にとって見れば 軽い足馴らし 小清水725---<450m>---山小屋跡---<1050m>---屏風岩 ---<700m>---藻琴山山頂 (標高725m) 15分 (標高868m) 20分 (標高930m) 15分 (標高1000m) 出発地点から山小屋跡までは ハイマツ林の中の急斜面。 山小屋跡には,ちょっとした休憩場所がある。 ここで,息も絶え絶え,汗も噴出 根性だして一歩ずつ踏み出す。 その方は足取りも軽い。 山小屋跡から藻琴山の山頂までは, 尾根伝いを歩く。 途中,屏風岩を通り抜ける。 風も強いが左右眼下に広がる景色もよい。 アップダウンを数回繰り返すが 息が慣れてきたせいか, さほど苦にならない。 休日+好天で,すれ違った登山者(ハイカー)も 上り下りで20人ぐらいいただろうか。
2003年11月2日(日) 15.1 23.1 / -1.8 17.9 美留和 ニュースで「Halloween」をやっている。 今年の仮装コスチュームNo.1は Matrixだそうだ。 そういえば,そろそろMatrixReloadedが公開。 映画館に見に行こうかな DVDにしようかな
2003年11月1日(土) 13.4 19.7 / -1.9 16.4 美留和 最高気温は9月下旬並み。 暖かい11月の入り。 今日からシカの狩猟解禁。 朝から山のほうで銃声が聞こえる。 シカには受難の季節。
2003年10月31日(金) 12.3 21.5 / -1.0 14.1 美留和 去年の初雪は10月31日だった。 今年の冬の訪れはちょっと遅め 今のところ雪の降る気配はなし 美留和の初雪は11月7日前後だろうか
2003年10月30日(木) 14.8 23.5 / 1.9 12.6 美留和 まもなく10月も終わり 8月の後半から始まった美留和の紅葉 数々の木々が紅葉を楽しませてくれたが カラマツの色づきでフィナーレを迎える
2003年10月29日(水) 15.6 25.6 / 10.7 14.6 美留和 雨の一日。
2003年10月28日(火) 13.3 15.5 / -2.6 14.9 美留和 講師業は足腰が勝負。 オフトレと健康をかねて登山。 銀嶺水に車を止めて,藻琴山に向かう。 銀嶺水 ---<1000m>---藻琴山山頂 (標高800m) 30分 (標高1000m) 標高差約200m,東京のサンシャインビルぐらいか 登ること30分 日ごろの運度不足が露呈 1/4行ったところで,足がふらつくは,息が切れるは ふもとでは快晴だったのに頂上では霧と強風の中 休む間もなく早々に下山してきた。
2003年10月27日(月) 14.9 20.1 / 4.2 13.5 美留和 ちょっとしたミスをしてしまった。 その代償も少なくはないが,他人に迷惑をかけず 笑い話ですむレベルだったのがせめてもの救いか。 確かにこのミスをする前に 引き金になる要因が重なっていた。 そちらのほうに気がいってしまい, ちょっとした油断の隙に ミスをしでかしてしまった。
2003年10月26日(日) 14.1 21.2 / 2.3 12.4 美留和 秋晴れの一日 旧知の仲間たちが家の周りの作業 ・ぬかるみに砂まき ・風で倒れた木の処理 ・枝からウッドチップつくり ・倉庫の屋根の補修 ・換気ダクトの掃除(2年ぶり) ・台所,トイレの清掃 感謝
2003年10月25日(土) 13.3 16.9 / -2.0 15.2 美留和 試験前後にバタバタしたツケで まだバタバタしている。
2003年10月24日(金) 12.2 20.1 / 3.6 11.1 大阪→美留和 大阪からちょっと寄り道をして美留和に戻る。 今日は霜降 紅葉前線,関西の平地の木々の葉はまだまだ緑のみ。 本州の北半分は紅葉に覆われている。 北海道の紅葉はそろそろ終わり
2003年10月23日(木) 15.8 22.8 / 13.4 15.6 練馬→大阪 日本シリーズまっさかりの大阪へ 連夜のサヨナラ勝ちで 街は盛り上がっている  のかな 試験後,とんぼ返りで東京に戻り 月,火,水,木曜とタイトな業務の連続で バタバタとしていた。 試験後の睡眠時間は3-5時間ぐらいか なにもかも手付かずの状態になってしまった。 今日でようやく一区切りついた。 タスクリストには 後回しにしておいたことや 試験の後片付けがたっぷり。 さぁ明日から,美留和に戻ってはじめるか。
2003年10月22日(水) 14.3 18.3 / 10.6 14.8 練馬 とある企業役員の話しを聞く。 一時のブームに乗り あまり思慮せずに,事をしてしまうと 後々が大変だということを実感。
2003年10月21日(火) 12.3 21.5 / -2.7 14.9 練馬 櫛の歯で中指を切る 血が止まらない 意外と痛くないもんだ。
2003年10月20日(月) 14.9 19.4 / -1.4 13.6 練馬 吉野家の3杯食べて並盛1杯プレゼント 券が3枚たまった さて食べに行くか
2003年10月19日(日) 12.9 21.5 / 3.5 14.4 札幌→練馬 情報処理技術者試験 解答例速報作成のために 今回も問題用紙を受け取りに行く。 しかし,今回はたたき台を作り 速報作成とブラッシュアップを託して,早々東京に戻る。 半年に一回脳みそのフル回転させるのでオーバーヒート ここでしばし休養としたいのだが その間もなく,クリティカルなスケジュールが続く。
2003年10月18日(土) 13.6 18.8 / -1.6 11.9 美留和→札幌
2003年10月17日(金) 13.7 19.9 / -0.2 13.4 美留和 巣箱にアカゲラさん入居。(下見かな?) 知床が世界遺産に推薦された。 先に世界遺産となった屋久島や白神山地は 観光客が殺到したらしい。 うーーむ 世界遺産になるのは嬉しいが, 観光客で汚されてしまうのは本末転倒 思い切った規制をしてほしいと願う 美留和に棲みついてつくづく思うのは 人は自然活動の利子で生かされているんだなと 元本を取り崩すようなことはしてはいけない 地球さん,ごめんなさい
2003年10月16日(木) 15.1 20.9 / 3.2 10.3 美留和 昼過ぎまで雨。 家の前の花壇のサルビアやマリーゴールドは 昨日の霜で一気に枯れてしまった。
2003年10月15日(水) 12.1 19.3 / -2.8 13.3 美留和→千代田区→美留和 初の東京日帰り出張 8:30に家を出る。 題目は,「セキュリティの国際標準動向とセキュリティ・マネジメント手法」 予定より5分オーバーで終わる。 高校時代の同級生が参加されていた。 二十数年ぶりの再開。 昔話や近況について語り合うが 早々時間もなく出発 セミナーを終えて,ほっとしてモノレールに飛び乗ったのだが。。 モノレールに乗っていると地震発生でストップ おおっと飛行機に間に合うか 私の乗ったモノレールは,大井競馬場前で 10分ぐらい停止したあと,徐行運転(40km/hくらい)で羽田空港へ なとか予定した航空機に乗れてセーフ
2003年10月14日(火) 16.4 19.0 / 2.1 11.4 美留和 昨夜の「雨と雪の確率〜」 今朝になって「斜里岳が初冠雪」とのニュース。 美留和は紅葉まっさかり。 「とりあえず美留和にきてごらん。どこを見ても赤,黄,緑の錦秋色。感動的だよ」 5月の新緑から短い夏を経て 役目を終えようとしている葉たちの協奏 黄色も赤色も樹それぞれである。 いったん,黄色くなってから赤色になる木もある。 一歩ずつ冬が近づいてている。 観楓の季節は冬支度はじまりの季節でもある。
2003年10月13日(月) 20.7 28.0 / 7.9 11.5 練馬→札幌→美留和 SS札幌C3回目 3日連続朝移動 蒸し暑い東京から札幌に移動 気温差が20度近くあろうか ひとこと 「寒い・・」 天気予報「雨か雪の降る確率」になってる
2003年10月12日(日) 17.0 23.3 / 7.2 13.4 大阪→練馬 NW東京S12回目 NW東京B6回目 東京,最終
2003年10月11日(土) 15.6 23.0 / 5.7 19.9 練馬→大阪 NW大阪S12回目 NW大阪B6回目 早朝,大阪へ移動 m先生とご一緒 機内で打ち合わせ 大阪,最終
2003年10月10日(金) 13.1 22.2 / 7.3 16.8 美留和→練馬 今日は17時からの講座講師 午前中,美留和から東京へ移動する。 17時までの間,人にあったり打ち合わせの スケジュールを詰め込んだため 超タイトな1日となった。 東京で見る晩秋の名月は,おぼろ月だった
2003年10月9日(木) 12.8 20.5 / 0.0 17.9 美留和 今日は二十四節気の「寒露」 野草に宿る冷たい露のこと 暦の上では 昨日までは仲秋 今日から立冬までが晩秋 あすは晩秋の名月・・・・
2003年10月8日(水) 14.7 19.2 / -1.4 16.8 美留和 今朝の最低気温が-1.4℃ ついにファンヒータに火を入れた。 朝,冷え込むということは天気のいい証拠 川湯からボッケ(キンムトーの近く)まで もりの季さん&お宿かげやまさんと 約7.5kmのトレッキング まずはボッケの噴気孔に生卵をセットして 車で川湯に向かう。 川湯エコミュージアムセンター前をスタート 雲ひとつない快晴。空気もうまい。 色づきかけた広葉樹。 森の中では樹齢数百年はあろう巨木があちらこちら 森の主たちに感動。 小高い峠を越え,森を抜ける。 ちょっとした広野原でお昼。 用意していただいたおにぎり なぜか食が進む ボッケについて卵を取り出す。 卵をセットした位置によって 固ゆで卵になっていたり温泉卵になっていたり 私は温泉卵,これに岩塩をふりかけて じゅるじゅると吸い込む これが美味 美留和に住んでよかったとつくづく思う すぐ近くにこんな芸術的な景色があり, 感動を共有できる仲間がいること。 皆さん,それぞれ厳しい環境にあるのだが 心に染みる一日だった。
2003年10月7日(火) 14.7 19.9 / -0.9 14.6 練馬→美留和 余震だろうと思われる揺れが 増えてきた。
2003年10月6日(月) 16.7 18.6 / 4.0 15.5 練馬 朝から小雨模様 電車の中はムンムン 自然と汗ばんでくる。 できることなら上着を脱いで袖を捲り上げたい しかし, マフラー着用の人を見て唖然 人に聞いたら今日は肌寒いほうだと たしかに最高気温18.6℃ 私の体温調節機能がおかしいのだろうか・・・
2003年10月5日(日) 14.6 21.9 / -0.1 13.8 綾瀬→練馬 合宿 合宿2日目 美留和に比べ,紅葉にはまだ早い東京郊外の合宿所 中庭を散歩していると,金木犀の香りが漂ってくる。 この香りで試験が近づいてきたんだなぁと感ずる。 春の沈丁花,夏の梔子(くちなし),そして秋の金木犀
2003年10月4日(土) 17.1 22.0 / 1.6 13.0 練馬→綾瀬 合宿 合宿1日目 皆さん真剣
2003年10月3日(金) 18.6 24.4 / 7.8 11.3 美留和→練馬 キンムトーに行った。 手前200mにゲートができた。 そこに車を置いて歩かないといけない。 それもよし。 ななかまど,なら,つたが赤く色づいている。 かえで類は緑から赤に切り替わる途中。 見ごろは15日前後であろう。
2003年10月2日(木) 19.2 28.7 / 6.9 17.4 美留和 9月20日摩周湖で撮影したの雲は 地震雲だったかも知れない。 室蘭や釧路でも見られたそうだ。
2003年10月1日(水) 16.6 24.7 / 10.8 14.9 美留和 昨日と今日, 美留和で体に感じる余震はなかった。 ====================================== 今日から10月 秋は天気が変わりやすいというのか 天気予報が変わりやすいというのか 新幹線品川駅開業とか 「のぞみ」が倍増といわれても その分「ひかり」が減っているし 実質値上げ 当初いわれていた輸送力増強のための 品川駅始発も少ない 渋谷,新宿方面からの利便性向上だけかな とりあえず航空機との勝負のようだ
2003年9月30日(火) 16.8 24.4 / 11.8 13.2 練馬→美留和 十勝沖地震後,初の帰宅 釧路空港の抜け落ちた天井や 道中,いたるところで 道路標識やバス停,吹雪よけが傾いていた。 地震で傾いたライブカメラを直した。 (家は傾いていなかった) 特に建物が傷んでいるところはない。 建物の中は予想どおり, 冷蔵庫などがずれていたり 棚においてあったものが落下していた。 ヒーターが点火しないなぁ 灯油供給ラインが壊れたかな, よくみると揺れセンサーが作動していた。 解除すると普通どおり点火 意外または不思議だった点 その1・食器類がすべて無事   〜かなり不安定な積み方をしていたのにそのまま その2・倉庫に積みあげていた箱のうち,下層部にあった箱だけ落ちている   〜だるまさん落とし? その3・LANケーブルがCRTの下敷きになっている   〜CRTディスプレイが飛び跳ねている間にLANケーブルが下に入り込んだ?
2003年9月29日(月) 18.5 25.8 / 9.4 14.7 大阪→練馬 26日以降,依然として余震が続いている。 美留和では体に感じる余震が16回もあった。      震度3 震度2 震度1 29日 5回  1回  2回  3回 ←また増えている 28日 3回  0回  1回  3回 27日 2回  1回  1回  0回 ←おさまるのかな 26日 6回  1回  2回  3回
2003年9月28日(日) 18.8 24.6 / 8.4 15,2 練馬→大阪NW大阪S11回目 NW大阪B5回目 被害の割りにマスコミが大きく取り上げている。
2003年9月27日(土) 20.0 26.7 / 12.9 14.8 練馬 NW東京S11回目 NW東京B5回目 昨日の地震は「2003年十勝沖地震」と名づけられた。 震源域が「十勝沖」か「釧路沖」かで議論が分かれているらしい。 地震のエネルギー規模をあらわす単位であるマグニチュードは,8.0 関東大地震(関東大震災)のマグニチュードは,7.9 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)のマグニチュードは,7.2 2003年9月25日にマグニチュード算出方法が変わった初端の地震なので 正確な比較にはならないが 数々の大地震と比較しても相当な規模だ。 美留和から震央まで直線距離約300km それで震度5強 東京に置き換えてみると 今,いつ発生しても不思議ではない 東海地震の震源域とされているあたりまでの 距離とほぼ同じだ。 これだけの規模で人的被害が少なかったのは 震源域が陸から遠くはなれて,地中深かったこともあるが なんといっても揺れた地域の人口密度が 低かったことだろう。 また,今回は地震発生が夜明けだったが, もし,日中に発生していれば もっと大きな被害になっていたであろう。 被害の大小は地震発生の時刻・タイミングがより大きな要因となる。
2003年9月26日(金) 18.6 25.4 / 13.5 17.2 大阪→練馬 大阪のホテル 04:50に携帯電話が鳴る。 だれだ,こんな時間に・・・ 美留和のサーバーからの緊急連絡だった。
09/26 04:50震度5強マグニチュード8.0
えりも岬東南東80km(北緯41.7度 東経144.2度) 震源の深さ約42km
↑地震発生時の美留和タワーからの映像 サーバ類は何事もなかったように稼動中。 アクセスログを見ると,地震発生当時,停電したようだが UPSで持ちこたえたようだ。 留守番電話のセットは解除されたようだ。 美留和タワーからのライブカメラから見渡したかぎり 美留和周辺から特に煙は出ていないようだ。 釧路空港ではターミナルや管制塔で 天井落下など建物被害がひどく 航空管制業務ができなくなり, 今日すべての釧路空港発着便が欠航となった。 あ!!今回は釧路空港に車をとめてきたんだ。 家の中から外を映している ライブカメラが傾いた。 ま,いっか・・・いや,まてよ?! まさか家が傾いているんじゃないよなぁ
2003年9月25日(木) 15.1 19.3 / 11.5 18.2 札幌→大阪 大阪丸ビルの屋上の電光掲示板 なくなるという話しを聞いていたが 現役で稼動している。 これも話題づくりだったのかな
2003年9月24日(水) 17.2 20.6 / -0.5 17.6 札幌 東京はめっきり涼しくなったと聞いていたが 美留和もさらに涼しく,いや,冷え込んできた。 この秋,はじめて氷点下を記録。冬日だ。 昨年の初冬日は10月15日だった。 冬の訪れが早いのかな。
2003年9月23日(火) 14.0 22.1 / 0.8 18.0 美留和→札幌 SS札幌C3回目 快晴の秋分の日 札幌に向かう飛行機で 宗男さんと同乗,思わず会釈してしまった 大雪山系の頂上付近はうっすら雪が積もっている。 紅葉が山裾まで降りてきている。
2003年9月22日(月) 13.9 19.2 / 3.3 16.1 92.8 美留和 サンマを炭火で焼く 火力が弱かったのか, さほど煙は出なかった。 まぁ秋の味覚を満喫した ことにしよう。 ============================================= この秋,初の霜注意報 明日朝は0℃近くまで下がりそうだ。
2003年9月21日(日) 16.3 17.7 / 4.4 17.2 93.2 美留和 羅臼漁火まつりに行ってきた。 狙いは,イクラ500g1600円 秋鮭1匹 オス500円 メス1,000円 東京へ発送となると 箱代,運送料のほうがかなり高くつく サンマ27尾1200円 ホッケ開き(真空パック)一枚200円。 今年はサンマが豊漁だが,かわりにイワシが不漁だとか ほか,カニ,イカ,イクラ・・・ イカソーメンの無料配布も 知床の山々は,上のほうから紅葉が始まっている。 鮭の溯上 ============================================= 午前12時現在 東京  16.6℃ 雨 肌寒いらしい 美留和 14.5℃ 晴 あったかぁ,まったりぃ  ============================================= 巌流島は天草にあるのかな
2003年9月20日(土) 22.5 27.9 / 4.3 17.6 92.8 美留和 今日は彼岸の入り 暑さ寒さも彼岸まで 午前3時,雨上がり星空がきれいだ よし!摩周湖に日の出を見に行こう 残念ながら湿気が残っていたらしく 日の出は見れなかった
2003年9月19日(金) 23.8 31.8 / 11.8 13.5 93.0 美留和 ツーリング中に我が家へ立ち寄っていただいた。 旅の宿へようこそ
2003年9月18日(木) 23.3 30.4 / 12.0 20.2 92.2 美留和 美留和の秋 木々の葉の色づき,落葉の頃が 樹種によって異なる。 現在,白樺の色づき率30%・落葉率10%
2003年9月17日(水) 22.9 31.2 / 6.8 18.1 92.2 美留和 新装なった「ふくはら摩周店」に行ってみる。 店内は前のまま。 そう大きく変わったふうでもない。 中に入って陳列はどうかなっと, 前とは違った並び 品揃えが以前よりも豊富だ。 弟子屈ではあきらめていたカット果物もある。
2003年9月16日(火) 22.3 28.5 / 1.9 18.7 92.2 山口→東京→美留和 山口から東京でちょっと打ち合わせをしてから美留和へ。 8/31以来の美留和だ。 すでに日没近くだったので付近の散策は明日にして まずは風呂へ 昨年,長く留守した際に 風呂が,落葉で葉っぱ汁,排水口が詰まってしまった苦い経験がある。 今回は,お湯を抜いていた。 よって,熊手とほうきで落葉を拾い集め あとはタワシで仕上げ。 ただし,お湯がたまるまで入れないことと, お湯がすぐに冷めてしまうことが欠点。
2003年9月15日(月) 24.4 32.3 / 10.7 15.8 山口 学科講習終了後 14問,試験時間70分 65%以上正解で合格 問題は,情報処理技術者試験の午前と同様4択 どちらかといえば工担風だ。 とりあえず一級 昇級確定!
2003年9月14日(日) 26.9 33.4 / 15.5 24.6 山口 1日9時間の学科講習 普段,使っていない脳をフル回転させるため 疲れる疲れる どうしても眠くなってしまう。 「間」や「抑揚」が必要なんだなぁと痛感
2003年9月13日(土) 25.4 34.3 / 12.8 17.1 練馬→山口 この3連休 某免許「四級」を「一級(限定)」に昇級させるため ちょいと山口に帰郷
2003年9月12日(金) 26.5 34.1 / 14.0 23.9 練馬 今日で13連戦終了! 東京地方は,連日熱帯夜で今日もまた33℃を越えた。 今年の9月は例年よりもかなり暑い。 「残暑」というより「遅暑」だなぁ。   台風14号 午前7時現在   強い   中心気圧 945hPa   中心付近の最大風速 40m/s(80kt)   東シナ海   北 30km/h( 17kt)
2003年9月11日(木) 26.4 33.2 / 11.5 23.9 練馬 中秋の名月 やはり今年も「仏滅」 夜,月を見るのを忘れていた。   台風14号 午前8時現在   猛烈な強さ   中心気圧 910hPa   中心付近の最大風速 55m/s(105kt)   宮古島の北北西 約50km   北西 ゆっくり 宮古島で70m/sを超える最大瞬間風速を記録したという。 しかし今朝のNHKニュースでは3番目の扱い。 中心付近の最大風速が54m/sを超えると 「猛烈な」という最大級の称号が与えられている。 大都市に接近すると定時番組を押しのけてまで報道するのになぁ
2003年9月10日(水) 26.8 33.3 / 12.2 15.8 練馬 熱帯夜,そして朝から夏の太陽 夜,m先生,Pさんと歓談   台風14号 午前11時現在   宮古島の南東 約210km これから北上して日本接近のおそれ
2003年9月9日(火) 22.9 32.3 / 11.4 18.2 練馬 真夏の蒸し暑さが帰ってきた。 月と火星が接近して見える。
2003年9月8日(月) 21.1 26.6 / 5.0 15.5 練馬 新橋に朝早くから営業している床屋がある。 仕事前に散髪をした。 すっきりした。
2003年9月7日(日) 21.5 27.6 / 1.5 18.7 大阪→練馬 NW東京S10回目 NW東京B4回目 今朝,美留和の最低気温は1.5℃ 東京との気温差が20℃ 霜が降りたかな。
2003年9月6日(土) 23.2 31.5 / 9.8 13.0 大阪 NW大阪S10回目 NW大阪B4回目 大阪塾での講義中, 突然部屋の外からにぎやかな声が 文章問題の解答策案中で神経を集中し, ぴりぴりしている時間帯だった。 廊下に出てみると どうやら隣の部屋での何かのイベントが終わったらしく 4〜50名ぐらいのかたがたが廊下で歓談している。 それも大声で・・・ 主催者とおぼしき方に 「隣の部屋は,今,勉強中なので静かにしてください」 とお願いした。 約10分経過 一向に収まる気配はない。 もう一度お願いしに行く。 「静かにさせます」と言いながらも 謝る素振りもない。 二回目は私自身も「静かにしてください」と 叫んでしまった。 どんな団体かと思い看板を見ると 「大教組」と書いてあったのだが まさか教育関係の方々じゃないよなぁ, このような公共の場で他人に迷惑をかけたりしないよなぁ
2003年9月5日(金) 23.0 30.8 / 7.3 19.1 練馬→大阪 大阪は連日30℃ 暑い。 8月は記録的な低温だったそうだが 9月は記録的な高温になるのだろうか。
2003年9月4日(木) 22.7 28.9 / 14.2 20.9 練馬
2003年9月3日(水) 25.7 33.4 / 14.1 23.8 練馬 M先生と有楽町で歓談。 雲行きが怪しかったので地下と出入り口の狭いお店は避ける。 お店に入ったと思いきや相当な雷雨となる。 店内にいたので雨には会わなかった。 21時過ぎ,店を出ると雨はすっかりあがっていた。 しかし田町駅の落雷により, 京浜東北線, 山手線がストップ。 M先生はかなり遠回りをして帰られたようだ。 それにしても10時のNHKニュース なぜ東京地方の雷雨を全国向けに10分以上もやるのだろうか。 ================================================ 電車に乗っていたら となりに座っていた高校生がノートを広げて勉強を始めた。 ちょっと覗き見 「インスタンス・・・」 おー,最近の高校ではインスタンスなんかやるのか。 クラスから見てオブジェクトを指し示す概念なんだよ・・・ よく見ると 「紀元前2600年」 ん? 「インダス文明」だった。
2003年9月2日(火) 22.0 30.0 / 10.9 26.1 練馬 東京の街を歩いていてつくづく思う 「必要なものが手の届くところにある。なんでもすぐに手に入れられる」 美留和だとコンビには10km先 ちょっとしたものは80km離れた釧路まで 買出しに出なければいけない。 でも美留和が不便なのではない。 東京が便利なだけである。 美留和を普通だと思えば 日本中どこに行っても便利なのである。
2003年9月1日(月) 19.9 25.2 / 6.1 25.4 札幌→練馬 今日から9月 いきなり最低気温は6.1℃ しかし最高気温は東京の最高気温をも超える夏日
2003年8月31日(日) 22.6 29.7 / 11.1 22.3 美留和→札幌 SS札幌C1回目 今日からロード 美留和に戻れるのは16日だ。 そのとき白樺の葉っぱ,だいぶ落ちているだろうなぁ。
2003年8月30日(土) 25.5 27.8 / 9.3 22.7 91.8 美留和 久々の朝から快晴の一日 身も心も軽く♪ いいお天気に誘われて,十勝管内足寄にある 音根沼(オンネトー)まで出かけてみる。 最近,音根沼に通ずる砂利道も舗装された。 それにあわせて大型バスが 大量の観光客をのせて入り込んできた。 ま,それはそれでしかたないか しかし,道幅は昔のまま 普通車同士の離合でさえままならないのに そこへ大型バスが入ってくる そして大型バスの運転手の傍若無人ぶり そこに退避するところがあるのに 大型バスが装甲車のごとく突っ込んでくる それも1台ではなく次々と おかげで,こちらが退避場所まで百m近く後退。 道路は大型バス優先じゃないんだよ せっかくの景色も台無し
2003年8月29日(金) 23.9 33.9 / 12.2 18.7 美留和 羅臼に「あずまや」というコンビニがある。 (美留和で言えば「まんだい商店」) そこで「あずまや」オリジナルエプロンを購入。 2,200円もしたが,これがなかなかいいのだ。
2003年8月28日(木) 21.6 28.4 / 14.0 17.8 美留和 やはり昨夜は寝てしまった。 今夜,火星の十六夜を見ることにしよう。 それにしても5万7千年ぶりだというのに 次は284年後らしい ちょっと桁が違うなぁ
2003年8月27日(水) 22.5 28.4 / 15.1 20.8 練馬→美留和 午前中,浜松町で打ち合わせなどを済ませ お昼過ぎに,羽田空港へ 羽田空港はいつも早朝か深夜に利用しているので 昼間歩くと少々違和感がある。 いつも閉まっている店が開いていたり イベントをやっていたりで でも,これが日常の姿なんだよなぁ ========================================================= 東京地方,昨夜遅くから降り始めた雨は夜明けのうちにやんだ。 今日の天気予報は,「一日中雨で肌寒い」だったが見事に外れ。 朝6時ころコンビニへ美留和行きの荷物を出しに行ったのだが 雨がやむのをまてばよかった。 昼前には快晴。 今夜は東京からでも火星が見られそうだ。 私は,美留和から見てみよう。 「へぇー」が終わったら,しかし,起きていられるだろうか。
2003年8月26日(火) 27.1 31.9 / 14.8 21.1 練馬 日本の端っこを調べてみた。 ◆日本最北端   択捉島(北海道蘂取村)   (N45゚33'19" E136゚04'20")  普通の人が普通にいける最北端   宗谷岬(北海道稚内市)   (N45゚31'13" E141゚56'27") ◆日本最南端   沖の鳥島(東京都小笠原村) (N20゚25'14" E136゚04'20")  普通の人が普通にいける最南端   波照間島(沖縄県竹富町)  (N24゚02'29" E123゚49'23") ◆日本最東端   南鳥島(東京都小笠原村)  (N24゚17'00" E153゚59'12")  普通の人が普通にいける最東端   納沙布岬(北海道根室市)  (N43゚22'57" E145゚49'17") ◆日本最西端   与那国島(沖縄県与那国町) (N24゚26'38" E122゚55'59") 宗谷岬と納沙布岬には行ったことがある。 宗谷岬に行く途中,北緯45度のモニュメントがある。 よく考えてみれば,赤道から北極の間のちょうど中間点。 いつかは与那国島に行ってみようかな。
2003年8月25日(月) 26.5 33.7 / 9.8 18.4 練馬 東京地方は,8月21日以来,連日 最低気温は25℃を超える熱帯夜,最高気温は30℃を超える真夏日。 本格的な夏が遅れて東京地方にやってきた。 梅雨明けは8月21日だったのでは
2003年8月24日(日) 26.2 34.3 / 9.6 16.8 大阪→練馬 NW大阪S9回目 NW大阪B3回目 塾のお昼休み,携帯がなる 用件は,「NHKのど自慢,始まったよ!」 本選は出てないって ========================================================= 大阪塾の後,いつもの補講場所へ その店では阪神が買った翌日はビール1杯100円 5連敗の後の勝利だっただけにビールもおいしい安い 少くないともいえない量のビールを飲んで mitsu先生と伊丹空港へ 携帯に接続しながらコクリコクリ 少々お疲れのご様子かな
2003年8月23日(土) 25.5 34.1 / 17.1 26.0 練馬→大阪 NW東京S9回目 NW東京B3回目 塾の後,大阪移動 時間ギリギリでの移動だった。 夕食は,羽田空港のスタンドでのビール一杯と天ぷらうどんだけだった。 ========================================================= 「いちご白書をもう一度」のカバーバージョンが流れている。 わが青春1ページの曲 学生集会なんていまの10代20代にわかるかな ========================================================= 今日の塾は成増。 初めての会場だ。 会場確保に奔走していただいた, けんけんさん,Scottさんに感謝
2003年8月22日(金) 25.4 32.5 / 16.6 26.2 美留和→練馬 朝,美留和発,午後から東京で仕事というパターン 農耕民族モードから狩猟民族モードに切り替えねば しかし,まったり感がなかなかぬけない。 20時を過ぎると強烈な眠気が ========================================================= 東京に戻るといきなり32.5℃ 東京は,今日から急に暑くなったようだ。 1日につき2枚のタオルを持ってきてよかった。 ========================================================= ブラスターにブラスター亜種Welchia/Nachi 美留和のファイアウォールには, Ping Attackに135/tcpの雨あられの嵐。 重いぞぉ, せっかくギャランティ128,000bpsに増速したのに・・・ PCが感染した人へ 君たちは被害者かと思っているけども きちんと対策をしていれば防げたはず 君たちは,ある意味,悪意のある人に加担したので 加害者なのだぞぉ
2003年8月21日(木) 24.1 30.5 / 15.3 23.1 92.4 美留和 久々に朝から快晴 気温も上がっていく。 しかし,テレビでは,ストーブやスタッドレスタイヤのCMが始まった。 なぜか違和感がない。
2003年8月20日(水) 21.0 27.7 / 11.0 20.1 92.2 美留和 弟子屈町内の自動販売機 3段のうち1段が「ホット」 美留和地方は本格的な夏が来ぬまま秋に突入か?
2003年8月19日(火) 20.6 24.6 / 10.8 19.7 91.8 美留和 今日は午後から晴れてきた。 久著呂からコッタロ湿原を経由して 塘路に向かう道道 先日の台風10号による大雨による増水で いまだ通行止め。 (「北海道新聞8月19日夕刊」より,8月19日午後開通したとのこと) ====================================== 出版されている地図に誤記が多いことを痛感。 印刷物といって信用してはならない。 昭○社の道路地図に 隣の清里町に「宇宙展望台」がある。 実際に行ってみるとそこは「江鳶山展望台」で 「宇宙展望台」は別の場所にあることが判明。 大局は出版社発行の地図をみて 仔細は,地元の人が実際に歩いて作成した イラストマップがいいようだ
2003年8月18日(月) 19.3 26.4 / 11.9 18.2 美留和 池湯林道の中通 先日の雨でがけ崩れ数箇所 テラノで美留和ヶ丘へ 木の枝を踏んづけけてしまって テラノの右後タイヤがパンク。
2003年8月17日(日) 18.4 21.6 / 10.1 18.3 美留和→札幌→美留和 美瑛の丘の木は, 近くから見るよりも遠くから見るほうが絵になる。 美瑛は,点よりも面の世界なんだんぁ 親子の木 3本のかしわの木が寄り添うように立っている。 親子の木の近くに1本の白樺の木 この木はなんと呼んでいるのだろう 「独身の木」? 白樺は根が浅いので風に弱い。 なので群生して寄り添いながら 風から守っている。 なので1本の白樺の木というのは珍しい。 撮影した場所の道路の横の畑では 大豆が植えられていて,まだ枝豆だった。 連作できないので年々作物を替えて植える。 なのでパッチワーク柄のような景色になるのだ。 CMや映画に登場して有名になった木や丘もある。 「この畑に何を植えればきれいに見えるか」, 農家の人たちのサービス精神も少々見え隠れする。 この風景は,自然な風景ではなく 農家の方々が100年かけて作られた 人工的な風景なのである。 ここ10年で北海道を代表する観光地になってしまったが それでも,美瑛の風景は好きである。 人々の生活の営みの風景である。
2003年8月16日(土) 19.0 20.2 / 12.0 20.2 美留和 おや,今日の東京と美留和の最高気温が同じ 美留和はそんなに暖かいんだ じゃなくて 東京が寒いんだ。 ====================================== 落葉樹は,一斉に色づいて一斉に落葉するものと思っていたが 白樺は,すでに落葉が始まっている。 よく観ると,枝の先の葉から順々に色づいて落葉している。 白樺の木全体が落葉するのは10月なかば。 他の樹木よりも早いようだ。
2003年8月15日(金) 18.4 20.6 / 14.1 18.0 91.6 美留和 13日から行ってきた 一連のiTACサーバー移行作業 今日の午前9時, 美留和の回線増速切替作業を持って無事に完了。 メーカー側の手違いで サーバーとなる機器本体の到着遅れで 一時はどうなるかと心配していたが 13日,配送中のトラックが走っていた標茶まで 直接引き取りに行ったりしてことなきを得た。 5月から段取りを決め, 事前に必要な設定ファイルなどを準備しておいたので サーバーのセットアップや設定など作業そのものは トラブルもなく1時間少々で完了。 ドメインも24時間かけて変更された。 あとはUPSやDATなどのバックアップ環境を引き上げれば 練馬のネットワーク環境は,撤廃完了。
2003年8月14日(木) 20.0 22.8 / 14.1 20.6 91.4 美留和 本州は雨模様 北海道はどんよりとした曇り空 露天風呂に落ち葉が降り始めた。 去年は排水パイプを詰まらせてしまったが 今年は,あらかじめ葉っぱを除去してからお湯を抜く。 ====================================== 今夜はプロ野球のナイトゲームがない。 ちょっと手持ち無沙汰。
2003年8月13日(水) 21.1 27.2 / 14.7 22.5 美留和 つかのまの晴れ間 午後からスコール 今年はなかなか夏らしいスカっとした天気にならない どうも天候が不順だ ====================================== 弟子屈で最大規模のスーパーマーケット 「ショッピングプラザ摩周」が8月24日をもって閉店, 9月6日リニューアルオープンだそうだ。 帯広のスーパーの系列店になるらしい。 ====================================== 「瑣末」(さまつ) 取るに足らないこと。どうでもいいこと。 へぇー
2003年8月12日(火) 26.3 32.1 / 17.0 21.9 92.2 練馬→美留和 9日の予定の草払いを今日,行う。 6月に払ったときに比べ草密度が高い。 よって時間がかかる,かかる。 すっきりした。 年内にもう1回やろうかな。
2003年8月11日(月) 26.4 31.3 / 14.1 21.2 練馬 今回の台風10号,北海道では 雨による11人もの死者行方不明をはじめ 住宅や畑の冠水など被害が甚大だった。 牧場では競走馬もかなりの数,犠牲になったようだ。 それに比べると我が家の被害は微細なのだが 道路からの雨水が流れ込んで土手がえぐられてしまった。 我が家の前の道路との境に 雨水が流れこないように U字溝を作ってグレーチングで蓋をするか。
2003年8月10日(日) 25.6 32.5 / 17.9 19.7 美留和→練馬 午前1時 襟裳岬の南西約50Km(北緯41.6゜東経142.8゜)北北東へ65km/h 中心気圧 985 hPa,最大風速 20m/s,強風半径(15m/s以上) 南東側 370 km 北西側 190 km 午前1時30分 テレビ,昨夜は一晩中,台風関連のニュースをやっていたのに 今夜はローカルのテレビ局でさえ台風関連のニュースをしていない。 午前2時 襟裳岬付近(北緯42.1゜東経143.1゜)北北東へ75km/h 中心気圧 985 hPa,最大風速 20m/s,強風半径(15m/s以上) 南東側 370 km 北西側 190 km いよいよ台風本体の雨雲がさしかかってきた。 風はさほどでもないが 一度弱まっていた雨脚が再度強くなってきた。 早く通過してくれることを待つのみ。 午前2時30分 台風10号は午前2時過ぎに襟裳岬付近に上陸したらしい。 ※台風10号(ETAU:アータウ)は, ※神戸,気仙沼など港町を巡って襟裳岬へ ※森進一のファンなのだろうか・・・ 釧路川の水位が弟子屈町内で指定水位の100.80mを超えた。 通常より0.5m水位が上がっている。 レーダーで見ると 美留和よりも南,標茶や鶴居,白糠のほうが雨が強い。 昨夜から国道391号の通行止めが続いているが さらに被害が拡大しなければいいのだが しかし台風の速度が速いので あと1-2時間の辛抱。 夜明けまでには雨が収まっているだろう。 午前3時 帯広市の東南東30Km(北緯42.8゜東経143.6゜)北北東へ75km/h 中心気圧 985 hPa,最大風速 20m/s,強風半径(15m/s以上) 南東側 370 km 北西側 190 km 3時からようやくNHKで台風関連のニュースが始まった。 日高地方では相当な被害が出ているようだ。 午前3時30分 雨が小康状態となった。 明るくなり始めた。 今日は台風一過のいい天気になりそうだ。 午前4時 釧路市の北北西約40Km(北緯43.3゜東経144.2゜)北北東へ70km/h 中心気圧 985 hPa,最大風速 20m/s,強風半径(15m/s以上) 南東側 370 km 北西側 190 km まもなく美留和を通過する。 午前5時 美留和の東約20km(北緯43.5゜144.9゜)北東へ75km/h 中心気圧 982 hPa,最大風速 20m/s,強風半径(15m/s以上) 南東側 370 km 北西側 190 km 裏摩周展望台でも見物していったのだろう。 午前6時 温帯的気圧に 昨日の降り始めからの総雨量は135mm なぜか夜を徹してしまった。 仕事が少々,はかどった。
2003年8月9日(土) 25.0 29.0 / 18.2 20.6 93.0 美留和 今日予定していた草払いは雨のため12日に延期。 15:40大雨・洪水・暴風警報が発表される。 台風の進路予報を見ると,当初の予想よりも東に・・・ あらら,明日未明に美留和に直撃じゃないですか。 18-19時までの1時間に観測史上最高の21mmの雨量※ただし過去2年間※。 などと思っていたら本当に 釧路地方に「記録的短時間大雨情報」(略称:きろたん)が出される。 我が家の前も道路からの雨水が流れ込んできて水浸し。 法肩がえぐられていくぅ 国道391号も標茶で通行止め 昨夜乗車した「スーパーおおそら9号」は帯広止まり。 釧網線もストップ
2003年8月8日(金) 25.9 31.0 / 16.8 19.9 札幌→美留和 9連戦を終えて美留和へ 疲弊しているのがわかる。
2003年8月7日(木) 24.1 31.3 / 16.5 21.9 練馬→札幌 お札に記されている製造元には以下の3種類あるそうだ。 「大蔵省印刷局」,「財務省印刷局」,「国立印刷局」 今年の4月に「財務省印刷局」から独立行政法人「国立印刷局」となった。 7月から来年発行の新札を印刷しているそうだ。 「国立印刷局」での従来のお札の印刷は3ヶ月しかないので 今後,希少価値が出るらしい。 なかなか私の手元に回ってこない。
2003年8月6日(水) 24.3 30.9 / 13.6 24.7 練馬 台風10号が接近上陸の恐れあり 予報では 7日南西諸島 8日九州 9日本州 とりあえず私自身の移動には 差し支えはなさそうだが 9日に草払い(草刈)を予定していたのだが どうなるか・・・
2003年8月5日(火) 27.5 33.3 / 15.9 26.7 練馬 東京の新橋でいつものとおり 安くはない讃岐うどんを食べ終えたころ 何気なく気象レーダーを見ていると 美留和の北西付近に不穏な雨雲,いや雷雲だ! 雷雲は阿寒湖畔や置戸,津別あたりで次々と発生し 発達しながら美留和に向かおうとしている。 去年夏,完成したばかりの美留和タワーへの落雷の悪夢がよみがえる その後,落雷対策を施し,それなりのリスク低減をしていたのだが 美留和のある釧路北部地方に 大雨警報雷雨注意報が発令される これは緊急事態! リスク回避せねば さっそく美留和O氏に電話し 電源断,ケーブル抜きをお願いする。 にぎやかな雷鳴の合唱だったそうだ。 午後5時,雷鳴が遠ざかり雨も上がり,何事もなく復旧。 ありがとうございました。>O氏 と同時に東京の新橋では突然真っ暗になり 土砂降りとなる。 ほっとしていたところ 東京地方でも大雨警報 多摩川の花火大会で 花火師が中州に取り残されたとか
2003年8月4日(月) 26.4 33.4 / 18.0 25.8 練馬 9連戦の中日5日目 風邪の具合はよくなってきたが 昼休みは控え室で昼寝
2003年8月3日(日) 25.5 32.0 / 16.9 19.9 大阪→練馬 NW東京S8回目 NW東京B2回目 暑くなったのに なにゆえ風邪を引いてしまったのだろう。 悪寒,鼻水,咳・・・
2003年8月2日(土) 23.9 31.4 / 13.6 19.6 練馬→大阪 NW大阪S8回目 NW大阪B2回目 関東地方はようやく梅雨明け 短い夏の始まり。
2003年8月1日(金) 22.1 28.4 / 12.7 22.0 練馬 国産旅客機YS11 8月いっぱいで日本の空から退役。 後継としてDH8が就航する。
2003年7月31日(木) 24.8 30.9 / 14.1 19.0 美留和→練馬 雨上がり 一気に快晴とばかりはいかない。 湿気が残っていて霧が濃い。 霧がかかって運転にはなおいっそう気を使うが 草木の葉の緑,霧によるGradationが これまた秀逸。
2003年7月30日(水) 22.6 27.1 / 12.0 17.0 92.0 美留和 一日,雨 美留和近辺でもライダー,チャリダーを多く見かけるようになってきた。 雨の日は大変そう。 今日,弟子屈の摩周駅近くに 新しいスーパーマーケットが開店した。 さっそく買い物に行ってみる。 駐車場は満車 決して広いとはいえない店内は 人でごった返している。 今日ばかりは開店セールでかなり安め。 今後,価格や品質,サービス面で スーパー摩周との競争がみもの
2003年7月29日(火) 22.6 25.4 / 10.6 22.2 92.6 練馬→美留和 練馬(05:40発)の羽田空港行きのバスに乗る。 最後部から3つ前の座席に座る。 練馬からの乗車はわずか4名,もうちょっと乗ってほしいなぁ さっそくリクライニングを倒して睡眠時間の補充にはいる。 バスは,野方駅前,中野サンプラザ前,中野駅前に 停車して羽田空港に向かう。 夢うつつになりかけたころ 中野サンプラザ前で起こされてしまった。 私のすぐ後の席に座られたご婦人から 「狭いからリクライニングを元に戻してほしい」とのこと 車内が混んできたのかなと思い 「はいはい」,とリクライニングを元に戻したが 車内前方を見渡すと,席はまだまだ空いている。 なのになぜ私の後に座ったのだろうか。 前の座席のリクライニングが倒れているのが嫌ならば 倒れいていない別の席に座ることもできたのに 私が別の座席に移動しても良かったが それも嫌みに見えるだろうから移動しなかった。 なんとも腑に落ちなかった。 結局,睡眠時間の補充ができなかった。
2003年7月28日(月) 17.9 25.7 / 10.3 13.7 大阪→練馬 夏の高校野球。 わが母校が,県予選でベスト4まで きているではないか。 しかし,今日の準決勝で,残念ながら敗れてしまった。 それにしても,毎回,県予選の1回戦を勝ちあがれば良いほうだったのに いつの間に強くなったのだろう
2003年7月27日(日) 20.0 27.3 / 10.0 15.8 練馬→大阪 NW大阪S7回目 NW大阪B1回目 東京地方は朝から晴れ。 夏の空というより秋の空。 梅雨明け。かと思ったが先送りになった。
2003年7月26日(土) 19.0 26.7 / 7.2 17.9 練馬 NW東京S7回目 NW東京B1回目 今夜は花火大会真っ盛り。 隅田川の花火大会 首都高速道路も通行止め
2003年7月25日(金) 20.1 26.2 / 12.2 21.8 美留和→練馬 美留和のお天気 ここのところ曇りか霧雨だったのが ようやく晴れ間がみえてきた。
2003年7月24日(木) 17.7 25.3 / 10.2 19.4 91.8 美留和 ここのところ,なんだかんだで 平均睡眠時間は3時間だろうか そのせいかどうか,さだかではないが 尻が痛い。 ウォッシュレットの水勢ダイヤル 「最強」でも物足りなかったのに 弱めにセットする。 ○ラ○○ールでも買うか。
2003年7月23日(水) 18.3 21.8 / 9.2 16.7 92.6 美留和 札幌や網走では,好天が続いているらしいが 美留和は曇り続きで,7月下旬とはいえ肌寒い日が続く。 7月22日までのの平均気温を算出してみたら 6月や5月下旬の平均気温より低い。 暖房を入れいている家もある。
2003年7月22日(火) 21.5 23.2 / 9.8 16.5 92.8 美留和 釧路に用ができた。 ご近所様の買い物に便乗して出かける。 あわせて,釧路の名所,穴場など数々教えていただく。 JUSCO釧路店には感動した。 「次の信号右折115km」先がここだったのか! ※参照:美留和一期一描(2003年5月30日)
2003年7月21日(月) 22.1 25.2 / 12.1 18.8 92.4 美留和 キンムトーの看板は撤去されていた。 3連休とはいえここには誰もいない。 鳥のさえずりと風の音しか聞こえない。 いつの間にかうたた寝をしていた。 1時間ぐらいいただろうか。 携帯の電波も届かない。
2003年7月20日(日) 22.8 27.3 / 11.0 18.1 91.8 美留和 昨日の件が,あちらこちらで話題になっているらしい。    特に,田無方面で・・・ 服装,出場の動機,曲目 など 憶測が飛び交っているようだ #服装に関しては,ユニクロで買った黄色のTシャツ(500円) #ほかの皆さんは衣装に気合が入っていた・・・ 曲名についてヒント 1.歌う順番は曲名のあいうえお順,225人中60番目 2.57,58,59番目の人と同じ曲を歌った(すなわち4人が同じ選曲をした) #57番目の人が本選へ,本番を盛り上げるためには必要な曲である。 3.biruwa.jp ========================================================= 本選は,今日だったのだが(放映は8月24日) 予定どおり知床半島へ行く。 なにごともなかったかのように 3連休の中日とあって主だった観光スポットは どこも混雑しているだろうと予想。 「混雑するまえに行こう」ということで 4時起床,6時前には出発 羅臼は,相泊までいった。 東谷商店ではオリジナルのエプロン購入。 霧の中,知床峠を越えて知床五湖へ しかし知床大橋方面との交差点あたりまで 駐車場入り待ちの車の列。 知床五湖をあきらめ知床大橋,カムイワッカ方面に向かう 交差点から砂利道を快調に(平均速度50km/h)で走行, 途中,大型観光バスに出くわしたのはびっくりした。 カムイワッカ湯の滝あたりでは道幅が狭いところに 路上駐車の車で道幅が狭くなって離合待ち。 そこに大型観光バスも入ってきてさらに大混雑 交通整理する人がいないから拍車をかける。 まさにCSMA状態 カムイワッカからの帰りの砂利道で ぞろぞろゆっくり進む車列に加わる。 先頭車は最高速度30km/h程度,平均速度20km/h程度 そして,対向車が来れば停車。 自転車のほうが早そうだ。 11kmの砂利道を終わるころは数十台,後ろに従えていた。 「運転に自信がないのだったらよけて,後続の車に道をゆずれよなぁ」 同乗者の飛行機の時間もあったので少々ストレスを感じた。 ========================================================= 何気なくテレビをつけたら 大相撲の千秋楽楽結びの一番をやっていた。 魁皇−千代大海の大関同士で 優勝を決する一戦ということで 思わず見入ってしまった。
2003年7月19日(土) 21.2 26.3 / 11.5 18.2 91.6 美留和 12:30 釧路摩周圏文化観光センター到着 12:45 ディレクターが進行の説明 225組中20組が合格,合格率8.9%,うむどこかの試験のようだ 13:00 宮川泰男アナウンサー登場 13:20 1番開始。 1番の人,相当緊張するだろうなぁ 一人の持ち時間は40秒 曲名のあいうえお順だ。 突然「ありがとうございました。」というテープの音声が流れたら終わり 無情 同じ曲を複数組が歌うとなると続けざまになる うまい,へたの差がはっきりと出てしまう。 13:40 壇上へ呼ばれる 14:00 「次の方どうぞ」 きた 「60番 ※※※※※※」 声が上ずっているし歌詞もまちがえた! はぁ 一旦帰宅 18:00 合格発表(本選出場者) もちろん,不合格
2003年7月18日(金) 19.4 24.4 / 11.9 18.7 92.0 美留和 気象庁から低温と日照不足に関する情報が出された。 そういえば昨年,一昨年の今頃 東京地方は連日真夏日だった。 東日本,北日本はもうしばらく梅雨寒が続き 本格的な夏は8月になってからだそうだ。 ========================================================= ペリカン便の不在票がポストに入っていた。 差出人は「KIRIN」 ひょっとしたら「なな庫」当選かな? と淡い期待をしていたら 「勝ちTシャツ」だった。
2003年7月17日(木) 20.5 26.7 / 11.8 16.0 92.0 練馬→大阪→美留和 昨夜も午前0時の時報を聞いた。 ========================================================= 練馬から羽田空港への直行バスができた。 といっても1日3往復だけなのだが 私にとっては大変便利になった。 さっそく利用する。 06:35練馬駅から6人 06:47野方駅から3人 06:58中野サンプラザ前から1人 07:02中野駅から6人 16人,こんなものかな もっといっぱい乗って, 便数を増やしてほしいのだが 満席で乗れないというのも困るな。 07:45羽田空港到着 所要時間70分 地下鉄+モノレールと時間の大差はないが 疲労度がまったく違う。
2003年7月16日(水) 21.6 26.5 / 10.0 15.1 練馬 さいわい3日間涼しかった。
2003年7月15日(火) 18.2 24.8 / 9.5 12.6 練馬 JAL,JASのバーゲンフェアの追加日程(9/25-29)が発表された。 残念ながらこの期間は業務で移動が少ない。
2003年7月14日(月) 18.2 21.5 / 9.1 12.4 練馬 半そでYシャツを着ようとしたが 見当たらない しまった!半そでYシャツはすべて美留和においてある。 長袖Yシャツにする。 幸い,気温は低め。 今日,明日,明後日,気温が低いことを祈る。
2003年7月13日(日) 19.8 22.4 / 11.6 14.7 練馬→大阪→練馬 NW大阪S6回目 いま,物理的に大阪にいるのだが 論理的についてきていない。 ここ数日間の自分の行動を説明するのに時間がかかる。 いわゆる「体がついてきていない」状態
2003年7月12日(土) 23.6 30.7 / 11.7 20.6 大阪→練馬 NW東京S6回目 先日のキンムトー看板問題で 新聞社(北海道新聞,釧路新聞)に連絡・投稿したところ 今朝の北海道新聞に掲載されたそうだ。 概略は以下のとおり。   タイトル「業者設置の看板撤去」サブタイトル「「秘沼」の持ち味台無し」    大手旅行会社が川湯観光協会関係者の提案企画によるもので,    気を利かせた協会加盟の業者が設置したもの。    森林管理署も事前に知っていたが固定式とは聞いていない。    ツアー自体にも異論がでる可能性がある。    (Thanks もりの季さま) 釧路新聞の記者の方からも同様のメールをいただいた。 キンムトーを知る人から見れば あんな看板は不要である。 撤去されたらしいのだが 何かやるせなさが残る。
2003年7月11日(金) 24.4 31.9 / 13.7 18.4 美留和→札幌→青森→東京→鹿児島→福岡→大阪 美留和地方は大雨注意報 天気図を見ると発達した前線を伴った低気圧が日本列島を縦断中。
2003年7月10日(木) 20.8 24.5 / 11.7 15.1 92.0 美留和 明日の行動について 多くの方から質問をいただいた。 一つとして明確な回答を言っていない。    ・・・・・恥ずかしくて 真実は,「修行」なのです。
2003年7月9日(水) 18.5 24.3 / 8.0 16.9 92.2 美留和 曇り空で時折霧雨,風も強く肌寒い。 午前11時で気温は10℃そこそこ。 知人を迎えるために,セーターを着こんで女満別空港へ向かう。 しかし峠を越えたら快晴。 空港の待合室,周りは半袖ばかり 場違いな服装に気づく。 「だって峠の向こうの弟子屈は寒かったんだもん」 と,心の中で叫んだ
2003年7月8日(火) 20.1 21.6 / 7.7 23.3 92.0 美留和 ナシゴレン初体験。 インドネシア風チャーハンと聞いてはいたのだが 「梨のゴレンジャー」などとダジャレを言っている場合でなかった。 とにかく辛い!
2003年7月7日(月) 21.4 24.0 / 9.8 22.9 92.2 美留和 「キンムトー」に行ってみた。 「秘沼キンムトー」なる看板が立っているではないか。 よくある観光地での記念写真用のベンチまで置いてある。 #7日15時現在,ベンチは森の中の目立たないところに置いてあった。 近所のかたの話によると4日(金)は何もなかったとのこと 看板のそばの草が刈ってある。 ごく最近,木を切ったあともある。 写真撮影に都合が悪いのだろうか。 誰が立てたかわからないが こんな看板は不要である。 キンムトーを見て摩周湖と間違える人はいないだろう いまさら「秘沼」と自己主張する必要もないだろうし キンムトーを管理している 根釧西部森林管理署弟子屈事務所(TEL.01548-2-2164)に 通報と看板撤去を申しいれた。 他にも撤去を求める電話があったそうだ。 ========================================================= 「キンムトー」の呼び方には各種説がある。 ・アイヌ語で「山の上にある神秘的な沼」という説 ・営林署(現:森林管理署)の職員が,「勤務地の沼」という説 また漢字表記にも二種類ある。 ・湯沼  →国土交通省国土地理院1/25,000地形図《川湯》  →昭文社の地図 ・沼湯  →キンムトーの入り口案内板 ========================================================= 美留和郵便局から秋試験の願書を出した。 ========================================================= 今夜は快晴。 主役の星たちがが登場してきた。 東の天頂近くで一番明るいのが「ベガ」(こと座)織姫星 ベガの左下の大きな十字型の並びが白鳥座 白鳥座の左の明るい星が「デネブ」。 ベガの右下が「アルタイル」(わし座)牽牛星=彦星 「ベガ」「デネブ」「アルタイル」この3つの星で「夏の大三角」 別名「七夕トライアングル」 天の川も見える。 美留和には竹がないので 白樺に願い事でも書くか。
2003年7月6日(日) 18.5 24.0 / 4.0 22.8 92.0 美留和 池湯林道を走行中に 「熊出没中」の立て札 古くなった「熊出没注意」の常設看板より あわてて作ったのであろう「熊出没中」の立て札のほうが はるかに危機感をあおる。 ※参照6月26日
2003年7月5日(土) 22.2 29.0 / 9.1 24.2 92.0 美留和 昨夜,帰りの特急の車内での電光掲示板 とあるニュースの途中から見かけたのだが 「・・・噴水が1年ぶりに復活・・・」 なぜ「噴水が1年ぶりに復活」したことが ニュースになるのだろうか, いや,しょうもないローカルネタだろう。 いやいや,ニュースで流れるくらいだから, きっと「トレビの泉」並みの有名な噴水なのだろう。 とにもかくにも気になってしょうがなかった。 そのニュースの前半が見たくて ずっと電光掲示板に注目していたが 二度と流れなかった。 と,いうか寝てしまった。 美留和に帰ってGoogleやGooなどで検索するが見つからない。 今日になってようやくわかった。 JR札幌駅北口噴水 思いっきり北海道ローカルねた。 特急に乗る前,札幌駅に向かうときに歩いていたところだった。
2003年7月4日(金) 21.7 29.3 / 7.6 21.4 92.4 札幌→美留和 いよいよもって携帯電話の調子が悪くなってきた。 通話はまったく問題ないのだが 表示部が見えにくくなってきた。 そろそろ買い換えるか・・・ カタログを見るとカメラ付ばかり カメラは必要ないのだが カメラなし携帯という選択肢がない
2003年7月3日(木) 19.7 26.7 / 8.5 20.7 --.- 札幌 久々に日中は晴れていた。 気温も10日ぶりに20℃を超える。 オホーツク海高気圧からの冷たく湿った気流の影響で まだまだ肌寒い日が続く。
2003年7月2日(水) 19.1 26.7 / 10.2 17.4 92.2 美留和→札幌 久々の電車の旅。 金属類をかばんの中に入れてしまう クセは抜けなかったが たまにはシートベルトのないのもいいかな。 札幌に降りたら 警備員があちらこちらに 何か物々しい それと同時に街がライトアップされていつもよりきれいだ 特に大通り公園は 大事なお方が札幌に来られていることを あとで知る。
2003年7月1日(火) 21.3 23.6 / 9.4 17.1 92.2 美留和 NW東京B,NW大阪B,NW東京R,NW仙台A,SD名古屋Aの申し込みを開始した。 今回は会場確保の都合でBコースはSコースへの編入としたので 定員が少なくなった。 申し込み開始4分で10名に達したので即締切処理。 それでも14名。 間に合わなかった方,ごめんなさい。
年月日(曜) 東京の最低,最高気温 / 美留和の最低,最高気温 謎の数字 朝起きた場所→移動した場所→夜寝た場所 ※最低気温:前日の21:00-9:00のうち最も低い気温。最高気温:当日の0:00-15:00のうち最も高い気温。
2003. 1. 1-2003. 6.30 2002. 7. 1-2002.12.31 2002. 1. 1-2002. 6.30 2001. 7. 1-2001.12.31 2001. 1. 1-2001. 6.30 2000. 7. 1-2000.12.31 2000. 1. 1-2000. 6.30