2月の寝たところ。美留和16泊 練馬9泊 大阪3泊 札幌1泊
2004年2月29日(日) 6.7 16.6 / -2.3 5.9 練馬→大阪 DB大阪A7回目 今日の会場は,難波なので 関西空港経由にする。 関西空港は霧の中。
2004年2月28日(土) 4.4 12.6 / -20.0 -0.7 練馬 DB東京A7回目 王子で講義。 補講(講義後の懇親会)で盛り上がる。 先日の猛吹雪,全国ニュースで取り上げられたらしい。 「弟子屈−鶴居の道道で観光バスを含め数十台,半日以上立ち往生」 全然気がつかなかった。 その道は,通行止めになる16時間前に通っていた。 確かにバスとタクシーの衝突事故をしていたが・・・ 補講中,m先生から中国から帰国連絡のメールが入る。 さっそく電話。 京成ライナーの津田沼あたりとのこと。 「日暮里で乗り換え王子」への RIP信号を発し,リルートしていただいた。
2004年2月27日(金) 3.1 10.2 / -14.8 -5.0 練馬→大阪→練馬 大阪,日帰り出張 朝一番の便で大阪に行き, 最終便で帰ってくる。 ビジネスマンをやっているな,と感ずる。 つい,3日前に雪中行軍をしていたとは とても思えない・・・ ============================ 昼休みに,難波パークスに行く。 かつては南海ホークスの本拠地, 大阪球場があった場所だ。 今はビジネスやショッピングゾーンになっている。 南海ホークスの記念館もあった。 活躍した選手のプロフィールや写真がある。 鶴岡,香川,冨田,定岡,河埜・・・ あれ?肝心な人がいないぞ 昼食は,7階の「麺だらけ」にはいる。 全国の特色のある麺のお店が10店舗 そのうち,「瓦そば」を食べる。 麺は茶そば,これを熱した瓦の上に置く。 トッピングは牛肉や錦糸玉子など もみじおろしに麺つゆでいただく。 シンプルだが美味。 ============================ 「雛あられ」 コンビニで売られているが 同じコンビにでも関東と関西で違うことを発見 関東は,砂糖がまぶしてある 関西は,こんがりしょうゆ味
2004年2月26日(木) 6.7 19.8 / -12.7 4.7 練馬 東京地方は,まさに春うらら
2004年2月25日(水) 7.3 16.2 / -14.6 5.1 練馬 東京では梅の花が満開。 美留和でも最高気温5.1℃を観測 今日は菅原道真忌, 「東風吹かば匂い遺せよ梅の花. 主なしとて春を忘るな」
2004年2月24日(火) 4.7 11.8 / -15.3 -4.1 美留和→練馬 美留和脱出第二弾 来客と自分の分も含めて 4名分の座席を確保しなければならない。 天候が回復して飛行機が飛び始めても 欠航で足止めを食らった人たちが なだれ込んでくる。 特に旅行会社の方々が早々に手配される 一般客にはかなり厳しい 実は今回の悪天候を予想して 次の便の確保はしていたのだが, その次の便まで欠航となってしまった。 欠航が決まったときは,すでに遅し。 後発便は続々と満席に !判断ミス 釧路発の便は終日満席 とりあえず「とかち帯広」発の便は確保できたが できれば釧路にしたい。 昨夜より30分おきに釧路発便の空席チェック 明け方までにキャンセルで3席確保 あと1席は空席待ちにかける 美留和駅6:36発の列車で行けば 釧網本線経由で釧路空港にたどり着ける。 午前4時,JRに問い合わせる。 今日はダイヤどおりに運転されるようだ。 皆さんを起こす。 当然,除雪車は来ていない 先に町道の除雪を行うので 町道まで出れば駅に向かえる。 さいわい1月の大雪より量が少ない。 東方向は人一人歩ける幅だけあいている。 午前5時 いよいよ脱出開始。 荷物は必要最小限にしていただき 雪中行軍開始。 午前6時 町道まで到達。 しかし除雪車は来ない。 遠くで除雪車の音はするが 目の前にはいない。 列車の時刻が迫る。 あせるが仕方がない。 列車は断念。 午前6時30分 ようやく除雪車がやってきた。 町道から国道までのルートが開通。
2004年2月23日(月) 12.0 16.8 / -3.2 -1.8 美留和 来客3名 朝一,道路を確認。車は出せる。 午前中に出かけて,午前11時頃,一旦帰宅。 低気圧情報 「雪と風のピークは午後」 を無視していた。 暴風雪警報発令 本当に午後から風雪が強くなってきた。 女満別空港は早々に終日閉鎖が決まる。 釧路空港経由に振り替える。 午後1時,さぁ釧路空港に向けて出発。 釧路空港発は午後6時 時間的には十分余裕がある。 しかし・・スタック 吹雪は強くなるばかり。 二度目のスタックで 東京行きを断念。
2004年2月22日(日) 8.6 21.6 / -4.4 -2.6 美留和 釧路空港 除雪が間に合わないようだ。 除雪車がフル稼働しているが 作業が終わったら,また積もりの連続 欠航で,大阪からの来客が帰ることができなくなってしまった。
2004年2月21日(土) 6.5 16.3 / -6.1 0.6 美留和 とかち帯広空港までお出迎え。 道路も乾燥路,午前中は天気もよい。 午後からは雪模様,,, 実は,それがドラマの始まりだった。
2004年2月20日(金) 6.3 13.3 / -11.6 -1.6 美留和 流氷を見に行く。 いまが一番だとか。 砕氷船に乗る。 流氷が多すぎて港に出られず, 湾内をぐるぐる回る。 それでも流氷を堪能した。
2004年2月19日(木) 4.3 13.6 / -17.5 -5.7 美留和 あるスーパーで子供の鼻歌が聞こえた。 「♪きょうはたのしいひなまつり」 そんな季節なんだな
2004年2月18日(水) 5.4 12.9 / -9.2 -7.3 札幌→美留和 「なか卯」にはいる。 「吉野家」「松屋」と並ぶ牛丼三大チェーンのひとつ 豚丼なる新(臨時?)メニュー しばらくは牛丼にはお目にかかれない。 牛丼ファンとしては寂しい限り。 豪国産牛肉は, あの品質では値段が高く あの値段では品質が落ちる というのが,牛丼チェーンの言い分。 さすが米国の商業主義,顧客ニーズをよくつかんでいる。 米国は,日本に対し もう牛肉は安全だから早く輸入禁止措置を解除しろ と圧力をかけている。 と,ここまではマスコミでよく報道されているのだが, しかし,日本産牛肉は3年前のBSE騒ぎで 未だ米国では輸入禁止とか ちょっと複雑な心境になってきた。
2004年2月17日(火) 2.5 12.5 / -13.4 -5.3 美留和→札幌 朝6時 m先生からのメールに返事をする。 返事を送ったらすぐレスがくる。 チャット状態。 同時に5件の案件について打ち合わせ。 お願いしたりされたりで, 一次混乱して,電話を使ってしまった。 =========== テレビで凍結路面でのスリップ事故について やっていた。 原因の大半は恐怖心のあまり ブレーキを思いっきり踏みつけてしまい タイヤがロックする。 それによって,かえって 制動が効かなくなってしまうからだそうだ。 アンチロックでも簡単にスピンしてしまう。 スリップ事故発生の確率 全面,凍結路の場合よりも 概ね乾燥路で,一部山陰などに凍結路がある場合のほうが 高いそうだ。 確かに,最初から凍結路はあきらめて飛ばさないが, 乾燥路だと飛ばして突然凍結路に出くわすとあわててしまう。 凍った路面では,滑らないようにゆっくり走ることは一番だが ・ギアをシフトダウンする(エンジンブレーキ)をかけること ・滑り出したらブレーキやハンドルを戻すこと 頭の中ではわかってはいるが いざとなるとできないよなぁ そのためにも ・恐怖心を取り去るために,限界を知ること だそうだ, 道内の自動車学校で体験コースを やっているところが多いらしい。 それがオチだったのか =========== 新千歳空港,積雪で夕方から封鎖 今回の札幌への移動は,当初から陸路で予定していたので 何事もなく到着。
2004年2月16日(月) 3.7 13.0 / -5.2 -1.4 練馬→美留和 午前中,都内で打ち合わせ その後,吉野家新橋二丁目店でお昼。 牛丼最後の日にテレビで中継されたお店だ。 カレー丼(並50円)どうも味気ないなぁ。 やはり100年の歴史の大きさを感じる。 =========== 午後の便で女満別へ 空港で携帯をチェックすると 見慣れない番号050-****-****からの着信あり。しかも2回。 IP電話からだ。 私の知り合いに,IT家は多いが IP電話を導入するほどデジタルチックな人はいない。 それとも最近の「ワンギリ」もIP電話になったのかな などと思案していたら P氏からだった。 =========== 東藻琴のSeicoMartで夕食の材料を購入し, さ!藻琴峠へと思った矢先 「地吹雪で通行止め」 ガックリ 今回の降雪は,それほど積雪量も多くなかったので チェックしていなかった。 野上峠に回る。 予定より30分暮れで到着。 我が家の前に雪の山 除雪車が置いていったようだ。 おいおい
2004年2月15日(日) 6.9 13.9 / 0.0 2.3 練馬 DB東京A6回目 あったかい というより教室の中は暑い。 空調がよく効いている上に 窓からは春の日差しが,まさに温室状態。 温度調節もできず窓も開けられない。 Tシャツで講義,それでも汗が吹き出る。
2004年2月14日(土) 5.6 16.0 / -13.8 2.8 大阪→練馬 DB大阪A6回目 日本海で低気圧が発達しながら東進。 九州から関東地方にかけて春一番を記録。 暖かい空気が日本付近まで北上しはじめた証拠 春一番は,立春をすぎて春分の日までの間に はじめて吹く南?南西よりの強い風 羽田空港では強い南西の風にあおられて Go Arround(着陸やりなおし) 20分近く遅れてしまったが 大阪補講のあとだったので 揺れでちょっと気分が悪くなったりもした 京浜工業地帯上空の遊覧飛行ができた。
2004年2月13日(金) 4.8 11.7 / -18.6 1.7 美留和→大阪 天気予報では今度の日曜(15日)から月曜(16日)にかけて, 低気圧と前線の通過で雪模様の予報。 今回の500hpa寒気は,-33℃程度で さほど強いものではない。 (強いものは-40℃を下回る) 1月半ばのあのドカ雪に比べると大したことないな, と思っていたら 地上の気温(http://biruwa.jp)をみると 昨日(12日)あたりから,予想よりもかなり高めに推移している。 つまり暖気が先行して入ってきている。 ということは,低気圧や前線が急速に発達する可能性大。 今後の気象データに注目。
2004年2月12日(木) 3.1 12.8 / -10.7 0.4 美留和 ボッケや第二硫黄山まで行ってみる。 途中何度となく雪に埋まった枝や倒木が障害となる。 それらを振り払いながら先に進む。 片道2時間半かかって到達。 ボッケ周辺は,地熱で雪が解けて乾いている。 乾いた地肌を見るのは何ヶ月ぶりだろう。 相変わらず,ぼこぼこ噴気を出している。 帰りは20分程度。 ============================== 1月7日に書いた,お気に入りの手袋。 もうひとつ難点があった。 耐久性がないこと。
2004年2月11日(水) 1.9 9.3 / -22.9 2.1 美留和 創業105年吉野家の牛丼が, 今日で販売休止になるそうだ。 しばしお別れ。
2004年2月10日(火) 1.6 8.5 / -21.3 -1.5 美留和 今日も快晴。 ここのところ朝の最低気温 コンスタントに-20℃を下回る。 ようやく平年並み。 そこで,摩周湖に行ってみた。 しかし,まだ結氷していなかった。
2004年2月9日(月) 3.1 11.6 / -21.7 -2.7 美留和 天気がよかったので除雪作業のはかどる。 風呂場までの通路, 1月の大雪以来, 圧雪・アイスバーン状態だったのを 板ばりが見えるまで復旧。 これでスリップに注意しなくとも また冷たさと戦わなくても 裸足でも行けるようになった。
2004年2月8日(日) 0.2 10.3 / -22.6 -1.8 練馬→美留和 札幌では「雪まつり」開催中だが 道内各地で冬のイベントが行われている。
2004年2月7日(土) 1.6 8.7 / -17.1 -4.4 練馬 美幌峠が開通したそうだ。 朝一番の飛行機で美留和に向かうべく羽田空港へ。 実は予約をしていなかった。 空席待ち番号1番だったが, 出発時刻15分まで満席で乗れないことが決定。 次の便には確実に乗れる。しかし3時間後。 そこで,次の便のチェックインをして王子に向かう。 H講師のSW東京A,N講師のDB東京Bを拝聴する。 講義を聞いていると楽しくなってきた。 空港に戻るのも億劫になり, また,今日の予定もなかったので 明日(8日)の便に変更する。 補講は,総勢20名,二次会まで参加したが 盛り上がった。 すごいノリとパワーだ
2004年2月6日(金) 1.9 9.3 / -6.0 -4.4 美留和→練馬 美幌峠は3日以来ずっと通行止め。 北海道開発局弟子屈道路総合事業所(01548-2-2327)に 電話して問い合わせてみたところ 大規模な雪崩が発生しているらしい。 藻琴峠は通行可能だ。 時折,地吹雪で,視界がきかなくなる。 昨年,一昨年は,よく地吹雪に出くわしたが 今日のような強烈な地吹雪に出くわしたのは この冬初めて 美留和らしい軽い雪だ。 ================================ 効率よく回るため,今日の午後に打ち合わせなどを集約した。 13:00から新橋で打ち合わせ いったん練馬に戻りその後, 15:00から池袋で資料提出,プレゼン 16:30赤羽で手続き 18:00から浜松町でmitsu先生と談笑の予定
2004年2月5日(木) 3.5 10.5 / -16.7 -1.2 美留和 わが出身地,山口県が このごろ何かと話題になっている。 そこで卵の値段を聞いてみた。 1パック(10個入り)45-50円だそうだ。 現在,山口県阿東町の発生地周辺の 養鶏場では卵を生産していないから 品不足でさぞや高価かと思っていた。 供給よりも需要がないらしい。
2004年2月4日(水) 4.2 10.9 / -18.9 -1.8 美留和 ACCS不正アクセス事件 毎日新聞記事 この事件,司法側も含めて多くの知り合いが 関わっているだけに他人事ではない。 盗んだ個人情報や諸々のデータを イベントで公表したことは確かに悪い。(確信犯説もあるが) 「個人情報保護法違反」「窃盗罪」ならまだしも 「不正アクセス禁止法違反,威力業務妨害の容疑で逮捕」 とういうのが,なんともしっくりいかない。 善意の情報セキュリティの脆弱性の指摘 サイトの欠陥を発見し, サイト運営者に連絡し, サイトを閉鎖に追い込んだ それが,「不正アクセス禁止法違反」「威力業務妨害」の「容疑」になるのなら 今後,誰も通報しなくなるであろう。 今回の事件とは関係ないのだが,例えてみるならば ある飛び込み営業マン。訪問先の商店の鍵が開いていた。 善意で「鍵が開いてますよ,気をつけてくださいね」 と声をかけた時点で「住居不法侵入=不正アクセス」の疑い 鍵を交換するためにお店を休むことになったので「威力業務妨害」の疑い だったら通報せずに黙っていたほうがマシ そうなると,本当に悪意のある人たちの天下になってしまう。 日本の情報セキュリティは,数十歩後退してしまうよなぁ 私の解釈では,むしろ,サイトの管理者のほうが 個人情報を保持しているのに管理が杜撰(ずさん)だったので 個人情報を持ち出されたので「個人情報保護法違反」に 問われるべきではないか 参照 個人情報の保護に関する法律 (安全管理措置) 第二十条 個人情報取扱事業者は、その取り扱う個人データの漏えい、滅失又はき損の防 止その他の個人データの安全管理のために必要かつ適切な措置を講じなければならない。 さらに,この事件は「不正アクセス」ではないと 論評したいのだが 専門的であり長くなりそうなので割愛する。 知人たちを,網走刑務所を案内したとき 「一歩間違えたら,不正アクセス禁止法違反でこの中に入ってしまうのだろうなぁ」 と冗談ぽく言っていたのを思い出した。 経済産業省の委託で,IPA(情報処理推進機構)が 通報基準を策定するらしい。 期待しよう。
2004年2月3日(火) 5.2 12.0 / -3.2 0.6 美留和 新聞広告の「豆乳製造器」に目がとまる。 簡単に作れるんだ。わがやにあってもいいかな ん? スーパーで買う豆乳,何回分? 製造後の洗浄にゴミの処理 ふとわれに返って 一気に現実に戻った。 豆といえば,今日は節分 フクハラでは,普通の豆(大豆を炒ったもの)は売り切れ かわりに,殻つきのピーナッツが山積 ピーナッツで豆まき? 殻つきだから,まいた後でも拾ってきて 殻をむいて食べられるからだそうだ。 合理的ではあるが,やはり炒った大豆だよなぁ 恵方(今年は東北東)に向かい 巻き寿司を切らずに一口で食べると無病息災になるらしい (大阪発祥の風習だとか) 豆のかわりに巻き寿司を食べた。
2004年2月2日(月) 5.5 7.9 / -11.9 -2.4 大阪→美留和 オホーツク海の流氷が近づいている。 もうまもなく着氷しそうだ。 大雪以来,藻琴峠を越える。 情報処理技術者試験の願書を出す。 受験地「那覇」で
2004年2月1日(日) 3.5 10.8 / -13.5 -4.8 練馬→大阪 DB大阪A5回目 大阪の青い空に定規で線を引いたような, 飛行機雲がいっぱい。 上空に湿気が流れ込んでいるようだ。 明日は雨だろう。
年月日(曜) 東京の最低,最高気温 / 美留和の最低,最高気温 朝起きた場所→移動した場所→夜寝た場所 ※最低気温:前日の21:00-9:00のうち最も低い気温。最高気温:当日の0:00-15:00のうち最も高い気温。
2004年 1月
2003年 2003. 1. 1-2003. 6.30 2003. 7. 1-2003.12.31
2002年 2002. 1. 1-2002. 6.30 2002. 7. 1-2002.12.31
2001年 2001. 1. 1-2001. 6.30 2001. 7. 1-2001.12.31
2000年 2000. 7. 1-2000.12.31 2000. 1. 1-2000. 6.30