6月の寝たところ。美留和 21泊 練馬 7泊 大阪 2泊
2005年6月30日(木) 22.7 25.8 / 8.4 12.0 美留和 北陸地方の大雨被害,西日本の渇水被害 ニュース映像を見ていると,事態は深刻である。 キャスターやコメンテーターたちが しきりに「異常気象だ」と言っているが 本当にそうなのだろうか。 ちょいっと,こだわってみた。 まずは「異常気象」の定義 気象庁の定義によると 「一般に過去に経験した現象から大きく外れた現象」 「人が一生の間にまれにしか経験しない現象」 正式には,「過去30年間に観測されなかったような値を観測した場合」 そこで新潟県柏崎市の雨量データを 気象庁・気象統計情報で調べてみた。 ◎日降水量 ( 統計期間 : 1976/04〜2005/06 ) 単位 mm 年/月/日 1位 256 2005年06月28日 2位 141 1984年08月30日 3位 123 1978年06月26日 4位 121 2004年10月20日 5位 121 1999年09月15日 6位 113 1985年07月08日 7位 111 1996年08月15日 8位 108 1993年07月10日 9位 108 1982年09月12日 10位 107 2004年07月16日 ◎最大1時間降水量 ( 統計期間 : 1976/04〜2005/06 ) 単位 mm 年/月/日 1位 50 1976年08月14日 2位 48 1991年08月08日 3位 46 1984年08月30日 4位 39 1993年07月10日 5位 38 2005年06月28日 6位 35 1994年09月22日 7位 32 2004年07月16日 8位 32 1995年08月10日 9位 32 1995年07月17日 10位 32 1981年08月05日 過去30年間の統計値を基に 対数正規分布/岩井法(片側有限分布)で 確率雨量を計算してみた。 昨日の日降水量(256mm)の 計算結果は,100年確率(100年に1回発生する確率)の値に近い。 確かに,「異常気象」だ。 キャスターやコメンテーターたちは 安易に「異常気象」を使っていないだろうか。 「平年」をちょっとでもずれて被害が発生するものなら ※「平年」:過去30年間の平均状態の平均値 「異常気象」になってしまう。 気象現象なのだから,ある程度のブレがあって当然。 1年間ずっと「平年並み」で推移するほうが むしろ,「異常気象」だと思うのだが。 深刻な顔をして「異常気象」と叫ぶのならば 「平年」「分散」「標準偏差」を提示して 「この現象は何年確率だ」と言ってもらえると 納得するのだが。 結論 ・通常ならば,常に日本のどこかで異常気象が発生しているはず  異常気象が発生していないほうが異常である。 ・キャスターやコメンテーターたちのいう「異常気象」の定義を 「被害をもたらすような気象現象」と解釈すればよい。 ================================================================= 昨日のニュースより ANA機:福岡空港に引き返す 燃焼温度異常の警報で http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050629k0000e040067000c.html JAL地上職制服社外流出ネットで競売容疑、元派遣社員を逮捕 http://www.asahi.com/national/update/0629/TKY200506290304.html テレビニュースではJAL制服事件ばかり報道されて ANA機に関しては一切報道していない。 安全面から言えばANA機のほうが重要なはずだが マスコミ報道としてはJAL制服事件のほうに情報の価値があるのか 航空機トラブルなれ?,JALをたたいて悪者に? やはりJALは運が悪いようである。 ================================================================= Albert Einstein 1905年6月30日論文『動いている物体の電気力学』(特殊相対性理論)発表 ちょうど100年 正直言って高校生のころ, 先に特殊相対性理論の知識が入ったものだから SFの超光速ものにはついていけなかった。 宇宙戦艦「ヤマト」や「999」は すっごく違和感を感じた 夢がなかったのかなぁ それよりも東京−博多間新幹線に乗って 時計が何秒遅れるか 実地実験してみたりした。 今でも飛行機に乗ると ノートPCの時計は遅れがち ================================================================= 朝から晴れ間が出なければ気温は上がらない。 快晴だった釧路の最高気温は20.1℃ 美留和との差は,8.1℃ 海岸沿いと内陸とでは,気候がまったく異なる。 ついにストーブに火を入れる。
2005年6月29日(水) 23.4 27.5 / 8.8 13.4 美留和 来週は講師業務多忙のため Sコース5回目の仕込を行う。 ネタを整理してサブノートを作成。 想定講義時間 10時間 どう6時間に押し込めるか ================================================================= iTAC内の5番目のサークル(参考:ALWG・秘密会・テニス同好会・将棋同好会) 「競馬分科会」が誕生したらしい。 投資2000円,還元6030円,差引+4030円 利益が出したのは私だけのようだ。 利益は,もちろん皆さんのビールに還元 ================================================================= 朝から晴れ間が出なければ気温は上がらない。 快晴だった釧路の最高気温は21.9℃ 美留和との差は,8.5℃ 海岸沿いと内陸とでは,気候がまったく異なる。
2005年6月28日(火) 27.7 36.2 / 14.3 21.5 美留和 ラタンプランター第3弾 ベチュニア(白) ================================================================= 東京の最高気温36.2℃ (6月東京の観測史上1位を記録) こりゃぁ暑そうだ! でも,関東地方は, 明日からしばらく梅雨空, 7月3日ごろからは梅雨寒になりそう
2005年6月27日(月) 24.4 33.1 / 14.0 16.5 練馬→美留和 美留和到着後 半袖Tシャツを長袖に着替える。 ================================================================= オホーツク海高気圧の勢力が増してきた。 美留和の,6月中旬から先週まで暑い日が続いた。 7月になったら晴れても最高気温20℃を超えない すがすがしい日が続きそう。
2005年6月26日(日) 24.4 31.5 / 12.9 23.5 大阪→練馬 NW東京P2回目  05:50大日駅 モノレール1番前の車両,前から2番目のドア付近でm先生と遭遇   ↓ 大阪モノレール  06:23大阪空港駅 ANA便に乗られるm先生と分かれる。 JALラウンジでSさんと遭遇。 話し相手にするためSさんの座席を無理やり隣に変更する。 Sさん+私 JAL1500 大阪伊丹(07:20) 東京羽田(08:25) m先生 ANA 014 大阪伊丹(07:15) 東京羽田(08:20) 乗り換え案内で検索すると  羽田空港第1ビル(08:32)   ↓ 東京モノレール快速  浜松町(08:50)  浜松町(08:54)   ↓ JR京浜東北線  赤羽(09:23)  赤羽(09:28)   ↓ JR埼京線  浮間舟渡(09:32) これが理想的なルート,時刻であった。 しかし羽田空港Spot10に入ったのは08:28 4分しかない,まにあわない やむなく次のモノレールにする。 羽田空港第2ビルにいらっしゃるm先生に携帯で連絡を取る。  羽田空港第1ビル(08:35) 前から3番前の車両,前から2番目のドア付近でm先生と遭遇   ↓ 東京モノレール  浜松町(08:57) ここでルート検索 一般的なルート検索では  浜松町(09:07)   ↓ JR京浜東北線  赤羽(09:37)  赤羽(09:45)   ↓ JR埼京線  浮間舟渡(09:49) 浮間舟渡の到着差に17分もある。 ここで再度ルート検索  浜松町(08:58)   ↓ JR京浜東北線  赤羽(09:27)  赤羽(09:28)   ↓ JR埼京線  浮間舟渡(09:32) 浜松町,赤羽ともに乗り換え時間1分 挑発的な時間だ。ダッシュが必要だ。 あきらめかけたのだが 幸い日曜の朝で空いていた。 浜松町でドアが開いた瞬間 3人とも走り出した。 京浜東北線まで階段あと10段のところで 無情にもドアが閉じる 3人の頭の中に浮間舟渡(09:32)の夢は消え(09:49)が支配する。 次の京浜東北線(5分後)に乗ると  浜松町(09:03)   ↓ JR京浜東北線  赤羽(09:33)  赤羽(09:45)   ↓ JR埼京線  浮間舟渡(09:49) とりあえず2分遅れで入ってきた山手線内回りに乗る。 加速性能は京浜東北線より山手線が上 ひょっとしたら田端までに追いつくかも とりあえずは山手線に乗る  浜松町(09:00)   ↓ 山手線内回り  田端(09:20) しかし2分のビハインドはつめられない, 万事休すと思っていたところ 上野,赤羽間には東北線高崎線があるじゃないですか。 さっそくルート検索  浜松町(09:00)   ↓ 山手線内回り  上野(09:14)  上野(09:15)   ↓ 高崎線  赤羽(09:25)  赤羽(09:28)   ↓ JR埼京線  浮間舟渡(09:32) これなら間に合う, 幸い高崎線のホームは山手線の隣 高崎線に乗り込む。 先ほど乗っていた山手線, 乗れなかった京浜東北線の電車を抜いていく。 無事,浮間舟渡(09:32)到着 何事もあきらめないことが肝要 それにしても若い3人であった。 ================================================================= 昨夜婚約発表したKKさんm月さんも 補講に参加 大いに盛り上がる
2005年6月25日(土) 23.5 31.6 / 9.1 24.6 大阪 NW大阪P2回目 KKさんm月さん婚約おめでとう。 10月23日(日)記念パーティ決定 ================================================================= 8月27日(土)ANN(All Naniwa no Nouryoukai)開催決定。
2005年6月24日(金) 21.9 31.0 / 14.1 28.1 美留和→大阪 湿気の低い気温30℃ 昨日の美留和 湿気の高い気温30℃ 今日の大阪 どっちがいいか,もちろん前者 大阪は蒸し蒸し〜〜 と,いうことで 「みどり橋」から釧路川
2005年6月23日(木) 22.3 27.3 / 14.6 30.5 美留和 美留和の最高気温30.5℃ 東京よりも先に真夏日となってしまった。 東京よりも大阪よりも最高気温が高い 川湯では33.4℃ 北見では34.2℃ やはり気温30℃を超えると暑い。 しかも我が家の構造は,高気密・高断熱なので 耐寒については万全であるが 暑さに関しては逆に熱がこもってしまう。 クーラー・扇風機はもとより,うちわすらない。 下敷きでパタパタ 午後からは避暑のため 屈斜路湖までお出かけする。 今日が暑さのピークのようだが 今週いっぱいこの暑さが続きそうだ。 7月ややや涼しくなりそう 8月は平年並み 9月はまた暑くなりそうだ
2005年6月22日(水) 20.9 24.4 / 13.5 27.4 美留和 霧の朝 ================================================================= 川湯のイソツツジが見ごろ
2005年6月21日(火) 22.9 28.0 / 15.9 26.8 美留和 今日は夏至 日の出03:40,日の入19:07 早起きしないともったいない ================================================================= ついに,今年初の温帯夜 (温帯夜:最低気温が15℃を上回った場合,水岡用語) ================================================================= NW−S4回目の仕込み完了。
2005年6月20日(月) 21.6 28.6 / 14.2 22.4 練馬→美留和 羽田空港JALプレミアムラウンジ内の貼り紙 マッサージチェアが故障しているようだ。 みんな乱暴に扱ったんだろうな 「ご利用はご遠慮ください。」 この,くどい敬語のフレーズ どこかで聞いたことがある・・ 「ご利用は計画的に」いやいや そうだ! 電車内での車内放送だ 「優先座席付近での携帯電話の〜〜」 貼り紙を書いた人は 頭の中にこのフレーズが浮かび上がったのだろう。 車内放送は,優先座席付近で 携帯電話を使いそうな人がいるから 注意を呼びかけている。 「故障中」だけだと それを無視して利用する人がいるから 注意を呼びかけているのであろう。 そのうえ理由が,安全上 航空機事故なみの危険性を伴う マッサージチェなのでしょう。 いやぁ,さすがJALならではの一流の気配り。 私も前回使用時に故障が発生しなくてよかった。 でもね, 「故障中」で書いてあったら だれも利用しようなんて思わないですよ,きっと 「ただいま故障中につき,使用できません。」 ぐらいでいいんじゃないのかなぁ ================================================================= なだかんだといわれている JALの不祥事続き マスコミが大きく取り上げている。 JAL,JAS合体の余波,労使対立,労組間の確執などによって 安全意識の低下が原因といわれているが そういえば6月21日,ストライキ予定だったが回避。 理由は「夏季一時金の額に不満」 うーむ,乗客の足を人質にして賃上げかい,賛同できぬ 理由が「会社の基準では安全運航できぬ」ならば 応援するのだが 航空鉄道事故調査委員会の統計情報を見ると 国内各航空会社において 近年,人命を伴う事故は確実に減っている。 しかし重大インシデントは増加しているが これまでは,かき消されていたことが 正直申告するようになったためかと思う。 重大インシデントだけではなく 数々のイレギュラー(煙,高度間違い,ドアモード忘れなど)が露呈している。 JAL派(というより女満別-東京はJALしか選択肢がない) 擁護するわけではないが そのことは,むしろ,品質管理的にいえば 重大なバグの予兆の検出・未然防止に つながっていることだと思う。 数年間,小さいバグ(イレギュラー)が検出されない(隠す体質) こちらのほうが恐ろしい。 以前,JALの安全管理手法として 「イレギュラーがあったとき処分等しない代わりに自己申告をすること」 これを奨励したとき 当時の運輸省がクレームをつけてきた. それに対し,JALが突っぱねた。 人間がやることだから 小さいバグ(イレギュラー)は確実におこるので それをとがめるのではなく 情報を共有することによって その事例対策を横展・発展させ 最終的に事故抑止を図ってもらいたい。
2005年6月19日(日) 21.0 26.1 / 8.8 25.6 練馬 NW東京S3回目 朝から晴れ間が出れば気温がぐんぐん上がる。 湿度が低いから爽快。 霧模様の釧路の最高気温は17.3℃ 美留和との差8.3℃ 海岸沿いと内陸とでは,気候がまったく異なる。 (そろそろこのネタからの脱却を図らねば)
2005年6月18日(土) 19.5 26.5 / 6.5 26.2 練馬→大阪→練馬 NW大阪S3回目 朝から晴れ間が出れば気温がぐんぐん上がる。 湿度が低いから爽快。 それ以上に大阪は暑い。 最高気温30.8℃,真夏である。 霧模様の釧路の最高気温も13.1℃ 美留和との差も13.1℃ 海岸沿いと内陸とでは,気候がまったく異なる。
2005年6月17日(金) 17.2 24.1 / 4.9 23.4 美留和→練馬 昨日の合格発表を受けて 浜松町にてiTAC関東地区スタッフで 来期(2006年春)構想について打ち合わせ。 DBの大量合格を受けて 講師陣は豊富になり,層が厚くなったが 勝ち抜けで受講生が少なくなりそうだ。 ================================================================= 朝から晴れ間が出れば気温がぐんぐん上がる。 ついでに東京の最高気温は上回らなかった。 湿度が低いから爽快。 霧模様の釧路の最高気温は13.1℃ 美留和との差10.3℃ 海岸沿いと内陸とでは,気候がまったく異なる。
2005年6月16日(木) 18.8 20.5 / 9.1 23.5 美留和 今日は,年2回の運命の日 今のところ報告をいただいた37名中31名合格 DB塾生の推定合格率6割程度 例年になく高い合格率である しかも,午後2で問2を選択した人の点数が高い 合格された方の午後2の得点 最高790点 平均745点 最低650 過去問題のリメイクではあったが DBCSモデリングコースで 基礎をこつこつと反復練習した甲斐があった。 ================================================================= 朝から晴れ間が出れば気温がぐんぐん上がる。 ついでに東京の最高気温を3.0℃も上回った。 湿度が低いから爽快。 霧模様の釧路の最高気温は14.9℃ 美留和との差8.2℃ 海岸沿いと内陸とでは,気候がまったく異なる。
2005年6月15日(水) 19.4 20.2 / 9.9 23.8 美留和 ムシキングがジェット機になるらしい。 というよりも,「ムシキング」ってなに?? ================================================================= 朝から晴れ間が出れば気温がぐんぐん上がる。 ついでに東京の最高気温を3.6℃も上回った。 湿度が低いから爽快。 霧模様の釧路の最高気温は13.6℃ 美留和との差10.2℃ 海岸沿いと内陸とでは,気候がまったく異なる。 ================================================================= 名人戦第6局2日目 中盤戦 一貫して森内の攻め,羽生の受けという展開が続く。 終盤戦 一転して羽生の猛攻,森内が受けて立つ いかんダルビッシュの初登板と重なってしまった。 22:38 128手で先手森内が投了 後手羽生の勝利 これで対戦成績3勝3敗,7戦目へ
2005年6月14日(火) 19.3 24.8 / 10.2 22.4 美留和 午後から久々の晴れ間 木漏れ日がまぶしい。 晴れ間が出れば気温がぐんぐん上がる。 霧模様の釧路の最高気温は14.2℃ 美留和との差8.2℃ 海岸沿いと内陸とでは,気候がまったく異なる。 ================================================================= 名人戦第6局1日目 序盤戦 相矢倉。両者がっぷり四つ 中盤戦 森内が飛角銀桂で攻撃陣を築いたのに対し,羽生は,金銀4枚で受けようとしている。
2005年6月13日(月) 22.3 27.3 / 9.0 17.2 美留和 パトカーが奥のほうに入っていく 続けて消防の司令車も 何かあったのだろうか ================================================================= ここ数日,テレビでは某兄弟の話題ばかり 「豆殼で豆を煮る」(三国志,七歩の詩)
2005年6月12日(日) 21.0 29.8 / 11.9 13.7 美留和 ご来客 今回の来客は,再々お見えになられている方たち そこで,新企画「テニス大会」 摩周文化センターのテニスコートを借りる。 朝方まで雨が降っていたが, 滑りやすかったが全天候型コートなので問題なし。 テニスをやるのは十数年ぶり。 カンを取り戻すのがやっと 2時間,豪雨に遭遇したぐらいの汗をかいた。 気持ちでは,球筋にいっているのに 「その一足」が出ず,球を見過ごしてしまうこと しかし,意外と,バテなかった。 体力が持続していることを実感 しかし,筋肉痛は時間の問題
2005年6月11日(土) 20.2 25.0 / 12.1 22.3 稚内→美留和 ご来客 1年ぶりの稚内は霧と風の中 宗谷丘陵からのながめもすべて霧 灯台の霧笛が空しく響く 宗谷岬にたつ。 日本で一番北にいるんだという実感が沸いてくる前に 強風と,横殴りの雨,体感温度の低さ さっさと車に乗り込む。 上湧別のチューリップも満開
2005年6月10日(金) 20.7 23.0 / 10.4 26.9 美留和→旭川→稚内 ご来客 毎年この時期に稚内を訪れる。 昨年は,ご近所の方に帯同していただいたが 今年は,美留和ツアーの面々に帯同していただく。 とまりは温泉旅館 実は温泉が大好きだったりするのだ
2005年6月9日(木) 19.3 26.5 / 11.7 22.6 美留和 「たんぽぽ」の黄色が目立つ。 今年は,「たんぽぽ」率が高いように見える。 確認したところ すべて「西洋たんぽぽ」で 「えぞたんぽぽ」は"0" ================================================================= 「草払い」の一日 過去の「草払い」実施日  2002年6月6日  2003年6月12日  2004年6月9日  2005年6月9日 平年並みの「草払い」日ではあるが, 今年5月の気温が低かった影響で, 例年に比べ,草の生育がよくなく,あまり伸びていない。 もう少々あとでもよかったのだが 明日からの6月美留和ツアーの来客に備える。 外観はきれいになったが 内観が・・・
2005年6月8日(水) 19.0 25.7 / 8.5 24.1 美留和 ついに「エゾユキウサギ」の撮影に成功 でかい!体長50cmは超えている。 ※左下の黄色い花「たんぽぽ」の高さが約10cm 突然遭遇したら「カンガルー」と間違えるかもしれない。 毛色は夏毛の茶色みを帯びた灰褐色,冬は耳を除いて真っ白 「えぞりす」に比べ「ウサギ」は臆病な性格のため, これまでは発見しても,気配を感じ取られて さっさと逃げられてしまった。 ================================================================= 5月美留和ツアーのYさんOさんHさんより ミニ冷蔵庫を寄贈していただく。 ありがたや さっそくお風呂に設置。 ================================================================= 検査の結果が届く 標準値を超えているのは  中性脂肪(TG)  LDLコレステロール  総コレステロール  ALT(GPT)  γ−GTP  尿酸 それ以外は標準値 ほぼ昨年と同様の数値 ビール飲みの宿命か・・・
2005年6月7日(火) 17.1 24.8 / 3.9 16.5 美留和 ブロッコリ,ビタミンCなど栄養豊富 しかし,茹でるとせっかくの栄養分が抜け出してしまう。 蒸すといいらしい。 NHKテレビ「ためしてガッテン」で 切り分けずにまるごと1個を 電子レンジで加熱すれば 水気も栄養分も抜け出しにくくなるので よいと紹介していた。 さっそく実践 待つこと4分30秒 手軽・栄養豊富で おいしくいただけるのはいいが, 丸ごとだと一人分としては ちょいっと量が多すぎる。 今より半分くらいの大きさの ブロッコリはないものだろうか。 ================================================================= NW−S3回目の仕込を終える。 塾が待ち遠しい。
2005年6月6日(月) 17.9 27.7 / 5.6 10.2 練馬→美留和 幸い今日の隣席は ビジネススーツ姿の男性 少々睡眠時間の補充を図る。 ================================================================= kakaku.comの改ざん問題, 他人事ではない。 mizuoka.jp,itac.gr.jp → Windows+IIS biruwa.jp → Windows+Apache arkweb.co.jp → Linux+Apache aspが使えるのが魅力だったが IISをApache2.0.54に変更する。
2005年6月5日(日) 17.8 25.2 / 7.5 17.8 大阪→練馬 NW東京S2回目 土曜,日曜,月曜と早朝の移動が続く。 ここのところ平均睡眠時間4時間。 今朝,東京に向かう飛行機の中で 睡眠時間の補充を と目論んでいたのだが,, 隣席に座ったご婦人。 どうやら,シートベルトの締め方がわからなくて困っていた。 そこで締め方を教えてあげたところ それがそれが,話し好きのおばさまで とうとう羽田到着まで話しが続いた。 それはそれで楽しかったのだが ================================================================= 今夜も補講で盛り上がる
2005年6月4日(土) 16.2 23.1 / 4.8 15.5 練馬→大阪 NW大阪S2回目 会場近くのファミリーレストランで昼食 塾のみなさん10人で連れ立ってはいる 6人がけぐらいのテーブル2つあいていた。 5人と5人で別々のテーブルに座る。 テーブルAではランチセットを5つオーダー テーブルBでは個別のオーダー 当然,ブロック化効果で テーブルAのほうが早く出てくるだろうと だれもが予想していた。 予想に反して,先にテーブルBの5品がすべて出揃ったあと ランチセット5つ出てきた。 うーーむ,単価の違いなのだろうか ================================================================= 補講で盛り上がる 今夜中の練馬への移動予定だったのを 大阪泊→翌朝移動に変更する。 早朝便は割安なので,宿泊費を足しても 夜移動に比べて,それほど割高にならない
2005年6月3日(金) 16.5 22.6 / 7.5 16.8 美留和→練馬 練馬から羽田空港行きの直通バス 7月から時刻改正 おそれていたことが現実に 1日3本が2本に減便
2005年6月2日(木) 20.4 23.8 / 3.6 22.6 美留和 午後から所用があり中標津へ 最近,中標津に大きなショッピングゾーンができた。 その中にHomacあり,UNIQLOあり,食品スーパーもある 弟子屈よりも品数豊富,新鮮で安い こりゃぁ都会だぁ ここで硬式用テニスラケットも調達
2005年6月1日(水) 17.5 26.2 / 8.8 18.8 美留和 今日から6月 我が家の電話番号  01548-2-2*** が  015-482-2*** に変更 市外局番が5桁から3桁に 山村からいきなり都会になった感じ 5桁のままでよかった ================================================================= 餌台にエゾリスが3匹も 台の上に2匹, 写真の右側,台の下 地面を駆け抜けるもう1匹 親子連れかな ================================================================= 旬をいただく,毎度感謝O氏 たらの芽の天ぷら
年月日(曜) 東京の最低,最高気温 / 美留和の最低,最高気温 朝起きた場所→業務場所→夜寝た場所 ※最低気温:前日の21:00-9:00のうち最も低い気温。最高気温:当日の0:00-15:00のうち最も高い気温。
2005年 1月 2月 3月 4月 5月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 2003. 1. 1-2003. 6.30 2003. 7. 1-2003.12.31
2002年 2002. 1. 1-2002. 6.30 2002. 7. 1-2002.12.31
2001年 2001. 1. 1-2001. 6.30 2001. 7. 1-2001.12.31
2000年 2000. 1. 1-2000. 6.30 2000. 7. 1-2000.12.31