7月の寝たところ。練馬15泊 美留和8泊 大阪3泊 青森2泊 札幌3泊
2004年7月31日(土) 26.5 31.5 / 20.3 31.2 練馬 NW東京A4回目 台風10号が本州の南の海上を西進。 とりあえず明日以降の移動には影響なさそうだ。
2004年7月30日(金) 26.1 32.2 / 17.4 30.0 青森→練馬 来月2日から,青森ねぶた 歩道には見物用の桟敷などが設置されている。 遠くからお囃子の音も聞こえる。 業務後「アスパム」へいって 準備中のねぶたを見に行く。 ============================================= 青森空港の搭乗待合室の男子トイレ 大,3つのうち1つだけ ウォッシュレット付きだ。 ラッキー ============================================= 23:20頃練馬到着 なんだかんだしていたら午前0時 NHKのニュースを見て寝ようと思ったら ProjectXが始まった。 テーマは新幹線 あー寝れなくなるぅ と,思いつつも,ついつい見てしまった。 が,テレビをつけたまま寝ていた。
2004年7月29日(木) 25.3 30.8 / 16.7 29.5 青森 宮崎の業務,キャンセルのキャンセル すなわち復活 スケジュールは空いているのだが 来週美留和に帰ることで 頭の中はいっぱいだっただけに キャンセルよりも キャンセルのキャンセルのほうが 心理的にショック 気合を入れなおさないと ============================================= 青森県田舎館村(いなかだてむら) 「いなか=田舎」の語源はこの村からだそうだ
2004年7月28日(水) 25.1 33.5 / 18.3 22.0 練馬→青森 今日のお昼,また違う,行列のできるお店 このお店は,店員が手際よく 行列を仕切ってくれている。 待ち時間は長かったが心地よい 昼食タイムだった。 ============================================= 夜,青森到着 飛行機を降りたとたん ひんやりした空気を予想していたが 東京と同じだった。
2004年7月27日(火) 25.7 34.8 / 18.6 26.5 練馬 新橋で業務 東京都心のヒートアイランド現象を 助長する一因だといわれている 汐留シオサイトのビル群の中 やはり風が吹かない お昼,安くてうまいと評判のお店があると聞く。 確かに灼熱の炎天下でも行列ができている。 しかし無秩序な行列。 割り込みした人や要領のいい人が先に座れる。 それを見てると,もう行かないだろうなぁ ============================================= 午後9時まで打ち合わせ その後,m先生と 汐留の日本テレビビル1階の お寿司屋さんで歓談 30日21:00前後,m先生と上空でのすれ違いを確認
2004年7月26日(月) 24.8 32.6 / 16.5 28.3 練馬 都心では朝からスコール 涼しくなるのかなと思っていたら かえって蒸し暑くなった。 ============================================= 宮崎業務がキャンセルとなったので 長期巡業が短縮に 日程変更による 航空券のキャンセル,再予約から 着替えやテキストの搬送計画,漏れがないか チェックチェック
2004年7月25日(日) 27.5 33.7 / 17.2 32.1 練馬 NW東京S6回目 今日の美留和の最高気温は32.1℃ 観測史上最高気温 といっても観測を始めてから3年だけど 美留和近辺は, どこにいっても冷房設備がないのと 暑さに慣れていないから きっと熱かったことでしょう。
2004年7月24日(土) 27.5 34.4 / 14.8 29.9 練馬 NW東京CS3回目 誰からも日に焼けましたね,といわれる そうでしょうそうでしょ
2004年7月23日(金) 25.2 34.0 / 10.0 26.8 練馬 休暇 ============================================= 真夏の間に,夏らしいことをしておこうと 今日の休みを利用して NBさん他2名と湘南の海。 青い空に,青い波,白い雲 日に焼けた。 ============================================= 夏の間に,夏らしいことをしておこうと 今日の休みを利用して m先生と東京ドームでF-Bw観戦。 6-0と完封ゲーム,快勝! 21日逆転負けの鬱憤が晴れた ============================================= 人から,海に野球に 「元気ですね」といわれる。 たしかにNBさんは,午前中でへたりこんでいたが 湿気さえなければ,夏の暑さは意外と得意なのである。 今日も食欲旺盛。 ============================================= JALの下半期のバーゲンフェアの日程が発表された 10月20日(水) 〜 10月26日(火) 11月10日(水) 〜 11月16日(火) 12月 3日(金) 〜 12月12日(日) 1月21日(金) 〜 1月30日(日) 2月18日(金) 〜 2月27日(日) 3月 4日(金) 〜 3月10日(木) ※今回は正月がない。 おともdeマイル 8月30日(月)〜10月31日(日) ※同行者:20,000円/往復になってしまった。(前回は18,000円)
2004年7月22日(木) 27.4 31.7 / 10.9 20.2 札幌→練馬 正午現在,札幌の気温は21.1℃ 快晴,空気も乾燥していてすがすがしい, これぞ北海道の夏 東京の最低気温は,この温度よりも高いんだ。 ============================================= 東京到着後,m先生と●●さんとで浜松町で歓談。 ●●さんの「目標午前スコア800ジャスト!」宣言で盛りあがる。
2004年7月21日(水) 30.1 38.1 / 17.9 20.4 札幌 業後,札幌ドームにナイトゲームを見に行く。 さっぽろ夏まつり大通り公園ビアガーデンも魅力的だったのだが 8回表 4-2で2点リードでの守備 無死1・3塁 内野は前進守備 打球はボテボテのゴロとなってセカンドへ 併殺か!思ったところバックホーム 結果的に挟殺プレーとなって3塁走者がアウト 得点4-2 1死2・3塁となった 併殺であれば 得点4-3 2死走者なし ・・・結果論にはなるが この回,8点入れられてしまって 得点4-10 ============================================= 東京の最低気温が30℃を超えたのは 観測史上初のことだとか 最低気温が25℃を超えたら熱帯夜だが 「超熱帯夜」とでもいおう 札幌は今日もどんよりとした曇り空 時折霧雨 ============================================= 夏至から1ヶ月 日の出時刻が4時台になった。
2004年7月20日(火) 27.3 39.5 / 15.9 21.1 札幌 業後,札幌ドームにナイトゲームを見に行く。 やはりビール片手に生観戦はいいねぇ とりあえず4連勝 ============================================= 札幌,朝の気温は21℃。 この湿気がたまらない。 なぜか私だけ汗だく 人より多く新陳代謝をしているのだ と思おう! ============================================= 東京の最高気温39.5℃ 史上最高だそうだ。
2004年7月19日(月) 28.1 34.5 / 9.7 25.0 練馬→札幌 NW東京A3回目 m先生とは周期があるようだ。 毎週のように浜松町で歓談できることもあれば ここのところ,打ち合わせをしたくても 時間が合わない。 今日も上空ですれ違い。 m先生 NH0082 札幌千歳(20:55) 東京羽田(22:30) 私   JAL1043東京羽田(20:50) 札幌千歳(22:20) 雫石上空あたりか m先生の便,出発遅れで 札幌千歳空港ですれ違ったようだ。
2004年7月18日(日) 24.9 33.4 / 17.2 20.1 大阪→練馬 NW大阪S6回目 関目高殿の塾会場 横道に駐車している車のタイヤを見ると ホイールが黄色い。 スペアタイヤだ。 よくみるとその前の車も さらにその前の車も なぜ,みなスペアタイヤなんだろう
2004年7月17日(土) 24.7 34.3 / 13.8 28.4 大阪 NW大阪CS3回目 駅弁ならぬ空弁(そらべん=空港弁当の略)が 話題になっている。 スタンドのカレーライスよりも 割高ではあるが 「焼鯖鮨」は絶品。 テレビでは, CAさん一押しといっているが CAさんが買っている姿を 見かけたことがない
2004年7月16日(金) 26.0 34.2 / 11.2 27.5 美留和→大阪 一年で一番暑い季節 美留和は,これからが一番いい季節 なのに,2週間以上美留和を離れることになる。 ============================================= からっと快晴 美幌峠からも絶好の眺め 美留和ともしばしの別れ ============================================= 新潟県から東北地方南部に停滞している 梅雨前線を横切る 梅雨前線の南と北では 違う夏
2004年7月15日(木) 25.7 34.8 / 12.6 26.3 美留和 ご近所の方に植えていただいた ズッキーニに花が咲いた。 実の食べごろまでは,もう少々あと あ!美留和にいないんだ
2004年7月14日(水) 21.2 31.8 / 12.4 24.4 美留和 美留和は久々にスカッとした青空 ここに来てオホーツク海高気圧の 勢力が強くなってきた。 おまけに太平洋高気圧の勢力も強い。 お互い強すぎで,強情もの,よって 境い目の新潟県,福島県で局地的な大雨。 境い目の北では,爽やかな晴天 境い目の南では,猛暑 やはり梅雨型のお天気
2004年7月13日(火) 25.0 36.3 / 10.7 18.1 美留和 関東地方,梅雨明け 平年より7日早い 今日の東京の最高気温は36.3℃ 今年の梅雨時期,オホーツク海に高気圧が ほとんど発生しなかったため 美留和は,スカッとした青空の日が少なく 曇りや小雨がちの日が続いた。 今日もトレーナーにフリーツを着込んでいる。 ============================================= 昨年と今年,玄関前に植えつけておいた ラベンダーが紫色の花をつけた
2004年7月12日(月) 24.0 30.5 / 8.7 18.9 練馬→美留和 関西からの来客,第2陣到着 といっても執筆合宿ツアーなのだが その前に,今回もカムイワッカにお連れしようと知床へ 「7月12-14日知床大橋まで道路工事のため通行止め」 という看板を知床自然センター前で発見 がくっ! ============================================= 女満別空港到着ロビーにて来客を待っていた。 そこへ突然修学旅行の高校生の一団がなだれこんできた。 なんだなんだとあっけにとられていたところ 某大手旅行会社のツアコンがやってきて 到着ロビーにいた私を含めた数人に向かい 「そこ,どいて!」 強制撤去を命じられた。 どいてって,ここは公共の場所でしょ。 ひとこと「すみませんが」「ご協力お願いします」など 言えないのだろうか。 到着ロビーにいた数名は,しかたなく 到着口が視界に入らないベンチまで避難した。 なんとなく腹の虫がおさまらない。 高校名と旅行会社はチェックしたから, 抗議のメールを出そう 毎度毎度,見かける光景だが 修学旅行の生徒たちのマナーは,(学校にもよるが)比較的よいのだが 彼らを引率する大人たちのマナーは,相変わらず悪い。
2004年7月11日(日) 25.7 33.1 / 11.0 12.4 練馬 NW東京S5回目 参議院選挙 塾に行く前に投票所に行く。 しばらく不在者投票ばかりだったので 久々の投票所である。 どうせ行くなら 投票開始の【儀式】を見てみようと 午前7時に行く。 既に30人くらいの行列,それもご高齢の方々ばかり この暑さ,大丈夫かなとちょいっと心配 儀式とは投票箱が空であることを証明すること。 一番に来た人が投票箱の中を確認 しかし出口調査とやらに出くわしたことがない
2004年7月10日(土) 27.3 32.5 / 14.2 17.9 練馬 NW東京A2回目 はじめての浮間舟渡 駅は新しい,改札を出ると大きな池があり その周囲が公園となっている。 暑くなければ散歩もいいかな。 塾が終わって補講 午後7時,電池切れ
2004年7月9日(金) 26.4 34.5 / 12.6 18.7 美留和→練馬 午前4時 来客を叩き起こして夜明けの摩周湖へ 湖面が霧のベールで包まれて幻想的 ============================================= 羽田に向かう機内 東京が近づくにつれて機内が暑くなってきた。 飛行機を降り立った瞬間 予想はしていたが暑い 到着ロビーまでのバス(三菱製)も 冷房が効かないのか窓が開いている こんなに暑いのに不思議と汗が出ない タオルがいらない。 その代わり体の中に熱がこもってきている しばらく涼しい気候の中にいたので 体が暑さになじんでいないようだ。 2時間ぐらいして じわーーーっと汗が出てきた それでも汗の量は少ない 発汗作用は冷却で必要なんだなと実感
2004年7月8日(木) 27.6 35.1 / 11.5 24.4 美留和 今朝,交通安全の当番 黄色い帽子,たすき,腕章,旗の4点セットを着用し 美留和駅前の国道391号線に立つ。 朝の交通量は,意外と多い。 ============================================= 美留和と東京にいる比率はどのくらいですか? と,よく人から聞かれる いつも即答できなかったので 今年の1月から6月の統計を取ってみた。 美留和(1/2):東京(1/3):大阪(1/12):その他(札幌,名古屋,那覇,青森,稚内)(1/12) ============================================= 今日の東京の最高気温は35.1℃ 関東から西の地方では 猛暑続きというニュース それに対して 美留和地方はここのところ 曇りか小雨がちで肌寒い日が続いている。 ようやく,今日,久々の晴れ間が どうやらオホーツク海高気圧の勢力が弱くて 梅雨前線が北へあがったままのようだ。 今年の梅雨は陽性型のようだ 晴れか雨,極端 ============================================= 津別峠
2004年7月7日(水) 26.2 34.8 / 13.0 17.9 美留和 今日から9日,そして来週, 連続して関西からご来客 大掃除ならぬ小掃除 まずは風呂掃除 ============================================= 今日の七夕にちなんで JALグループの七夕祭り 短冊に願い事を書いて笹に結べるサービス。 7月5日美留和に向かう中 伊丹空港出発ロビー18番スポット近くで それがあったので願い事を書いた。 「γ-GTP,中性脂肪,尿酸値が減りますように」と書き その横に小さく「毎日ビールを飲みながら」と書き添えた。 ============================================= 関西からの来客を連れて 知床半島奥のカムイワッカ湯の滝へ 駐車場から川の中の岩場を登ること15分 滝つぼの天然温泉 酸性が強い。 帰り道,3回足を滑らせて転倒 アザ,打ち身,擦り傷多数。 デジカメを持っていかなくて正解。 知床大橋
2004年7月6日(火) 26.1 32.3 / 12.6 18.8 美留和 今日はTシャツでは肌寒いので 長袖トレーナーを着込んでいる。 ============================================= 付近の農場で,じゃがいもの花が満開となった。  紫色の「メークイーン」  白色の「農林1号」  淡赤紫色の「男爵薯」 色とりどり。 花の美しさにしばし目を奪われる。
2004年7月5日(月) 25.0 29.4 / 10.0 19.3 大阪→美留和 今朝の大阪の最低気温は28.9℃ 時折スコール 13連戦終わり! ============================================= 4銘柄揃ったClassJ BEER
2004年7月4日(日) 20.8 29.5 / 8.8 14.3 練馬→大阪 NW大阪S5回目 今日の大阪の最高気温は35.3℃ しかも湿度が高い 屋外に出た瞬間にくるムワーという蒸し暑さ 気温も体温近くになってくると 風が吹けばトライヤーのごとく熱風 これぞ日本の夏 ============================================= 13連戦も明日で終わり 今回の連戦は新規(立ち上がり)案件が多く 仕込み段階から多くの時間を割いてきた。 6月の稼動を集計してみた。 300時間近くなるな ※移動時間,食事時間,飲みながらの打ち合わせを含まず 講義 101時間  iTAC 48時間  iTAC以外 53時間 講義準備 68時間  iTAC 37時間(無線LANリハーサルなど)  iTAC以外 31時間 事務 53時間  iTAC 36時間(Webページ更新,会場確保,受付申込処理など)  iTAC以外 17時間 サーバー管理 42時間 原稿執筆 17時間 打ち合わせ 6時間 その他  4時間 業務外  搭乗時間 21時間
2004年7月3日(土) 19.1 29.5 / 9.2 21.1 練馬 無線LAN2回目 無線LAN実験2回目 やはり実機を使っての実験は,おもしろい 1日があっという間である。 残念ながらRADIUS認証設定中で時間切れとなったが 感覚はつかんでいただけたかと思う。
2004年7月2日(金) 19.8 28.0 / 9.2 19.8 練馬 梅雨時とは思えないすがすがしいお天気
2004年7月1日(木) 24.7 29.2 / 10.2 18.9 練馬 2004年に馴染んできたなと思ったら もう半分過ぎてしまった。
年月日(曜) 東京の最低,最高気温 / 美留和の最低,最高気温 朝起きた場所→移動した場所→夜寝た場所 ※最低気温:前日の21:00-9:00のうち最も低い気温。最高気温:当日の0:00-15:00のうち最も高い気温。
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月
2003年 2003. 1. 1-2003. 6.30 2003. 7. 1-2003.12.31
2002年 2002. 1. 1-2002. 6.30 2002. 7. 1-2002.12.31
2001年 2001. 1. 1-2001. 6.30 2001. 7. 1-2001.12.31
2000年 2000. 7. 1-2000.12.31 2000. 1. 1-2000. 6.30