2006年11月30日(木) 10.8 13.0 / -9.0 -0.2 美留和 昨夜から未明にかけて,この冬初の本格的な積雪となった。 いよいよ美留和が美しくなる季節の幕開け 毎度のことではあるが,雪を見るとわくわくする。 きっとアドレナリンの分泌が促されているのだろう。 さっそく玄関前の雪撥ね 一日中氷点下の真冬日 ================================ 2006年もあと1ヶ月 ある目標に達成できない m先生に目標達成のため,協力を依頼する。 ぎりぎりで達成できそうだ。 感謝 ================================ 人生の歓びってなんなのだ 達成?成功?家族? 見出せなくなってしまった。
2006年11月29日(水) 11.7 17.7 / -2.0 2.0 美留和 雪の朝。 根雪になるほど積もらなかったが この冬初の玄関前の雪撥ね ================================ 漢字辞書に 「よ」変換「よろしくお願いいたします。」 と,登録していたのだが,いつの間にやら 「よ」変換「よろしくお願いしたいします。」 に変わっていた。 ぎゃぁ,これで何通,メールを打ってしまったのだろうか
2006年11月28日(火) 11.8 14.1 / -1.7 1.2 美留和 GoogleMap美留和  GoogleMap某所 ================================ 低気圧が,発達しながら三陸沖へ 後から別の低気圧が続く。 美留和は曇り空
2006年11月27日(月) 10.1 17.0 / -4.5 6.5 東京→美留和 JAL1181東京羽田(07:55)→女満別(09:35) ほぼ定刻にSpotを離れたものの, 電気系統のトラブル発生とやらで再びSpotに 1時間近く遅れて再出発 低気圧の影響で揺れが続く 3時間近くシートベルトを着用していた。 ================================ 低気圧が,本州南岸を東北東へ 当初の予想よりも南に進路をとる あわせて停滞性の前線が本州南岸にかかる。 よって東京は昨夜遅くから午前中にかけて雨 東京地方では2-3日,お天気がぐずつきそう。 ================================ ドラマ「のだめカンタービレ」7回目 久々に笑った オーボエの黒木君 どうしてももNHK朝の連続テレビドラマのイメージがぬぐえないなぁ つい9月末まではピアノをやっていたのに・・・ 桃ヶ丘音大・レッスン室〜この俺が昇華させてみせる! 〜なめとんのかゴルァ! シベリウス 交響詩 「フィンランディア」 作品26 アメリカ民謡 「メリーさんの羊」 桃ヶ丘音大・廊下/同・レッスン室〜走っているのだめ 〜谷岡に拒絶されるのだめ ショパン 「幻想即興曲」 桃ヶ丘音大・カフェテリア/カフェバー〜Aオケ入ったぞ 〜いいな、落ち着くな〜あっという間に見慣れた光景に シベリウス 「『「カレリア』組曲」 第3曲 「行進曲風に」 Several 「Hooked On Cancan」 カフェバー/道〜フラフラ帰ったんだって〜千秋先輩… ショパン 「別れの曲」 オープニング ベートーヴェン 「交響曲第7番」 第1楽章 桃ヶ丘音大に向かう通り/同・キャンパス内〜浮気、しないでね 〜千秋さまのオーケストラ?〜野田恵、出て来い! 服部隆之 「元気な学生」 シベリウス 「交響詩『フィンランディア』」 桃ヶ丘音大・練習室〜名無しのオケ、リハーサル モーツァルト 「オーボエ協奏曲」 第1楽章 桃ヶ丘音大・練習場前ロビー〜それにしてもさすがだったな、千秋くん シベリウス 「『カレリア』組曲」 第3曲 「行進曲風に」 裏軒〜命名「R☆Sオーケストラ」 コダーイ 「組曲『ハーリ・ヤーノシュ』」第2曲 「ウィーンの音楽時計」 マンション・千秋の部屋〜先輩がモツアルト? 〜日本でできる唯一のことなんだ チャイコフスキー 「弦楽のためのセレナード」第2楽章 「ワルツ」 服部隆之 「千秋の解かった1 心情」 桃ヶ丘音大・練習場〜黒木くんによる“いぶし銀”のモーツァルト〜良妻のだめ登場 モーツァルト 「オーボエ協奏曲」 第1楽章 服部隆之 「元気な学生」 桃ヶ丘音大・練習場前ロビー/同・練習場〜野田…恵ちゃん…〜清良、自主練習〜ピンクのモーツァルト メンデルスゾーン 「ヴァイオリン協奏曲」第1楽章 モーツァルト 「オーボエ協奏曲」 第1楽章 桃ヶ丘音大・廊下〜ハリセン、良妻のだめ発見! ガーシュウィン 「ラプソディ・イン・ブルー」 桃ヶ丘音大・キャンパス/同・カフェテリア〜のだめvsハリセン、チェイス ドビュッシー 「亜麻色の髪の乙女」 桃ヶ丘音大・キャンパス〜お前は絶対演奏者向きなのに… 服部隆之 「千秋の解かった1 心情」 桃ヶ丘音大・練習場前ロビー〜のだめ、オーボエの音、好きデスよ 服部隆之 「のだめ 心情」 桃ヶ丘音大・階段〜これはただのハリセンやない。オレの愛の形や! ドヴォルザーク 「スラブ舞曲」第2集 桃ヶ丘音大・廊下〜プリごろ太フィギュア発見! 服部隆之 「元気な学生」 桃ヶ丘音大・レッスン室〜おなら体操協定、ここに成立したり! 〜1曲の我慢や ヘンデル 「オラトリオ『ソロモン』」より 「シバの女王の入城」 野田恵 「おなら体操」 桃ヶ丘音大・レッスン室/同・ライブラリー〜千秋先輩…真一、まだ選曲してるの? 服部隆之 「のだめ 心情」 マンション・千秋の部屋/桃ヶ丘音大・キャンパス〜フラッシュバックする胴体着陸の悪夢〜ミルヒーの最新作 ヴェルディ 「レクイエム『Dies irae(怒りの日)』」 ブラームス 「交響曲第1番」第1楽章 桃ヶ丘音大・練習場〜 プロにも負けないような凄いことやってやろうと思ってるんだよ、俺は!〜何故みんな、峰を笑う? ホルスト 「組曲『惑星』作品32「木星」 ブラームス 「交響曲第1番」第1楽章 桃ヶ丘音大・練習場/同・廊下〜最初からわかってたことじゃないか J・Sバッハ 「マタイ受難曲」より「涙ながらにひざまずき」 桃ヶ丘音大・階段〜階段を転がり落ちる水筒〜初めて見る、ヴィエラのパンフレットが落ちる映像〜青ざめて震える千秋 モーツァルト 「交響曲第25番」 第1楽章 バッハ 「小フーガ」 エンディング ガーシュウィン 「ラプソディ・イン・ブルー」
2006年11月26日(日) 6.7 13.0 / -7.2 8.3 東京 DB東京S2回目 昨夜の補講ではじけたせいか 今夜の補講はノリが悪くなってしまった 講義の疲れと重なって 一気に心の深淵まで落ちてしまった。 でも,まだ底ではない どこまで落ちるのだろうか 先の見えない闇の中 いつかはこの闇を抜けるだろうという期待と このまま行き止まりではないかという不安が交錯する。 ================================ 美留和は小春日和 低気圧が,本州南岸を東北東へ 高知,三重県で猛烈な雨になっているようだ。
2006年11月25日(土) 5.8 13.1 / -1.2 4.0 東京 DB東京EX1回目 「野菜ジュース」 「よく振ってからお飲みください」という注意書き 毎回,飲み終わってから気づく ================================ DB東京EX 午後2試験モデリングだけに特化したコース つわものぞろいだけに,面白い! 補講ではじけてしまう。 ================================ 美留和は小春日和 低気圧が,東シナ海に発生
2006年11月24日(金) 8.1 14.8 / -1.2 1.5 美留和→東京 羽田到着 モノレール乗り場がなにやら騒々しい。 今日は都心まで京急で移動なので問題なし。 モノレールが始発から止まっていたようだ。 ================================ 羽田到着後,所用あり竹橋近くへ その後池袋に移動 飯田橋での東西線→有楽町線の乗り換えが面倒なので 池袋まで歩くことにする。 竹橋から池袋まで歩いて約1時間 いつもの美留和のウォーキングコースと同じくらい 景色がめまぐるしく変わる。 ================================ 知人からJ.S.バッハの「ゴールドベルク変奏曲」が いいと教えられる。 さっそくH氏からCDを借りる。 チェンバロの音色が心地よい。そして バッハの「どんな人間にも生きる価値があるんだぞ!」という 声が聞こえてきたような気がする。
2006年11月23日(木) 11.0 13.9 / -3.1 3.7 美留和 そういえば10代のころ トランプゲームの中で苦手なゲームがあった。 それが「神経衰弱」。 ポーカーや7並べなどの戦略的なゲームは得意なのだが 記憶を要するゲームは不得手だった。 なにせ表神経衰弱(全部表面)でも負けてしまう。
2006年11月22日(水) 10.4 18.2 / 5.1 9.7 美留和 多くの方々から心配をいただいている。 感謝しています。 1年前であれば 都合の悪い情報は日記には書かなかった。 いまは,なぜか,弱い自分を吐露しようと 日記に自分の心境を積極的に書いている。
2006年11月21日(火) 11.9 18.0 / -2.0 8.6 美留和 15時ころまで週末の塾の仕込み ================================ 他人に理解できない この深淵な孤独感 哲学でも宗教でもなく 時間と自分で解決するしかないようだ。 天命を知るための試練? そうであれば心の底までお付き合いしましょうか。
2006年11月20日(月) 9.5 15.6 / -6.2 8.8 美留和 晩秋の美留和原野 ================================ ドラマ「のだめカンタービレ」6回目 11回のうち折り返しの6回目 話しがあまり前に進まなかった。 黒木君登場 桃ヶ丘音大・大ホール/同・廊下/想像空間〜ピアノ、弾かなきゃ! ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18」 第1楽章・第3楽章 想像空間/マンション・のだめの部屋〜のだめもオーケストラとコンチェルトやりたいデス! チャイコフスキー 「くるみ割り人形」より 「こんぺい糖の精の踊り」 ホテル・スイートルーム〜おはよう、千秋 ヴェルディ 「歌劇「リゴレット」より 「女心の歌」 ホテル・スイートルーム〜こうしてマエストロは帰国した マーラー 「交響曲第1番 ニ長調 『巨人』」第4楽章 桃ヶ丘音大・カフェテリア〜でも楽しかったよね、Sオケ 服部隆之 「ゆかいな音大生」 裏軒〜僕は音楽評論家の佐久間学です〜この大空の彼方〜フラッシュバック・胴体着陸 ヴィヴァルディ 「ヴァイオリン協奏曲集『四季』」 第1番 ホ長調 RV.269 「春」 ワーグナー 「楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』」 ヴェルディ 「レクイエム『怒りの日』」 桃ヶ丘音大・ホール/同・掲示板前〜彩子、熱唱〜菅沼さんの聴いてたでしょう?〜団員募集を見る真澄ちゃん モーツァルト 「歌劇『コシ・ファン・トゥッテ』」K.588 J.S.バッハ 「管弦楽組曲第2番 ロ短調」 カフェバー〜ひとり苛立つ千秋さま フォーレ 「組曲『ペレアスとメリザンド』Op.60 」より ドヴォルザーク 「チェコ組曲」 マンション・廊下/同・のだめ部屋〜千秋を待ち構えるおかもちを持った彩子〜一心不乱にピアノを弾くのだめ ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18」 第1楽章 オープニング ベートーヴェン 「交響曲第7番 イ長調 Op.92 」第1楽章 マンション・千秋の部屋/同・廊下/同・千秋の部屋ベッドルーム〜そういえば見たよ、真一のコンチェルト〜廊下でのだめのことを気にする千秋〜音高の卒業アルバムを手にする彩子 ベートーヴェン 「ヴァイオリンソナタ第5番『春』」 第4楽章 服部隆之「のだめ心情」 マンション・千秋の部屋〜先輩みたいにピアノ… サン=サーンス 「チェロ協奏曲第1番」 第1楽章 桃ヶ丘音大・レッスン室〜のだめと千秋、連弾! ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18」 第1楽章 ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18」 第3楽章 桃ヶ丘音大・レッスン室〜こいつ、どうすればいいんだ 服部隆之 「のだめ心情」 桃ヶ丘音大・キャンパス〜内定でましたぁ! 服部隆之 「元気な学生」 桃ヶ丘音大・キャンパス/同・レッスン室/スーパー・ひとしくん〜静香ちゃんが結婚!?〜のだめも卒業と同時にケッコンしたいデス〜指揮やるとこあんのかよ? チャイコフスキー 「弦楽のためのセレナード Op.48」より 第2楽章 「ワルツ」 ドヴォルザーク 「チェコ組曲」 回転寿司屋〜なんで寿司が回ってるんだ? チャイコフスキー 「白鳥の湖」 ミーチャム 「アメリカン・パトロール」 通り/桃ヶ丘音大・キャンパス〜先輩のようすがおかしいと思ったから、のだめ…〜千秋、俺は諦めないぞ! 服部隆之 「のだめ心情」 並木道〜菊地って、チェロの? 服部隆之「千秋の解かった2 前向きA」 居酒屋〜Sオケ解散飲み会 ガーシュウィン 「ラプソディ・イン・ブルー」 カラオケボックス〜萌&薫、熱唱〜この曲、知ってる!〜彩子、熱唱 ピーナッツ 「恋のバカンス」 中島みゆき 「地上の星」 中島みゆき 「ひとり上手」 カラオケボックス・トイレ〜ふぉっ!多賀谷彩子! サン=サーンス 「チェロ協奏曲第1番」 第1楽章 ゲームセンター/通り/神社境内/通り〜太鼓の達人?〜聴いてください、この、愛のサウンド・オブ・パーカッション!〜俺と一緒にAオケ、入るぞ!〜千秋様、新しいオケに誘ってくれなかった… モーツァルト 「交響曲第40番」 中島みゆき 「地上の星」 服部隆之 「千秋の解った1 心情」 桃ヶ丘音大・キャンパス〜くろきんほか、登場! ベートーヴェン 「ピアノ協奏曲第5番 『皇帝』」第1楽章 桃ヶ丘音大・廊下/同・レッスン室〜ハリセン江藤、登場! チャイコフスキー 「くるみ割り人形」より 「こんぺい糖の精の踊り」 エンディング ガーシュウィン 「ラプソディ・イン・ブルー」
2006年11月19日(日) 9.7 13.1 / -7.6 7.4 東京→美留和 未明に「しし座流星群」が見られるそうだったが 東京地方は曇り空で見えなかった。 ================================ m月先生の「プログラミング塾」に出席 今回はCASLとC言語でのプログラミング作成実習。 まだまだプログラミング能力は衰えていない ================================ 予定を切り上げて 1日早く美留和に帰る。 2週間前の夜と同じ。 自宅に帰るまでの道のりが, 孤独感と不安感でつらい。 ================================ 帰宅後,NHK教育 ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番 のだめでは2番が取り上げられて ちょっとマイナーな存在 ピアノはランラン 若干24歳であの表現力 少しは救われる思い。
2006年11月18日(土) 7.7 14.7 / -5.1 2.6 美留和→東京 iTAC総会 右は,藻琴峠 山かげは,圧雪かアイスバーン状態 ================================ iTAC総会 活発な議論が交わされる。 今回の主な話題は, 「試験制度改正への対応」 「塾に不適格な人への対応」
2006年11月17日(金) 9.3 13.8 / -1.2 4.8 美留和 車に冬用品を積み込む。 解氷スプレー,スクレイパー,手袋,毛布,雪かきスコップなど 気がつけば,窓ガラス拭き用の棒まで積んである。 ま,代用もできるか。
2006年11月16日(木) 9.1 17.1 / 0.1 3.4 美留和 今日のダウンロード ラフマニノフ 「パガニーニの主題による狂詩曲の第18変奏曲」 Andante cantabile 変ニ長調 近代的な曲風もあれば古典的な曲数もあるんだ。 それとラフマニノフって意外と人気あるんだ。 ================================ 「オーストリア」という国名が変更。 (正しくは日本語表音表記) なにやら南半球のカンガルーのいる国と 勘違いされて,深刻な経済問題になっているらしい。 ウィーンで売られているTシャツ うそのような本当の話。 オーストリー大使館の案内 ================================ さて今夜は眠れるか・・・
2006年11月15日(水) 14.7 19.3 / -1.0 4.9 美留和 今日のダウンロード 「のだめオーケストラ」LIVE! のだめオーケストラ他 ソニー・ミュージックエンタテインメント ESCL02882B00Z ================================ H邸でTさん交えて談笑 照明が大きく揺れている 地震? 揺れは感じなかったものの なに? 知人からのメールで千島列島で 大地震があったことに気付く 外はいつの間にやら雪景色 この冬初の雪道走行 ================================ 「孤独とは自分の周りに人がいないために生じるのではなく  自分にとって重要だと思っていることを他者に伝えられないことや  自分が他人の許容することの出来ない何らかの観点をもつことにより生まれるのだ。」  カール・グスタフ・ユング
2006年11月14日(火) 10.2 22.6 / 0.2 5.5 美留和 ここのところ,一人になると 奇妙な不快感が襲ってくる。 今後の加齢のこと,経済的なこと, 焦燥,自己嫌悪,恐怖,喪失 それらを取り混ぜた何ともいえない孤独感。 自分はもともと楽観的で何事にも前向きで気丈, 決して落ち込んだり,ストレスはたまらない そういったタイプだとタカをくくっていたのだが その欺瞞がぐらついている。 自分で勝手に打ちのめされた気になって, 今までに経験したことのないような どうしようもない孤独感に襲われる。 そして,不眠 いつでも気軽に相談や他愛もない話のできる友人が多くいる 孤独であるはずがない なんで打ちのめされて孤独感なのか・・・ 誰にも理解できないと思う と,いうよりも自分自身でも説明できない いったいこの孤独感とはなにもの? 一般の方々に比べて,拘束や義務の寡少な生活 自由であるがゆえの不安や孤独なのか 人は誰もが孤独な部分がある。 「これまで失ってきたもの」「これから失いつつあるもの」 「近い将来への漠然とした不安」「後ろ向きな自分」 それを補うために,人と人は交流し, 親密さを求め恋人を欲するのだと思う。 どんなに多くの友人がいようとも, 人は孤独な部分を持っていると思う。 だから人間。 この孤独感の根源はどこから来るのだろう ジークムント・フロイトの「リビドー理論」について 書物を読んでみよう。 「自ら進んで求めた孤独や他者からの分離は  人間関係から生ずる苦悩に対して  もっとも手近な防衛となるものである。」  ジークムント・フロイト
2006年11月13日(月) 9.2 17.7 / -4.7 5.6 東京→美留和 美幌峠,雪が積もっている 路面は乾燥しているので,運転に支障はなし。 ================================ ここだけの話し 「練習らしい練習もせずに」だったので 「ふともも」や「ふくらはぎ」が筋肉痛だ ギプスをはめたかのように歩く。 お風呂でよく揉もう ================================ 先日の「花ふらりミニミニコンサート」が 新聞に記事として載る。 紙面の右上で目立つところ ================================ ドラマ「のだめカンタービレ」5回目 Aオケ ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 知り合いがオケのメンバーとして出演 花ふらりコンサートのメンバーでもあった 「のだめ」の収録は,花ふらりコンサートの翌日の11月6日 作曲家ラフマニノフ 彼は自分の作品が批評家に酷評された。 当時の聴衆に受け入れらなかったのだ。 やがて,神経衰弱ならびに完全な自信喪失を引き起こし 精神を病んでいく。 しかし精神科医ニコライ・ダーリからの 心理療法を受けることによって 徐々に自信を取り戻す。 「あなたは素晴らしいピアノ協奏曲を作る」という暗示療法を行い その時にラフマニノフが作った曲が ピアノ協奏曲第2番(1901年) そういえばラフマニノフは 最近の作曲家だと思っていたら いつのまにやら著作権がきれていたんだ。 マンション・千秋の部屋〜朝から人ンちでネットするな! 服部隆之 「ゆかいな音大生」 桃ヶ丘音大・キャンパス/同・カフェテリア〜仮装オーケストラ!? 服部隆之 「元気な学生」 桃ヶ丘音大・カフェテリア〜エロジジイ!帰れ!〜合コンする人、この胸とまれ! フォーレ 「組曲『ペレアスとメリザンド』 Op.60」より 第3曲「シシリエンヌ」 リムスキー=コルサコフ 「熊蜂の飛行」 桃ヶ丘音大・キャンパス〜さあみんな、そろいましたね! チャイコフスキー 「弦楽のためのセレナード Op.48 」 第2楽章「ワルツ」 マンション・千秋の部屋〜好きです! ミーチャム 「アメリカン・パトロール」 マンション・千秋の部屋/桃ヶ丘音大・キャンパス〜シュトレーゼマン失踪〜エリーゼ登場!〜さようならミルヒー〜ミルヒー強制送還 マーラー 「交響曲第1番 ニ長調『巨人』」第4楽章 ブラームス 「交響曲#3第 へ長調 Op.90-3」 第3楽章 マーラー 「交響曲第1番 ニ長調『巨人』」第4楽章 オープニング ベートーヴェン 「交響曲第7番 イ長調 Op.92」 第1楽章 裏軒〜元気だして、千秋様〜ミルヒー再登場!〜師匠の言うことにいちいち逆らうんじゃありまセン フォーレ 「組曲『ペレアスとメリザンド』Op.60 」より 第3曲「シシリエンヌ」 マーラー 「交響曲第1番 ニ長調『巨人』」第4楽章 プロコフィエフ 「ロメオとジュリエット組曲 第2番 Op.64」 より「モンタギュー家とキャピュレット家」 桃ヶ丘音大・練習場前〜ミルヒー、ミーナと再会 ワーグナー 「歌劇『タンホイザー』」 より 序曲 桃ヶ丘音大・練習場〜のだめ、ピアニカでSオケ参加〜ジーク・ジオン! スーザ 「雷神」 桃ヶ丘音大・キャンパス〜千秋先輩どこにいますか? チャイコフスキー 「くるみ割り人形」より 「こんぺい糖の踊り」 回想〜若き日のミーナ、ピアノ演奏 リスト 「パガニーニによる大練習曲」より 第3曲「ラ・カンパネラ」 回想〜ミーナとの別れ〜千秋を捜し回るのだめ ブラームス 「交響曲#3第 へ長調 Op.90-3」より 第3楽章 桃ヶ丘音大・レッスン室/同・ホール〜練習する千秋〜ミルヒー、千秋にダメ出し ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18 」第1楽章 桃ヶ丘音大・練習場/同・練習場前〜えっ、最後?〜やっぱり気になるんだ… 服部隆之 「千秋の解かった1 心情」 桃ヶ丘音大・キャンパス〜Sオケ、紋付袴&着物姿で登場 シュトラウス 「ラデツキー行進曲Op.228」 桃ヶ丘音大・レッスン室〜わからない…マエストロは俺に何をさせたいんだ? ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18」 第1楽章 桃ヶ丘音大・ホール〜Sオケ、伝説のステージ!! ガーシュウィン 「ラプソディ・イン・ブルー」 桃ヶ丘音大・ホール前〜悪いな、峰…トリは俺様なんだよ 服部隆之「千秋の解かった2 前向きA」 桃ヶ丘音大・キャンパス〜のだめに懐中時計を渡すミルヒー ガーシュウィン 「ラプソディ・イン・ブルー」 桃ヶ丘音大・ホール〜さあ楽しい音楽の時間デス ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18」 第1楽章・第3楽章 桃ヶ丘音大・控え室/同・客席/同・キャンパス〜酒とかタバコとか女とか、適当にして長生きしてください〜佐久間さん、いい加減帰らないと!〜今度こそ本当に終わりなのかな、Sオケ〜ピアノ、弾かなきゃ! 服部隆之 「のだめ心情」 エンディング ガーシュウィン 「ラプソディ・イン・ブルー」
2006年11月12日(日) 11.7 15.5 / 0.8 6.5 東京 DB東京S1回目 いよいよ2007年春向け塾開始 ================================ 美幌峠は吹雪のようだ。
2006年11月11日(土) 14.9 18.4 / 3.5 7.7 東京 EKIDENカーニバル東東京大会 チームiTACで出場 6月のサロマ湖マラソンで,膝を故障して以来 4ヵ月半ぶりに走る。 当初の予定は3区1kmだったが スタート直前,急遽1区5kmに変更。 スタート直後,全体的にスタートダッシュの嵐の中 6分/kmペースを守ることに徹するため 後方に位置づける。 3kmぐらいから前を行くランナーを抜くことになる。 4km地点でS氏を抜き去る。 ウォーキング以外,練習らしい練習もせずに ぶっつけ本番ではあったが 息も切れずに5.42km約31分23秒で完走 左膝になんの違和感もなく 完走できたことにも満足。 それよりもS氏よりも早かったことに 大満足! ================================ 新宿「三越」百貨店のなかに JUNKUDOが 知らなかった・・・
2006年11月10日(金) 12.2 23.5 / 6.6 12.2 美留和→東京 国道から我が家に通ずる町道の拡幅舗装工事が始まった。 年度ごとに部分的に工事をして 全線完了は数年後とのこと
2006年11月9日(木) 10.7 22.1 / 1.1 16.1 美留和 愁情
2006年11月8日(水) 10.2 19.3 / 5.3 13.2 美留和 週末のDB東京Sの仕込ををしながら 4,5日のコンサートを収録したビデオをDVDにダビング 枚数が多いので時間がかかる。
2006年11月7日(火) 17.1 24.9 / 12.9 15.7 美留和 スランプ ようやく部屋の片づけを始める ================================ DB塾の仕込を始める。 ================================ 佐呂間町の竜巻 すごい破壊力だ 佐呂間湖ウルトラマラソン50kmスタート地点の近く 映画「ツイスター」のようだ。
2006年11月6日(月) 15.8 21.6 / 9.0 14.2 美留和 虚無感が支配している。 燃え尽き症候群 なにも手がつかない ================================ ドラマ「のだめカンタービレ」4回目 Aオケ 40分で練習を終了したところで オーケストラの団員が不満を言っているシーン 知り合いが3秒間映っていた。 マンション・千秋の部屋/桃ヶ丘音大・キャンパス〜 何考えてるんだ、あのジジイ… プロコフィエフ 「ロメオとジュリエット組曲 第2番 Op.64」 より「モンタギュー家とキャピュレット家」 桃ヶ丘音大・大教室/同・練習室〜千秋様の分もありますよ! 服部隆之 「元気な学生」 桃ヶ丘音大・Sオケ練習場〜Sオケ練習中! ベートーヴェン 「交響曲第7番 イ長調 Op.92」 第1楽章 裏軒〜打倒Aオケラーメン始めました チャイコフスキー 「くるみ割り人形」より「こんぺい糖の踊り」 マンション・千秋の部屋〜指揮者も体力勝負 ミーチャム 「アメリカン・パトロール」 千秋の回想〜物心ついたころにはすでにヨーロッパ生活 服部隆之 「千秋の解った1 心情」 マンション・千秋の部屋〜これがコタツ… ビゼー 「アルルの女」より「メヌエット」 マンション・千秋の部屋〜スコアのチェックし直さないと… ドボルザーク「交響曲第9番 ホ短調『新世界』」から Op.95 B.178 第2楽章 オープニングタイトル ベートーヴェン 「交響曲第7番 イ長調 Op.92」 第1楽章 桃ヶ丘音大・図書室/マンション・千秋の部屋〜 龍太郎、コンマスの心得勉強中 モーツァルト「ピアノソナタ第15番 ハ長調 K.545」 第1楽章 マンション・千秋の部屋〜のだめ、先輩のベッドで熟睡中 モーツァルト 「キラキラ星変奏曲 K.265」 マンション・千秋の部屋〜龍太郎&真澄ちゃん登場 クライスラー 「美しきロスマリン」 マンション・千秋の部屋〜龍太郎、もって来た麻婆豆腐をこぼす ハチャトゥリアン 組曲「ガイーヌ」より 「剣の舞」 マンション前〜スルメ交響曲 モーツァルト 「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」 桃ヶ丘音大・Sオケ練習場〜Sオケ練習中 ベートーヴェン 「交響曲第7番 イ長調 Op.92」 第4楽章 桃ヶ丘音大・ホール/Aオケ練習中 ベートーヴェン「交響曲第9番 ニ短調『「合唱付き』 Op.125」 第1楽章 桃ヶ丘音大・キャンパス〜大河内、指揮志願 チャイコフスキー 「くるみ割り人形」より 「こんぺい糖の踊り」 桃ヶ丘音大・Sオケ練習所前〜大河内、Sオケをスパイ ビゼー 「アルルの女」より「ファランドール」 桃ヶ丘音大・Sオケ練習場〜練習しよう!! 服部隆之 「千秋の解った1 心情」 マンション・千秋の部屋〜一緒にビデオ見ましょう 「プリごろ太のテーマ」 ジョリヴェ 「打楽器とオーケストラのための協奏曲」 第4楽章 服部隆之 「のだめ心情」 キャバクラ モーツアルト 「ヴァイオリン協奏曲第1番 変ロ長調 K.207」 第1楽章 プロコフィエフ 「ロメオとジュリエット組曲 第2番 Op.64」 より「モンタギュー家とキャピュレット家」 桃ヶ丘音大・Sオケ練習場〜じゃあ、頭から始めよう〜みんな、指揮を見ていない ベートーヴェン 「交響曲第7番 イ長調 Op.92」 第1楽章 桃ヶ丘音大・Sオケ練習場〜千秋、倒れる サン=サーンス「動物の謝肉祭」より「水族館」 桃ヶ丘音大・ロビー/マンション・千秋の部屋 服部隆之 「千秋の解った1 心情」 マンション・千秋の部屋〜いかずち! ベートーヴェン 「交響曲第7番 イ長調 Op.92」 第1楽章 (のだめオリジナル) 桃ヶ丘音大・ホール〜Aオケ練習中 ベートーヴェン「交響曲第9番 ニ短調『「合唱付き』 Op.125」 第1楽章 桃ヶ丘音大・ホールロビー〜さすがシュトレーゼマン人気ね J・Sバッハ 「ブランデンブルグ協奏曲#3ト長調」 桃ヶ丘音大・ホール〜定期公演本番 ベートーヴェン 「交響曲第7番 イ長調 Op.92」 第1楽章・第4楽章 桃ヶ丘音大・ホール〜ブラボー!! ガーシュウィン 「ラプソディ・イン・ブルー」 桃ヶ丘音大・キャンパス〜しゅきあり! モーツァルト 「歌劇『フィガロの結婚』K.492」より 序曲 エンディング ガーシュウィン 「ラプソディ・イン・ブルー」
2006年11月5日(日) 14.4 21.1 / -2.1 11.1 美留和 ご来客 花ふらりミニミニコンサート in 2006秋 ================================ 皆さんを女満別空港まで見送る。 自宅に帰るまでの道のりが, 孤独感と不安感でつらい。 40km/h以下で走る。
2006年11月4日(土) 14.8 20.8 / -1.2 13.3 美留和 ご来客 花ふらりミニミニコンサート in 2006秋
2006年11月3日(金) 14.6 20.6 / -4.7 14.2 美留和 ご来客 快晴,絶好の観光日和。 摩周湖もよくみえるだろう。 しかし観光はそっちのけで, 午前10時から午後11時まで通して練習。 なんのステータスもない,お金にもならないのに こんなに時間をかけて準備をするのか。 ただ,よりいいものを聴かせたい,そのひたむきさに ただただ唖然 われわれとの共通点がある。 素質や能力だけではない 物事をなしとげるための才能が必要だということ。 しかし,所詮,棲む世界が違う その道のプロに対して 素人に毛が生えた程度の者が, 入り込めない,いや これ以上入り込んではいけない一線も実感。 輝いているけど うかつに近づくと目がくらみ火傷しそう。 ================================ 屈斜路湖砂湯の白鳥
2006年11月2日(木) 14.8 18.8 / -7.5 10.3 美留和 ご来客 4日,5日のコンサートに備えて 「花ふらり」の会場準備のお手伝い 雄大な景色が気持ちよく見ていただくために窓拭きや ピアノの移動など ================================ 夕方,釧路空港にお出迎え 到着するなり,さっそく練習開始 午前2時ころ終了
2006年11月1日(水) 15.6 22.4 / 2.8 10.6 美留和 今日から11月 美幌峠や津別峠は雪のようだ。 明日からの来客にも備え,冬支度をする。 まずはスタッドレスタイヤに交換,ついでに車内清掃。 美留和ポータルサイトの積雪情報も半年ぶりに稼動開始。 ================================ テレビで,いじめ自殺が出た某学校。 生徒に対して校長が説明するシーンが流れていた。 「いじめを出さないようにしたい」 ん??誰に向かって話しているの? どこかに提出する報告書に「いじめ 0」と書きたいのかい 視点が生徒ではなく,上に向かっているんだな 生徒に向かって語っているのだから せめて「いじめをしないように」ぐらいいえばいいのに
年月日(曜) 東京の最低,最高気温 / 美留和の最低,最高気温 朝起きた場所→業務場所→夜寝た場所 ※最低気温:前日の21:00-9:00のうち最も低い気温。最高気温:当日の0:00-15:00のうち最も高い気温。
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 2003. 1. 1-2003. 6.30 2003. 7. 1-2003.12.31
2002年 2002. 1. 1-2002. 6.30 2002. 7. 1-2002.12.31
2001年 2001. 1. 1-2001. 6.30 2001. 7. 1-2001.12.31
2000年 2000. 1. 1-2000. 6.30 2000. 7. 1-2000.12.31