2007年 3月31日(土) 9.9 15.1 / -5.9 1.2 東京 業務前に業務場所近くにある深川不動堂にお参り 桜も満開 おみくじは「末吉」 「はなされし かごの 小鳥の とりどりに たのしみ おおき 春の のべかな」  願望:他人の助けよ,人の助けにて叶います  待人:来るおとずれあり  失物:手近にあり出る  旅行:近い所特に吉  商売:利益相当あり  学問:雑念多し全力を尽せ  争事:勝つことやすし  恋愛:深入りするな  転居:さわがず人に任せよ 以下略 初詣の時のおみくじよりも運気は高めかな? その時のおみくじの教訓を活かしておけばよかった ========================== 業務後,秋葉原のヨドバシカメラで所用を済ませ 浮間舟渡での答案練習会に合流する予定だったが 業務の方々に誘われて,打ち上げに参加 早々に中座するつもりだったが盛り上がってしまう。
2007年 3月30日(金) 9.0 20.3 / -7.3 3.4 東京 年度末・月末・金曜日・桜満開 今夜はこうなるのかな 夕刻から北北西からの強風 ♪花も嵐も踏み越えて 案の定22時過ぎに悪友から携帯に連絡がはいる。 もちろん居留守 ========================== いくどうおん 【異口同音】 みんなが口をそろえて同じように言うこと。多くの人の意見が一致すること。 「―に答える」 ========================== 櫛の歯がひとつをイエローカード1枚とすると 退場だな
2007年 3月29日(木) 10.7 24.1 / -8.4 3.2 東京 ありえないことが毎日起きている 櫛の歯が一つ一つ欠けるように しかし,いくらありえないことが起き続けても,春は春
2007年 3月28日(水) 10.6 21.6 / -4.0 0.4 東京 春爛漫,爽快 今年の暖かい冬の影響だろう 急ぎ足で春がやってまた。 花は時季を待たずに次々と咲き乱れている。 ♪花盛り〜花盛り〜
2007年 3月27日(火) 10.7 18.0 / -7.7 3.8 東京 寒い冬があるからこそ,春の暖かさがありがたく感じる。 冬の厳しさが無ければ,春の歓びも薄い 四季を味わえる喜び 今日の業務場所は飯田橋。 電車賃の節約,メタボリックの燃焼,花見を兼ねて 江戸川橋から神田川沿いを上流に向かって歩いてみる。 南西からの強い風に阻まれながらも 江戸川橋・一休橋・大滝橋・駒塚橋(略)三島橋・面影橋・曙橋(略) と歩く・・・ ========================== Keep in touch. なに?「触り続けましょう」って よく調べると「連絡取り合いましょう」だった。
2007年 3月26日(月) 11.4 18.6 / -3.1 7.2 東京 一駅手前の東池袋で降りてみる。 大きな通りから一つ路地に入った小さな公園 桜の花が5〜6分咲きといったところ。 花見客も入る
2007年 3月25日(日) 16.2 18.0 / 0.5 5.9 東京 DB東京S11回目 雨の朝 花見どころではない ========================== 失敗をみんなに笑ってもらおう。 悲しみを押し隠し 道化師のように
2007年 3月24日(土) 9.2 15.3 / -6.1 5.7 東京 DB東京EX9回目 西から低気圧の谷が接近しているようだ。 東京地方は穏やかな天候 嵐の前の静けさ? 本試験まであと3週間 塾も佳境を迎える DB東京EXコースでは問題を解くのではなく モデリングできる力をつけていただくために 過去の問題から本文のみを取り出して 徹底してテモデリングしていただく。 今回は10回コースの9回目 一番難易度の高いテーマとした。 想定どおり皆さんに苦しんでいただいたが 想定以上に時間がかかってしまった。
2007年 3月23日(金) 8.8 16.8 / -10.3 4.6 東京 自分の心のぶれ・揺らぎにより 自分自身では真っ当な行動だと思っていても 周囲からは乱心・愚鈍・奇異な行動に見えたり, それにより,知らず知らずのうちに 周囲の人たちの心証を害し傷つけていた。 いま,掛け替えのないものを次から次へと失っている。 自分自身が稚拙な振る舞いをしていたことに気づきはじめる。 幾度となく警告もあったのに遅きに失した。
2007年 3月22日(木) 7.0 16.3 / -4.5 2.3 東京 オープン前ではあるが六本木にあるTokyo Midtownに行ってみる。 この辺りでは,こういった施設の建設が相次いでいる影響で 地価は急上昇しているとか バブル再来?
2007年 3月21日(水) 5.4 12.6 / -15.7 1.0 東京 午前東京3回目 春分の日 日の出05:25 日の入17:35 昼の長さが10分長いのは 日の出時刻は,太陽の上端が水平線に現れた瞬間の時刻 日の入時刻が,太陽の上端が水平線から隠れた瞬間の時刻
2007年 3月20日(火) 3.6 12.8 / -4.0 -2.2 東京 美留和の積雪が60cmを越えた。この冬の最大積雪深だ。 ここのところ,日本列島では寒い日が続いている。 東京地方もここ数日,寒風が吹いている。 桜の開花が,当初の予想よりも少々遅れそうだ。 ヨーロッパも寒気に覆われてきたようだ。 ヨーロッパ南東部に暖気,ヨーロッパ北西部に寒気 中央部には気圧の谷が ロンドンは冷え込みそうだ
2007年 3月19日(月) 4.0 12.1 / -5.0 -1.2 東京→茨城→東京 気合を入れて午前4時起床5時出発 あとは,電車の中で熟睡 みとぉ!
2007年 3月18日(日) 3.1 10.7 / -5.2 -0.2 東京 DB東京EX8回目 PASMO,SUICA運用開始 彼岸の入り
2007年 3月17日(土) 5.1 9.8 / -11.8 -0.8 東京 DB東京S10回目 A地点に到着,時計を見る 8時20分 約束の待ち合わせ場所を間違っていても,間に合う時間だ 9時00分 約束の待ち合わせ場所がB地点だったことに気づく 変な夢だった
2007年 3月16日(金) 4.9 10.1 / -10.6 1.7 札幌→東京  http://mizuaka.jp/なるサイトを発見 一見するとhttp://mizuoka.jp/と紛らわしい こりゃフィッシング詐欺の一種だぁ ======================== 今夜から東京に16連泊 業務も16連戦
2007年 3月15日(木) 4.6 12.0 / -9.4 1.6 美留和→札幌  釧路市内で所用があるため,釧路空港から札幌に移動 カナダ製のボンバルディアDHC-8 Q300ではなく,スウェーデン製のSAAB340Bで移動。 ↓↓一昨日,中標津空港で煙を吐いた「はまなす号」 搭乗と同時に熟睡 前脚が出たかどうか確認することもなく 着陸のショックで目が覚める
2007年 3月14日(水) 3.6 13.8 / -6.0 -1.5 美留和 今年も確定申告を終えて提出 ふぅーー 慣れない作業と,普段からきちんと資料を整理していなかっただけにたいへん。 まさに確定【深刻】
2007年 3月13日(火) 3.6 12.4 / -6.3 -2.0 美留和 fさんへ 厚き友情に深謝。 ======================== たまの休日, 今日は,引きこもって,クラシック音楽を聴きながら, 昨日,一昨日に買った(買ってしまった)本の読書を目論んでいたが,,, その矢先,MediaPlayerを[11]にVirsion UP したところ これまで聴くことができていた曲が聴けなくなってしまった なんだかんだと対処。そうこいしているうちに, テレビで臨時番組が始まる。高知空港が大変なようだ 今日の午前中,高知空港ANA1603便DHC-8 Q400でトラブルが発生し緊急着陸するらしい。 胴体着陸の生中継は生まれて初めて 自分自身パニック状態になってしまった。 固唾を呑んで着陸の瞬間を見守った。 機体が大きな衝撃もなく着陸,停止したときは,涙ぐんでしまった。 機長のすばらしい操縦技術に感服 航空運賃の払い戻し,さらに補償金があるのだろうか 乗客は,すぐに目的地に向かえるのだろうか(警察の取調べ?) 高知空港は,いつから使えるようになるのだろうか 航空・鉄道事故調査委員会のメンバーは,どういうルートで高知空港に向かうのだろうか 余計な心配をしてしまった。 15日札幌移動があるので,同型機に乗ってみようと思ったが 北海道ではDHC-8 Q300だった ぎゃ!北海道内のローカル路線 DHC-8 Q300,今日の午後から緊急点検のため欠航 高知の影響かなと思っていたら,あらま ボンバルディア機、エンジンから煙 北海道中標津空港だとか 偶然とはいえ,同じ日にトラブルとは もともとボンバルディア社は,カナダのスノーモービルのメーカー かつて所有していたボンバルディア社のスノーモービル そういえば,よくエンジンから煙が出てトラブルが発生していたなぁ・・・
2007年 3月12日(月) 2.6 12.3 / -13.8 -0.6 東京→美留和 五木寛之「林住期」を読む Spiritual で Melancholic な生きかたもよい。 人生1回目なんだな 俳優の大竹しのぶ「アクアレーベル」CM JR東日本の「大人の休日倶楽部」のCM いずれもタイミングよすぎ 大台がひしひしと近づいてくるのを実感する。
2007年 3月11日(日) 7.4 12.5 / -1.8 2.2 東京 午前東京2回目 久々に雨の朝 お昼休みにはからっと晴天 浮間公園を散歩 ======================== 昨夜業務帰り,駅のコンコースの古本コーナーにふと立ち寄った そこで島崎藤村の「千曲川のスケッチ」を見つける。 さっそく電車の中で読み始める。

 敬愛する吉村さん――樹(しげる)さん――私は今、序にかえて君に宛(あ)てた一文をこの書のはじめに記(しる)すにつけても、矢張(やっぱり)呼び慣れたように君の親しい名を呼びたい。私は多年心掛けて君に呈したいと思っていたその山上生活の記念を漸(ようや)く今纏(まと)めることが出来た。
藤村が小諸義塾の教師として赴任した頃, 小諸で過ごした単身生活の様子や風景を散文にしたもの。 今風に言えばブログなのであるが, 小諸周辺の四季それぞれの自然の風物や 千曲川流域に住む人々のきびしい生活する姿が 生き生きとかつ細かく,そして物憂げに描かれている。
2007年 3月10日(土) 5.4 13.4 / -16.2 1.0 東京 3月18日から首都圏の私鉄や地下鉄でSuicaが使える。 そんな中,パスネットの残高がなくなってしまった。 新規にパスネットを購入するか それともあと1週間,現金で切符を買うか迷っていたが 購入することにした。 しかし,新たに購入したパスネットに不具合 けっきょく切符を買うことに ======================== 真実は必ずしも事実とは限らない
2007年 3月 9日(金) 5.0 10.4 / -16.0 -1.6 東京 朝,体調は万全なのだが,どうも歯車が噛み合わない 違和感を感じつつも午前をこなす 午後から調子が出てきた Oh Vital !
2007年 3月 8日(木) 3.8 12.3 / -12.5 0.2 美留和→東京 ご来客 何の変哲もない踏切ではあるが 数日前に大事故が発生した現場
2007年 3月 7日(水) 4.8 10.9 / -7.6 0.0 美留和 ご来客 流氷 今年も早々に去っていく おーーーーい
2007年 3月 6日(火) 12.7 18.0 / 0.5 6.6 美留和 二十四節気の「啓蟄」 凍りついていたものがみるみる緩んでいく。
2007年 3月 5日(月) 12.7 20.6 / -8.7 -1.6 東京→美留和 約1ヶ月ぶりの美留和 Iさんに女満別空港まで迎えに来ていただく やはり今年は雪が少ない。 そうとはいえ,家の前は長い留守を象徴するかのように雪が積もっている。 帰宅後,なかなか気力が湧いてこない。 それでも,何とか体を動かして 郵便局に留め置いていた郵便物を取りに行く。 ここ美留和を離れて以来一ヶ月 テレビを眺めることはあっても しっかりと視聴することはなかった 久々にテレビなるものをしっかりと視聴する あーーやっぱり,誇張・わざとらしさにうんざり ついていけない
2007年 3月 4日(日) 10.1 18.6 / -4.0 -2.7 東京 DB東京EX7回目 久々に8時間以上の睡眠をとる 朝起きても寝不足感が残る
2007年 3月 3日(土) 8.0 15.1 / -17.4 1.1 東京 DB東京S9回目 この季節,いつもの年より あまりマスクをかけている人を見かけない 花粉の飛散量が少ないのかな それとも,花粉症対策が進んだからかな
2007年 3月 2日(金) 5.4 12.7 / -7.6 -5.3 大阪→東京 これまで「偽善」を悪いイメージで捉えていたが 「偽善」だって「善」の一部ではないかと思ってきた。 人の喜びも悲しみも自分のものに置き換えて他人を理解しようとする それがゆえに「人がよろこばせたい」 それは自分自身を満足させたいという自我でもある。
2007年 3月 1日(木) 5.4 13.1 / -9.6 -5.5 福岡→大阪 今日から弥生3月 福岡の最高気温は17℃ 本格的な冬を味わないまま春が来た感じである。 ============================ 某ホテルのチェーン,開業3日目に泊まる 新築で気持ちよい
年月日(曜) 東京の最低,最高気温 / 美留和の最低,最高気温 朝起きた場所→業務場所→夜寝た場所 ※最低気温:前日の21:00-9:00のうち最も低い気温。最高気温:当日の0:00-15:00のうち最も高い気温。
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 2003. 1. 1-2003. 6.30 2003. 7. 1-2003.12.31
2002年 2002. 1. 1-2002. 6.30 2002. 7. 1-2002.12.31
2001年 2001. 1. 1-2001. 6.30 2001. 7. 1-2001.12.31
2000年 2000. 1. 1-2000. 6.30 2000. 7. 1-2000.12.31
水岡祥二