2006年2月28日(火) 3.8 5.6 / -14.3 0.3 山口→福岡→山口 おこしやす → 一見さんに対して おいでやす → 常連さんに 対して
2006年2月27日(月) 8.1 10.8 / 0.7 5.2 大阪→山口 NHK教育テレビ「知るを楽しむ」 2月の月曜 脳を鍛える たいへんためになった。 ====================================== 最適解は一つかもしれないが それを求めるアプローチはいくらでもある。 最適解を求めるための最善なアプローチを 選択できる能力が問われる 選択肢がないのはもってのほか 過去問題集の解説は, そのうちの一つを紹介しているに過ぎない。 過去問題を数多く解くことによって 最善なアプローチを判断する選択肢が増え, 自分なりのアプローチ法を確立できる。 しかし,,, 選択肢が増えるとともに入力情報が増えると 判断に迷いが生じがち 最善かと思っていたのが,実は冗長な判断だった よって自信を失ってしまう それがいわゆるスランプ ====================================== エスカレータの立つ位置 左側によるか右側によるか 関東と関西で異なる。 これまで練馬に居住していたときは 東京がメインだったので 大阪に来たときは,いつもと違う側に 立てばいいと考えていた。 しかし,美留和に完全移住以降, 大阪と東京がほぼ同じ割合となったので 通常がどちらだか混乱してきた。 ====================================== 夕方の新大阪駅 やけに寒く感じる しかし,18時現在の気温4.4℃ これまで暖かだっただけに やはり相対的に寒く感じるのか
2006年2月26日(日) 5.4 8.2 / -3.7 4.0 大阪 SV大阪S 9回目 季節外れの暖気 ライブカメラを見ると 道路に地肌が・・・
2006年2月25日(土) 4.7 11.5 / -8.3 1.6 東京→大阪 SV東京S2 9回目 SV東京S2, 今日は午前。 明日の大阪に備えて補講は早退。羽田までm先生と同行。 m先生はA系で関西へ, 私はJ系で神戸へ出発。 神戸空港 初見参 神戸空港からポートライナーで移動中DoS 攻撃に遭う。攻撃者は,SさんとTさん。 早退してから3時間と30分, まだ補講会場で盛り上がっているようだ
2006年2月24日(金) 6.3 8.8 / -16.2 0.7 東京 Figure Skating - Ladies' Free Skating ARAKAWA Shizuka よくやった! ====================================== さて,これを試験に例えてみると・・ 過去問の模範解答を見ることは,荒川静香の演技を見ることと同じ。 確かにイメージトレーニングにはなるし,評論家にもなれる。 2日前までまったくの素人の私でさえ ジャンプの見分けがつくようになった。 たとえ,荒川静香の演技をビデオで繰り返し繰り返し見たとしても 彼女と同じように演技することはできない。 受験される方本人が,受験(演技)して評価をもらわないといけない。 採点基準が明確になっているので,それにあわせた 日々のトレーニング,不断の鍛錬が必要なのである。
2006年2月23日(木) 8.7 15.4 / -0.1 2.4 札幌→東京 今回の出張も後半戦突入 荷物を小分けして順繰りに 宅急便またはゆうパックで 次の宿泊地に送る。 21日は大阪へ,22日は東京へ,23日は美留和へ あれっ?明日の講義で使うテキストがないぃ しまった!,大阪の荷物に入れてしまったようだ 幸い市販されている書籍なので 本屋さんで購入する。 大勢に影響はなかったのものの 痛い出費だ。 ここまで完璧な計画だったがミスが出てしまった 減点
2006年2月22日(水) 8.0 15.2 / -1.4 3.4 札幌 今日の札幌地方の天気予報は「曇りのち雨」 2月に雨は似合わない。 ======================================== フィギュアスケート 今朝のLIVEをみながらちょっとお勉強。 演技の大半は,後向きに滑っている ジャンプもほとんど後向きに踏み切る。 トーループ,サルコー,ループ, フリップ,ルッツの順に などが高くなる 最高難度のアクセルだけが前向きに踏み切る。 前向きのアクセルだけは3回転半と「半」がつく。 つまり着地はすべて後向き 右利きの選手の場合 右足踏み切りのループ・トーループ 左足踏み切りのサルコー・フリップ・ルッツ 右足だけで飛ぶのがループ 左足のエッジを付いたらトーループ 左足だけで飛ぶのがサルコー 右足のエッジを付いたらフリップとルッツ フリップとルッツの違いは 実際ジャンプする選手を見なかったので よくわからなかった。 後半になると サルコー,トーループぐらいの 見分けはできるようになった。 生半可でわかるようになってきたところで アナウンサーが実況で「サルコー」といった。 あれ?ジャンプした足が違うぞ, 「わぁい,アナウンサー,間違ってるぞ」 しかし,その後の実況でも全部左右逆 あ,そっか! 左利きの選手だったんだ。
2006年2月21日(火) 4.0 10.9 / -5.4 3.9 札幌 久々に朝の明るさで目が覚めた 昨夜は熟睡したようだ。
2006年2月20日(月) 6.4 8.7 / -14.3 2.5 那覇→札幌 今日のプレゼン資料 わずか3枚ではあるが 夜明けまで,何度か手直しする。 出張前に一応完成は,していたのだが 昨夜から寝床につくたびに いろいろと手直し箇所が思い浮かぶ その都度,灯りをつけて手直し。 朝一番,ホテルのプリンタで資料を出力して出発 やや睡眠不足。 那覇の夜明けは,雨上がり。 雲の間から日差しが漏れている。 緯度が20°違うことは,太陽高度も20°違う。 真冬の美留和の太陽は,地を這うようだが さすがに沖縄は太陽が高い。 気温21℃,美留和の真夏並み 湿気もあり蒸し暑い。 半袖Tシャツに着替えて出発。 今日の予定は 那覇→石垣島→那覇→札幌 今回の目的は2ヶ月前の約束事を果たすことと ラムサール条約に登録された石垣島アンパル干潟視察など 決してLD社関連ではないのだが 那覇空港,朝一番の便で石垣島へ向かう 荷物軽減のため,上着などを 搭乗手続きの際に,千歳空港までの便に手荷物として預ける。 つまり,これからは千歳空港までは半袖Tシャツ 搭乗してあたりを見回すと ん?周りの皆さんは外套を切られている方が多い 半袖Tシャツはわずか ありゃ,浮いてしまったかな お見受けしたところ 厚着しているのはしているのは地元の方々で 観光客はTシャツが多い まずは沖縄限定「さんぴん花茶」購入 なぜか親近感のある国道【番号】 石垣島の牧草ロールは白色 田植えも終わっている。 目的地に到達 案内人に従い,うっそうとした茂みの中の 道に分け入る。 ん?石垣島ってハブ,いたっけ,いたよなぁ でも,防御法は? 熊なら大声を出すか唄を歌ったりすれば なんとか予防になるのだが ハブってどうすればいいの そんな不安をよそに, 案内人は奥へ奥へと進む 無事に業務終了 せっかくなのでプチ観光 川平(かびら)湾 案内看板には日本百景国指定名勝 石垣で一番のながめ,確かに観光客も多い 平久保灯台 玉取崎展望台 久宇良ビーチ 吹通川のヒルギ群落(マングース) 帰途,上空からの宮古島の眺め
2006年2月19日(日) 4.0 9.6 / -18.7 1.1 東京→那覇 SV東京S1 8回目 那覇までのフライト さすがに南国の気流 雪雲のフライトよりもよく揺れる 那覇に到着すると雨 ホテルの部屋のエアコンの電源を入れたら デフォルトは冷房
2006年2月18日(土) 1.1 7.0 / -27.1 -4.1 大阪→東京 SV大阪S 8回目 東京に到着すると雨。 ちょっと早いけど菜種梅雨かな ======================================== 雌阿寒岳の活動が活発に
2006年2月17日(金) 6.2 9.6 / -5.7 -1.9 東京→大阪 東京地方の週間天気予報をみると 雨→晴→晴→雨→晴→晴→雨  三寒四温 ======================================== m先生と難波で歓談 ======================================== 企業研修に出向く。 企業の研修担当の保身のために 受講生が犠牲になっているケースが少なくない。 受講生のアンケート評価によって, 企業の研修担当が一喜一憂しているためだ。 A.受講生全体の底上げ  →受講生のアンケート評価は全体的によい B.合格者数の輩出  →大概,成績下位またはモチベーションの低い受講生からのアンケート評価が低い 技術研修の場合,ほとんど前者 試験対策の場合,後者が多い A.B.についてはトレードオフ関係で 短い講習時間では,両方同時に満足することは困難 試験対策の場合, 受講生10名程度であれば,講義開始後30分程度で 受講生の力量・モチベーションが把握できる。 その上で講義を進行を 「下位の方のレベル」「合格ボーダーラインと思われる方」 研修担当の意向に合わせる。 たいていの場合後者に合わせる。 その分,前述のとおり一部の方から評価が 「進行が早い」「理解できない」「教え方が悪い」など悪くなる。 それは覚悟の上 講義そのものよりも合格してこそ講師の存在価値があり お互いの満足になるのだから 講義内容の構成としては,まずは易しい問題を選択して, 解き方を説明して,またあるときは裏技を伝授したりして 受講生自信に「自分でも解けるんだ」という自信をつけさせて モチベーション向上を図る。 短い講習時間なので,解説できる問題数にも限りがあるので, 難易度の高い問題もチャレンジしていただく。 そこで研修担当との軋轢が生じる
2006年2月16日(木) 6.4 12.1 / -12.2 -1.3 美留和→東京 次に美留和に帰ってくるのは3月 カレンダーを2月をめくって3月にしておく そういえば2月と3月とでは,あまり変わりはない ======================================== 暖かい方向に向かうので 体調を崩さないように気をつけねば 特に都会では暖房がきついので 汗をかかないようなるべく薄着をしよう。 コートを持っていくかどうかで思案する。
2006年2月15日(水) 8.1 19.9 / -6.8 0.0 美留和 午前9時ついに気温0℃ 1月30日以来16日ぶりにプラスの気温 日中は部屋の中の暖房を切って過ごす。 あー雪が解ける,春が来てしまう 春よ,まだ,こないで ======================================== 明日から3月1日まで 13泊14日のロード 出張準備 講義の仕込みに 教材やら着替えの計画を立てる。 忘れ物はないかと念入りにチェックして それぞれの宿に向けて 宅急便で送る。 ======================================== トリノオリンピック みんなメダルを取れる力を持ってるのに 力を出し切っていない。 メンタルな部分が不足しているのだろう 運をつかむのも実力のうち と,思ってテレビ観戦していたが 上位選手との力量の差・調整不足は 歴然としている。 メンタル以前の問題 メダル有望とJOCやマスコミが叫んでいた スオーボードハーフパイプ・ フリースタイルスキーモーグル・ スピードスケート500m・ ノルディックスキー複合個人 どのメディアでも 日本選手の過大評価,誇張表現だらけ けっきょく視聴率稼ぎで さほど有望でない若手選手まで スター扱いしている。 もう,うんざり そしてメディアは,こぞって 「成績不振の原因は」と追求している。 むしろ,囃したてたメディアの報道の仕方に 責任があるのでは よって,NHK教育放送に切り換えてみる 朝からなかなか,いい番組を やっているではないか ======================================== 飲みかけの牛乳パックを見て思う どうして,いつも「あけぐち」と書いてある 反対側から開けてしまうのだろう 左利きのせいかな。
2006年2月14日(火) 2.3 18.5 / -14.7 -4.0 美留和 16日,東京で所用が入る。 17日締切の原稿, もともと14-17日で書き上げる予定だった。 余裕のある日程のはずが 今日と明日で書き上げなければならない うわぁ ======================================== トリノオリンピック 原田雅彦の失格, 「ベテランらしからぬミス」 と報道されているが 「ベテランならではのミス」 慣れ,甘え,思い込みがあったのでは 危機管理の希薄さ 自戒自戒 ======================================== 忙しくても トリノオリンピック 生中継を見る。 特に今日は,カーリング(日本−ロシア) 初のカーリング生中継観戦なのでわくわく アナログとデジタルのせめぎあい
2006年2月13日(月) -0.4 10.6 / -25.9 -0.2 美留和 ご来客 第二陣も帰途へ これで全員帰還 家の中が広く感じられる。 雪の足跡だけが あの喧騒が虚でなかったことを 語っている。 ======================================== トリノオリンピック 序盤,日本は,残念な結果が続いている。 まだまだあるぞ Start ListやLive Resultsを見ながら生中継 選手のプロフィール,出場順やリアルな記録がわかり 臨場感があってよいよい 何よりも大まかな時間がわかって トイレ休憩や作業予定,起床時間の目安が立つ 残念ながらライブ映像は 帯域が狭いので見ることができない。
2006年2月12日(日) 3.4 7.9 / -24.2 -9.0 美留和 ご来客 流氷をみて第一陣,帰途へ
2006年2月11日(土) 2.0 12.8 / -19.7 -7.7 美留和 ご来客 トリノオリンピック開幕 ヨーロッパだと見所は夜明けが多い しばらく睡眠不足になりそう ================================= Project50-8 どうやら賭けが始まっているらしい。 私が50km完走するか 率は,完走するかしないかで10倍の差 ちょっと失礼なのでは・・・
2006年2月10日(金) -0.3 12.0 / -24.4 -3.4 美留和 ご来客 女満別空港 今日からAIRDO東京便就航 この便で,来客第2陣到着 総勢10名勢ぞろい
2006年2月9日(木) 2.7 7.4 / -18.3 -4.5 美留和 ご来客 オホーツク海の流氷 強い南風に流されて 沖合いへ。
2006年2月8日(水) 3.0 12.9 / -9.7 -6.2 東京→美留和 明日からの来客に備え 風呂掃除や片付けなど しかし事務作業に追われたり来客の対応などで なかなか捗らない ================================= Project50-8 情報処理技術者試験の願書の手続きをするため 郵便局まで歩く。 途中,小走りしてみる。 帰り道,ご近所さんが来るまで通りかかる。 「乗っていく?」 丁重にお断りする。
2006年2月7日(火) 0.3 6.8 / -22.7 -5.5 美留和→東京 急な出張 今日明日の天候や経済性などを考慮して 今回は釧路空港利用 って,いうか 今日明日女満別空港を利用すると 昨日から来週月曜まで 8日続けて,藻琴峠を越えることになるため ================================= 5日の塾での出来事 S氏がP君に単行本を渡しているところを発見 どうやらS氏がP君から借りていた本を 読まずに返すらしい。 見れば「すばる文学賞」作品 もったいない すかさず,「その本貸して!」と 無理やり手に入れる。 昨日今日,移動の飛行機の中や電車の中で 読み上げた。 きっと活字欠乏症? もっと本を読みましょう>S氏
2006年2月6日(月) -0.1 3.9 / -25.2 -4.7 東京→美留和 朝の羽田 ロード終了 あれ?傘を帯同していない。 なぜか宗男さんが帯同 ================================= 10日ぶりに帰宅。 まずは留守中に積った雪の 雪撥ねから ================================= 22時,就寝したところ 携帯にメッセージが 明日7日東京業務のため 急遽,出張決定!
2006年2月5日(日) -1.5 6.7 / -18.0 -8.5 東京 SV東京S1 7回目 アミノバイタル かつて,某ラウンジで無料配布していた。 それをきっかけに虜となってしまった。 企業戦略にまんまと嵌ってしまったのだが。, コンビニではなかなか見かけない なんと,浮間舟渡で アミノバイタル ハイポトニックチャージの 自動販売機発見 しかも直販(24本入り3780円)より安い ================================= Project50-8 さらにエントリー1名追加 プロジェクトメンバーは5人に
2006年2月4日(土) -0.9 5.1 / -10.3 -6.0 大阪→東京 SV大阪S 7回目 大阪の塾,補講を終え, 関西空港から羽田空港へ移動 関西空港ではm先生とニアミス 羽田空港ではSさんとニアミス 機内ではYさんとごいっしょ。
2006年2月3日(金) 3.9 12.2 / 24.3 -7.3 札幌→大阪 札幌業務終了後,大阪に移動。 やはり大阪は寒い 確かに待ち歩く人も札幌より厚着だ。 伊丹空港でバスを待つ間も 体の芯まで冷え込む。 今日は節分 節分に大阪といえば恵方巻き コンビニでお豆と太巻きを購入 今年の恵方である南南東に向かってがぶり したはよいものの 中身がぽろぽろ落ちること 豆を48粒ほど手に取るが 一口では食べ切れそうにない。
2006年2月2日(木) 5.3 10.5 / -9.0 -6.8 札幌 福岡,大阪,さいたま,札幌と 4日連続で雨または雪 札幌すすきの交差点
2006年2月1日(水) 4.7 6.4 / -22.3 -3.4 さいたま→札幌 朝から雨 福岡,大阪,東京へと雨雲を連れてきてしまった。 しかも,降りが次第に強くなってきているような気がする。 札幌の明日の天気予報も雪 2日明け方から3日にかけては,猛ふぶきや大雪になるそうだ。 傘の持ち歩き基準は 美留和を出発時のお天気 28日は晴れていたので 当然,傘は持っていない。 今日の雨は,傘がないと歩けないような降り 悪いことに,屋外を数百メートルほど 歩かなければならない。 コンビニで315円のビニール傘を 買うかどうか迷う。 200円のアミノバイタルだったら 躊躇なく買うのに・・・ 迷っているうちに 雨が上がるのではないかと 淡い期待をしてみるが やはり甘くはなかった 奮発して399円のちょっと広めの傘を購入 この傘,いつまで帯同することやら ================================= さいたま業務終了後 JAL1041 東京羽田(20:30) 札幌千歳(22:00) 札幌行きの航空機内 スポットを離れ 誘導路へ滑走路に向かっている途中で 突然急停止 また何かの機体故障かな と,思っていたら 震度4に遭遇したそうだ。 滑走路点検のため15分ほど 待機したのち離陸 ================================= 中田横浜市長 「横浜に観光にビジネスに来る方は東横インに泊まらないでいただきい」 「東横インに泊まることは犯罪に加担するのと同じ」 ちょっと言い過ぎではないのかな それなりに選択するだけの理由があるのだから 一部報道によると 他のホテルチェーンでも 大小にかかわらず法令違反の改造をしているらしい。 また,身障者を受け入れを拒否しているホテルもあるそうだ。
年月日(曜) 東京の最低,最高気温 / 美留和の最低,最高気温 朝起きた場所→業務場所→夜寝た場所 ※最低気温:前日の21:00-9:00のうち最も低い気温。最高気温:当日の0:00-15:00のうち最も高い気温。
2006年 1月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 2003. 1. 1-2003. 6.30 2003. 7. 1-2003.12.31
2002年 2002. 1. 1-2002. 6.30 2002. 7. 1-2002.12.31
2001年 2001. 1. 1-2001. 6.30 2001. 7. 1-2001.12.31
2000年 2000. 1. 1-2000. 6.30 2000. 7. 1-2000.12.31