mizuoka.jp in 美留和 北海道 | 今後の予定 | 搭乗記録 | 美留和ポータルサイト | iTAC | 花ふらりミニミニコンサート | 掲示板 | Profile | LiveWebCamera | Romania |

31.Jul 2007(Di) 19.5 26.7 / 10.9 20.5 東京→茨城→東京
30.Jul 2007(Mo) 22.3 23.5 / 9.3 20.0 東京 やや涼しめの日, スーツでラッシュアワーの電車に乗っても汗をかかない しかし,「こよみ」は「こよみ」 今日は「土用丑の日」 いくら真夏らしくない天候でも 「こよみ」どおりに鰻を食べなくては 「かまどや」の鰻どんぶり
29.Jul 2007(So) 26.7 31.6 / 11.1 14.4 東京 NW東京S日6回目 午後2時講義している最中に雨音が聞こえる 雷光と雷鳴が続く ========================================== 補講後,宿に帰る。 どのチャンネルも選挙速報 明朝見ることにしよう とりあえずNHK教育を見る ========================================== 日本の南海上,マリアナ諸島近海に台風5号発生 予想進路は「日本列島一直線」
28.Jul 2007(Sa) 25.6 32.3 / 16.1 20.4 東京 NW東京S土6回目 17時過ぎ,浮間の会場を出る。 むわぁぁぁっと来る暑さ これぞ日本の夏 今夜は隅田川で花火大会,テレビで生中継をしている。 風情なものである。 そういえば最近,花火を見に行っていないなぁ
27.Jul 2007(Fr) 26.1 32.7 / 12.5 25.8 美留和→東京 今朝の美留和の最低気温12.5℃ 今日の東京の予想最高気温33℃ 気温差20℃ねぇ,しかも東京は熱帯夜 暑いところから寒いところの移動は大丈夫だが 寒いところから暑いところへの移動は体調を崩しやすいので 気をつけねばならない。
26.Jul 2007(Do) 24.9 32.0 / 14.9 24.0 美留和 小学校は今日から夏休み,微妙なお天気 ========================================== 地元,弟子屈町内で100匹以上の飼い犬に狂犬病の予防注射をさせなかったことが 全国ニュースとなっている。 当然,美留和辺りの井戸端会議でも 「あれは○○地区の△△さんのこと」「冬に数十匹が凍死した」などと噂話が流れ始める。 個人情報保護なんて関係ない,自分たちに危害が及ばなければ衝撃的であればよい 今回は同じ町内の事件が全国ニュースになったことが衝撃的である ワイドショー的なノリである。 まぁそれはそれとして,テレビでの飼い主へのインタビュー 「ルールが悪い」と主張するのは自由である。 しかし,良くても悪くてもルールはルール 飼い犬も社会の一員としてルールを守ることが 飼い主の義務ではないのだろうか 美留和でもかつて,犬を数十匹飼われていた方がいらっしゃった。 しかし,鳴き声や度重なる柵からの脱走などで,ご近所からの苦情が相次ぎ 残念ながら,2年足らずでこの地を離れざるを得なくなった。 道東は,広そうに見えて隣近所が近いのである。 飼い主のエゴに翻弄されている犬が可哀想に見える。 似たような問題として, 数年前からこの地であるライダーハウスもどき, 個々の管理人と飼い主,そして,訪れるライダーと飼い犬がかぶる。
25.Jul 2007(Mi) 22.4 30.8 / 9.0 28.7 美留和 布団干し日和 ========================================== 国道243号線 猛スピードで抜いていく車 よく見るとSTV(札幌テレビ)の中継車 おいおい 弟子屈の狂犬病騒ぎから北見の断水の取材で急いでいるとは思うけど 公共放送の社名を掲げた車で100kmを超えるような速度で 無謀な運転はいかがなものか
24.Jul 2007(Di) 22.8 31.5 / 12.2 26.2 美留和 青空が広がる。 気温もぐんぐん上昇 先週までストーブに火を入れていたのが嘘のよう 我が家唯一の冷却装置 夕焼け ========================================== アナログ放送終了まであと4年 テレビでは地デジのすばらしさを訴えているが 年末までに人口比で92%まで地デジをカバーするといっているが ここは100-92=8% 残念ながら美留和地区は日本で一番最後に地デジが開始される 地デジが開始されるとすぐにアナログ放送終了,移行期間が短すぎる。 2012年7月24を何故神経質までに意識しなくちゃいけないの?
23.Jul 2007(Mo) 24.2 26.7 / 13.7 26.5 東京→美留和 参議院議員選挙投票日の29日は塾なので 期日前投票に行く。 ========================================== 雨があがって気温25℃を超えた 無風,夏日,暑い・・・ そういえば二十四節気の「大暑」 上空には寒気,申し分ないくらいの大気不安定 15:51大雨注意報発表 17:09大雨洪水警報発表 19:40-激しい雷雨 19:40-19:50の10分間で7mmの降雨 こうなりゃ光と音のページェントを楽しみますか ピカッ! い〜ち,に〜ぃ,さ〜ん,,,ゴロゴロ 光の速さと音の速さの差を久々に実感する。 20:00おさまる,あっという間だった ========================================== プチトマトを山ほどいただいた 意外と多く食べられないものである。
22.Jul 2007(So) 22.5 27.6 / 15.6 21.4 東京 美留和地方,気圧の谷の影響で未明から強い雨 午前7時2分大雨注意報発表 案の定,雨がやんだ 経験則ではあるのだが,美留和地方の注意報や警報 いつも雨や雪のピークを超えてから 大雨注意報,大雪注意報が出される。 ========================================== SecondLife クラッシュ
21.Jul 2007(Sa) 23.4 27.5 / 14.3 19.7 東京 7月中旬,平年の平均気温は15.9℃だが 今年の7月中旬の平均気温は,12.1℃ 平年よりも3.8℃も低い 6月中旬の平均気温の16.0℃をピークに寒くなっている。
20.Jul 2007(Fr) 20.7 28.4 / 9.8 14.6 美留和→東京 ご来客 今日は,機種変更でA320 ANA742釧路→東京羽田 先日ブラジルのサンパウロで着陸に失敗した機種と同じ 東京羽田空港A滑走路34L  滑走路の端が見えてきてまもなく着陸かな, と思っていたらエンジンパワーが上がる, Go Arround(着陸復行)だ どうやら前に着陸した飛行機が鳥と衝突して滑走路が閉鎖されたようだ 蒲田,川崎,横浜,東京湾を遊覧して あらためてC滑走路34Rに着陸
19.Jul 2007(Do) 19.6 25.1 / 8.4 14.4 美留和 ご来客 アルコール飲料中のプリン体含量 ごく普通に市販されているビール メーカーによって含有量が大きく違う。 ビールだとA社のSDが一番低い,K社 ISの約半分 (まったく伏字になっていないのだが) ========================================== Second Life 日本語ベータ版 ダウンロード,インストールしたものの メモリ不足で開始できない・・・
18.Jul 2007(Mi) 18.2 22.7 / 8.4 22.6 美留和 ご来客 この花は,ナデシコの仲間?それともサクラソウの仲間? 「ムシトリナデシコ」で日本中どこでも咲いているそうだ。 花言葉は・未練・しつこさ
17.Jul 2007(Di) 18.8 21.5 / 11.5 17.9 美留和 ご来客 コーヒーも好きである。 特にPCで物書きをするときは,コーヒーが必需品である。 しかしカップのコーヒーがなくなったときの喪失感が大きい。 それはさておき,しかし夕方以降は飲まない。 それは夜,眠られなくなるから。
16.Jul 2007(Mo) 23.6 29.9 / 11.4 16.2 東京→美留和 ご来客 台風一過の青空。 すっきりした青空とまではいかないが,まずまずのお天気 そういえば今日は海の日 ========================================== 羽田空港で搭乗待ち ぐ〜らぐ〜ら めまいを起こしたのかと思いきや 天井から吊るされているものも大きく揺れている。 地震だ! 揺れ幅が大きく,周期の長い地震だ 東京では震度3,中越地方では震度6強 台風4号が日本列島から立ち去ってやれやれと思っていた矢先のこと 台風と違って地震は予知が難しく,被害が拡大したことを痛切 「備えあれば憂いなし」 地震の場合の「備え」が立ち遅れているのが現状 ========================================== 美留和に帰って夜の11時18分 眠りについたところ,また ぐ〜らぐ〜ら 悪酔いしたのかと思いきや 天井から吊るされているものも大きく揺れている。 地震だ! 揺れ幅が大きく,周期の長い地震だ さっそくテレビをつける。 NHKは政見放送中で速報が出ない。 先に民放で速報が出る。 美留和では震度2 震源は京都府沖  ん???1500km先の京都??? 何かの間違いでは? いやいや間違いではなかった。 震源に近い京都府では体に感じる揺れはなかったそうだ。 なんとも不思議な地震を一日に二度経験した。
15.Jul 2007(So) 20.9 26.4 / 8.8 15.4 東京 NW東京S日5回目 台風4号が東京に接近 朝から強い雨。 影響を心配していたが 午後からは雨がやんだ 雨が上がったもののの15m/s前後の風が吹く。 空気が澄んでいる。 ========================================== 帰り道,5mほど前に人が歩いている。 その人が歩道に置いてある自転車に接触。 自転車がちょうど私の脚の上に倒れてきた。 ぎゃっ!ひざに激痛が走る この場合,誰に文句を言えばいいのだろう 前を歩いていた人?狭い歩道に自転車を置いた人?それとも自分?
14.Jul 2007(Sa) 21.2 24.4 / 8.6 13.4 東京 NW東京S土5回目 台風4号,首都圏直撃の様相 風が強くなるのは明日の午後からのようだ。 とりあえず明日の開催を決定。
13.Jul 2007(Fr) 23.4 26.4 / 8.4 12.5 美留和→東京 半そでシャツに上着を着て美留和を出発。 空港で上着を脱ぐ,おぉーさぶ 東京は,梅雨空 週末は台風の接近で荒れ模様のようだ。 東京到着後,新橋と渋谷で打ち合わせ 久々の渋谷,人がいっぱいだぁ
12.Jul 2007(Do) 22.7 26.9 / 9.4 11.2 美留和 肌寒い日が続く。 1月の-20℃よりも7月の10℃のほうが寒く感じる。 ついに。。。ストーブに火を入れる。
11.Jul 2007(Mi) 22.5 26.8 / 9.6 13.0 美留和 1850年前後,アメリカのゴールドラッシュ 一番儲けたのは, 金を掘り当てた人ではなく 実は,金を掘るための道具屋だとか ジーンズのリーバイスもその一つ
10. Jul 2007(Di) 22.5 25.5 / 10.1 12.3 美留和 納豆の日 大豆に感謝,納豆菌にも感謝 ========================================== 天気図を見ると梅雨末期の主役であるオホーツク海高気圧の登場。 こうなると本州では梅雨の本番 美留和地方は,しばらく肌寒いが続く
9. Jul 2007(Mo) 21.0 27.3 / 11.0 15.9 美留和 ご来客 演奏者を厚岸経由で釧路空港までお見送り 厚岸のあやめヶ原では,あやめの花が満開 霧が幻想の世界に誘い込んでくれるかのよう 21時過ぎに帰宅,またひとり コンサートがずっと昔だったような 心地よい余韻,しばらく,放心状態 残り物のワインを一瓶,飲み干す。
8. Jul 2007(So) 21.9 25.3 / 8.0 18.1 美留和 ご来客 演奏者の方々をお連れして知床横断 低く雲が垂れ込めていたが 峠を越えるころには羅臼岳がくっきり 絶好の眺望となった。
7. Jul 2007(Sa) 21.9 25.3 / 8.0 21.7 美留和 ご来客 花ふらりミニミニコンサートin2007七夕 2007年7月7日 "7"が3つ並ぶ日に「七夕コンサート」 写真はこちら しかも初の野外でのコンサート,天気を心配していた。 よっぽど日ごろの行いがよすぎたのか,朝から快晴。 日差しが強すぎる。紫外線がさんさんと降り注ぐ。 むしろ,少々曇が出てほしいなと次なる悩みも出てきた。 また風が強かった。 リハーサル中に,楽譜が飛んだしまったり譜面台が倒れたりとハプニング続き。 譜面台に穴があいていてそこから風が吹きこむので,ダンボールで覆う。 こんどは風の抵抗が大きくなりすぎて,譜面台が倒れるので,石で脚を固定する 演奏者の皆様の苦労も多かった。 七夕にちなんで笹竹を用意する。 前回のコンサートで出演された広島の伊藤さんに送っていただいた。 水を含ませたスポンジに包まれていたので, 開梱したら青々とした笹の葉が出てきた。 北海道では笹竹が自生していない。 七夕飾りにはプラスチック製の笹などを使う。 本物の笹竹はめずらしい。 そのうえ,青々とした笹竹だったので皆さん驚かれていた。 感謝感激 笹竹をステージの袖に飾る。 コンサート来場された方に,短冊を渡し 願い事を書いて笹竹に飾っていただいた。 演奏者の演奏やおしゃべり お借りしてきた本物のアルプホルン,さらにはガスホースでの演奏 大いに盛り上がる。 観に来ていただいた方々,大いに満足された笑顔だった。
6. Jul 2007(Fr) 23.1 26.0 / 11.3 14.9 美留和→旭川→美留和 ご来客 旭川まで演奏者をお迎え 旭川空港到着は13:50,それまで, たまたま北海道観光されているIさんご夫婦とご一緒 旭川市内で待ち合わせて,美瑛の丘を回る 明け方まで振っていた雨もあがり回復 美瑛拓真館より あらためて演奏者をお迎えに行って 美瑛富良野経由で美留和へ ファーム富田のラベンダーが満開
5. Jul 2007(Do) 19.7 30.4 / 10.2 20.1 美留和 2014年,冬季オリンピックの開催地が決まる。 ザルツブルグも候補の一つだったが残念 ========================================== 7日の七夕コンサート 少しでも演出できればと思い 前回演奏していただいた広島の伊藤さんにお願いして 笹竹を送っていただいた。 短冊の準備 当日来ていただくお客様に,短冊に願い事を書いて 笹竹に吊るしていただくためだ。 まずは,折り紙を買ってきて,半分に切る 輪ゴムをホッチキス止めして出来上がり 100人分,準備完了。 さて,自分自身,今年の願い事は何にしようかな ========================================== 今日のダウンロード 「PIZZICATO FIVE」 1990年代,日本ではあまり売れなかったけどヨーロッパではなぜか大ウケしてたらしい。 欧州の某都市滞在中,テレビから日本語の曲が流れてきた。 ♪東京は夜の7時 おーー我が祖国の歌。感激
4. Jul 2007(Mi) 20.9 22.6/ 11.5 23.0 東京→美留和 名もない坂 ========================================== 朝のワイドショーの星座占いはよかったのだが 小トラブル続発 今日はANA837東京羽田(11:25)中標津(13:05)で移動予定 ついでに羽田空港の自動券売機で 数日後の航空券を購入しよう ところが・・・・ 「本日の航空券は購入済です」という表示 そりゃわかっているよ,買いたいのは数日後 券売機さんよ,お願いだから数日後の航空券,買わせてちょうだい! どのボタンを押せばいいの? でもなぁ,こんな数日後の航空券を購入する客なんて滅多にいないよなぁ だからそんな機能なんてないんだよ 各航空会社は安全性をうたっているけど, やはり客の利便性よりも,株主のために利益優先・コスト削減・効率性重視だぜぃ! と思いながら,あれこれタッチパネルを操作する 「係員におたずねください」と表示 おぉい,どこに係員がいるの?係員なんてそばにいないよ 待つこと5分,係員が歩いていた おおかた何も知らないマニュアルどおりの派遣社員と思いつつも さっそく声をかけて問い合わせると 有人のカウンターで購入してくれと はいはい,でも有人カウンターは20人ぐらい並んでいるよ その係員もさいなんだよなぁ,いきなりクレームだから 今日は時間にも余裕があるし,その列に並ぶことにする,ふぅ そうこうしているうちに 本日搭乗予定の中標津行きがB767からA321に機材変更 座席が変わった,さらに出発が20分程度遅れるとのこと 中標津行きは,着陸前に我が家と摩周湖が見える。 それを見越して,あらかじめ左の窓側21Aを確保していたのだが 勝手に座席が通路側に変更されていた。おいおい もちろんクレーム,1Aに変更 さぁ20分遅れで搭乗開始。 ANAのSkipサービスを利用して搭乗しようとしたらそのゲートは使えない おいおい,先にそれを言ってよ 列を並び替えること2回,ったくぅ 搭乗後,ドアが閉まって滑走路に向かう,されども前に進まない あれ? しばらくして機長からのアナウンス 「先発の離陸機が鳥にぶつかった,安全確認のため滑走路閉鎖」 あーーーーー 15分くらい待たされただろうか A321の乗員も,とんだとばっちりなんだろうなぁ こういうときに限って,待ち合わせの約束があるんだよな あらためて,自分の日ごろの行いの悪さを自責する。 窓から目的の我が家と摩周湖がばっちり見えた,これにはご満悦 けっきょく30分近くの遅れで着陸,航行中に遅れた時間を挽回してくれたのだろう 中標津空港到着後,車に乗るとカーオーディオから音が出ない あーーーふんだりけったり まま実害のない小トラブルの続発ではあったが 悪いこともあれば,いいこともあるだろう 例えば国道運転中に2台前の車が速度取締りに捕まってしまうとか 速度測定用のレーダーとその三脚は,ずいぶん手前から認識できていたけど あしたは前向きな日記を書こう
3. Jul 2007(Di) 22.8 27.1 / 8.7 22.8 東京→茨城→東京 霧がかかっている。 ========================================== 今朝は適度な冷房で快適快適
2. Jul 2007(Mo) 22.6 25.4 / 7.4 24.7 東京 今日は雑節の「半夏生」(はんげしょう) 「半夏」とは生薬のことで「カラスビシャク」から作られる。 今日から5日間,天から毒気が降ると言われる。 うむうむ要注意 そういえば5日後は七夕だ。 本州の梅雨もこれからが本番。 ========================================== なんとなく朝からついていない 午前8時,通勤客で込み合う埼京線 上り電車に乗ろうとしたら目の前が「弱冷房車」 あわてて列を並び替えて普通の車両に乗車する。 しかし乗車するとむわぁっと来る熱気 なんだぁ冷房効いていないのか クールビズもここまできたのかと思うと 冷房故障で送風のみとの車内放送 ラッシュ時の混雑は問題ないのだが, 熱気にやられてしまった 窓を開けたくとも手が届かない スーツネクタイ着用にはたまらない 汗が噴出す。 まさに灼熱地獄の20分だった。 ほかにも,ついていないこと数件 こんな日は早く寝よう
1. Jul 2007(So) 20.0 26.9 / 9.1 10.2 東京 NW東京S日4回目 文月が始まる。
年月(曜) 東京の最低,最高気温 / 美留和の最低,最高気温 朝起きた場所→業務場所→夜寝た場所 ※最低気温:前日の21:00-9:00のうち最も低い気温。最高気温:当日の0:00-15:00のうち最も高い気温。
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 2003. 1. 1-2003. 6.30 2003. 7. 1-2003.12.31
2002年 2002. 1. 1-2002. 6.30 2002. 7. 1-2002.12.31
2001年 2001. 1. 1-2001. 6.30 2001. 7. 1-2001.12.31
2000年 2000. 1. 1-2000. 6.30 2000. 7. 1-2000.12.31
水岡祥二