mizuoka.jp in 美留和 北海道  
| 今後の予定 | 美留和ポータルサイト | iTAC | 花ふらりミニミニコンサート | 掲示板 | Profile | LiveWebCamera | ルーマニアん |

2007年11月30日(金) 8.3 10.6 / -11.5(24:00) 1.7(13:00) -5.2 朝焼け
2007年11月29日(木) 9.2 11.3 / -13.0(03:50) 1.2(13:40) -7.0 去年の今頃の画像をみると 美留和は雪景色である。 今年の11月は,いつもの年より気温が低い。 されど,ここ当分,根雪になりそうな雪が降りそうに無い。
2007年11月28日(水) 10.2 12.6 / -10.5(24:00) -1.8(14:20) -4.4 4月と11月は,魅力の無い季節。 4月は,雪どけで,雪解け水であたり一面水浸し。 そのあとに芽吹きの季節がやってくる。 11月は,紅葉が終わり,静かに雪を待つ季節。 日は早く落ち,寒さは真冬並み。 魅力が無いところが魅力でもある。
2007年11月27日(火) 10.5 14.4 / -5.9(18:50) 1.0(10:10) -1.5 体内時計のリズムが狂ってきたようだ。
2007年11月26日(月) 8.1 16.7 / -7.8(05:10) 13.8(11:50) 2.9 ぽかぽかとした小春日和の一日。 ここのところ生活が不規則である・ 3時間しか寝ていない。
2007年11月25日(日) 6.4 18.0 / -7.4(07:10) 5.1(12:50) -2.0 ラジオからBOBBY VINTONの♪MR LONELY が流れる。 この曲を聞くと反射的に 「明日,起きられないぞ。布団に入らにゃ」 ということでよい大人は,おねむの時間 12時間寝ただろうか
2007年11月24日(土) 4.6 14.4 / -7.9(02:40) 5.8(12:30) -1.2 満月の夜 まんまるい月をみていると まんざら月に向かって吠えるという気持ちも分からないでもない でも,遠回りして帰ろう
2007年11月23日(金) 6.4 12.8 / -5.0(24:00) 1.6(15:00) -1.0 霧の朝, 視界は100mもないだろうか
2007年11月22日(木) 5.3 13.3 / -13.3(06:20) -2.5(13:20) -6.3 午前6時,-12.9℃ 【凛】ということばがぴったりの朝
2007年11月21日(水) 7.1 14.3 / -7.4(23:50) 2.5(00:10) -3.1 美留和の天気予報 雪模様だったのだが,一日中晴れ間が広がった。 冬型気圧配置が強まり 北日本の日本海側では大雪になったようだが 北海道東部は晴れ間が広がる。ただし冷え込むが 美留和の雪景色はまだまだ先になりそうだ。 ============================== 11月10日の『EKIDENカーニバル 西東京大会』の結果が発表される。 前半3km18分32秒,後半3km18分32秒 どちらも同タイム われながら器用だなと感ずる。
2007年11月20日(火) 5.8 16.4 / -9.1(05:10) 6.5(17:30) 0.7 なにかとトラブルにみまわれる日 いずれも対策に時間を要した。 気がつけば午前3時 されど,事なきを得る。 ま,これも修養の一つと考えよう。
2007年11月19日(月) 7.6 12.0 / -8.6(22:20) -1.9(14:10) -4.8 →東京 ご来客 久々の中標津空港 拡張工事をしている 便が増えるのだろうか 東京は『寒い』というニュースを聞き 美留和では普段でも着ない厚手のジャンパーを着用したものの 今宵の東京の夜は思ったほど寒くなかった。
2007年11月18日(日) 6.7 19.4 / -4.4(24:00) 6.4(00:30) 1.9 ご来客 夜中に土砂降りの雨。 すっかり,雪は解けてしまった。 阿寒湖から知床ウトロへ 知床ウトロからの帰り道 雪が降り出した。 斜里の町に入ったところで雪はやんだと思いきや 路面は,アイスバーンになった。 降った雨が乾燥せずにそのまま凍ってしまったようだ。 よく滑る 野上峠を越え川湯まで,ずっとアイスバーンだ。 もちろん速度を落として30-50km/hで走行。 ウトロから90分あれば帰られるところ 120分程度かかった。
2007年11月17日(土) 6.8 12.5 / -10.0(06:20) 6.3(23:40) 0.1 ご来客 m先生,Bさん,Yさんご一行様
2007年11月16日(金) 11.0 14.0 / -10.2(06:50) 2.6(14:30) -3.2 所用があり美幌に出向く 藻琴峠は圧雪・アイスバーン
2007年11月15日(木) 11.9 21.2 / -5.4(22:40) 7.3(00:10) 1.2 午後から本格的な降雪。 久々に神秘的な雪明りの夜
2007年11月14日(水) 12.1 20.1 / -4.8(00:50) 10.8(13:30) 3.0 広島→東京→ 早朝便で東京に向かう。 所用を済ませたのち 夜,美留和に到着。
2007年11月13日(火) 12.3 21.1 / -4.1(24:00) 5.8(00:10) 2.3 山口→広島 ロスヴィータ・ランダッハー バイオリンリサイタル 午前中はリハーサル 練習ととはいえ素晴らしい音色にうっとり この音色を独り占め,客席で眠ってしまう,あーなんという贅沢 このホールが満席になればいいのだが ============================== 昼下がり,スタッフの方々とカフェにいく ============================== 開場前から続々とお客さんが詰め掛ける。 客席の6割ぐらい埋まる,500人くらいだろうか 生まれも育ちもウィーンのランダッハー教授 やはりモーツァルト・ベートーヴェン・ブラームス・クライスラーと ウィーンゆかりの作曲者の作品を ウィーン風のおおらかな独特の節回しで演奏される。 技巧の完璧さもさることながら, 陰と陽,間合いの空間に幅を増し,深い表現を紡ぎだす。 ピアノのパルツ君, 時にロマンティックに,時に軽快に,時にシビアに 音色を変えながらランダッハー教授に寄り添っていた。 演奏終了後,割れんばかりの大拍手 もちろんアンコール また,大拍手 そしてアンコール またまた,大拍手 そしてアンコール 繰り返す。 なんとアンコールが5回 うわぁ,そこまでやるの まったく想定外のサービスぶり。 最後は客席のあちらこちらから「ぶらぼーーー!」と声がかかる。 こんなコンサートは初めてだ。 出口でお客様を見送る。 お客様の満足した笑顔が何よりもうれしい。 ランダッハー教授とパルツ氏,大学関係者,スタッフで打ち上げ さらに宿泊先の私の部屋でランダッハー教授とパルツ氏,伊藤氏を交えて二次会 意外に気さくな方々で,夜遅くまで談笑する。 大成功だった。 コンサート開催に尽力していただいた方々にただただ感謝
2007年11月12日(月) 9.8 19.1 / 5.4(18:40) 8.3(03:00) 6.9 山口→広島→山口 明日の『ロスヴィータ・ランダッハー バイオリンリサイタル』 当初,エリザベト音楽大学内の210席の小規模なホールでの開催予定だった。 観覧希望者が多く,急遽800席のホールに変更となった。 演奏者のランダッハー教授とパルツ氏を 広島駅までお出迎え 日本でオーストリアの方と会話するのは初めて しかも対応は私一人 ホテルにチェックイン後,明日の打ち合わせを兼ねて夕食会 さてさて,語学力が試される これが一番よくつく,身につく ============================== 午前中,山口市内を回ってみる。 山の木々の葉が少しずつ色づいている。
2007年11月11日(日) 12.1 16.6 / -6.0(05:50) 9.0(20:00) 3.6 東京→山口 すっきりしないお天気の週末 地下鉄霞ヶ関駅で降りて虎ノ門まで歩く。 平日の昼間ならば官庁街は,人や車の行き来でにぎわっているが さすがに日曜の昼間は閑散としている。 山口も雨。
2007年11月10日(土) 12.7 14.8 / -6.5(06:10) 6.2(11:20) -0.3 東京 昨夜から冷たい雨が降り続く 昭和記念公園にて『EKIDENカーニバル 西東京大会』に参加 3km + 3km = 6km走る。 前半は,息が上がらない程度で走る。 後半は,ちょっとペースを上げてみる, すぐに息が上がる。ものの後半のほうがタイムがよかった。 昨年のサロマ湖で痛めた膝も問題なし。 いずれにしても来年2月の東京マラソンに手ごたえを感じる。 筋肉痛,太ももはもちろん,肩の筋肉や腹筋までが痛い。
2007年11月 9日(金) 13.4 19.7 / -4.3(22:10) 3.7(09:20) 0.2 →東京 気温が思ったほど下がらなかった,淡雪 東京に向かう。 水落としをして出かけようと思っていたが,すっかり忘れてしまう。 東京到着,最近の都心は何が落ちてくるかわからないので 上を向いて歩く。 それにしても街を歩いている人 みな厚着だぁ。
2007年11月 8日(木) 11.8 19.9 / -1.8(02:40) 5.2(13:00) 2.4 二十四節気の立冬,暦の上では今日から冬 摩周湖第3展望台や知床横断道路はへの道も冬季閉鎖 冬支度せねば 時折,みぞれが降る中,スタッドレスタイヤに交換 とりあえず初雪
2007年11月 7日(水) 14.8 19.0 / -4.1(06:00) 8.7(13:00) 3.7 大阪→ 今日の業務場所は,大阪経済の中心地『北浜』 打ち合わせ前にちょっと水の都を 知人の事前の尽力により,交渉事がスムーズに進む。 ============================== 「人間万事塞翁が馬」 携帯電話水没! ============================== 13日広島のエリザベト音楽大学で開催される『ロスヴィータ・ランダッハー バイオリンリサイタル』が中国新聞で紹介された。 国際プロモート第1号 ============================== 明日の夕方から雪の予報 いよいよタイヤを交換せねば
2007年11月 6日(火) 14.1 17.7 / -5.8(06:10) 13.1(13:00) 3.9 →大阪 ご来客 南海難波駅で下車。 ホームの階段を下りてしまったが ちょっと迷ってしまう。 やはり難波といえばこれでしょう 経費節減と健康をかねて 難波から淀屋橋まで歩く
2007年11月 5日(月) 13.4 19.7 / -6.1(05:50) 13.9(13:10) 1.9  ご来客 お客様をお連れして摩周湖の日の出を見に行く。
2007年11月 4日(日) 12.1 20.0 / -6.3(06:10) 12.0(13:20) 0.9  ご来客 プロ野球も終わったし,スカパーを見なくなったのだが 『毎月第1日曜日はスカパー!大開放デー。』 多くの有料チャンネルが今日だけは無料で見られる。 とはいえ,めったに日曜は自宅にいない。 年に一度あるかないかのチャンス! 好天なれど,ずっとテレビを見てしまう。
2007年11月 3日(土) 13.7 18.0 / -3.7(23:50) 11.1(13:50) 2.3 プリンタが故障して,動かなくなってしまった。 新品購入を考えたが,予算緊縮の折 ネットオークションで中古同型機を探す。 意外と安い。インク代よりも安い。 便利な世の中になったもんだ。 ============================== 今日は当たり日? 買い物に出かけると,行きも帰りも 踏み切りで列車通過待ち。 スーパーマーケット「フクハラ」で 『はじめてのおつかい』のロケに遭遇 主人公と一緒にレジに並ぶ。 ============================== 美留和は,阿寒国立公園内にある。 自然公園法を読み直してみる。 風景保護に加え,脆弱な生態系を保護するための「利用調整地区制度」がある。 利用人数,時間を制限する制度である。 その第1号が吉野熊野国立公園西大台地区 お隣,知床国立公園の知床五湖,羅臼湖もその候補である。。 摩周湖も近々「利用調整地区制度」も候補になるであろう。
2007年11月 2日(金) 16.6 18.6 / -3.2(05:50) 8.9(13:40) 2.1 普段と同じように事を進めても,うまくいかない。 通常時ならば効率が8割を越えるのに,6割以下まで低下している。 あせりが出てくる。 邪道と思っていた手を使ってみる。うまういく。 効率が8割に戻るが,その手を使い続けると,すぐに6割まで低下。 スランプとはこんなものであろう。 こういったときこそ,問題点・課題を見つけ出さねば
2007年11月 1日(木) 14.8 19.7 / 2.5(21:10) 15.1(13:50) 8.9 今日から11月。ことしもあと2ヶ月。 年賀状発売開始。 ============================== 一人のランナーも出せずに完敗 されど,ここまで楽しませてもらった。 感謝しよう また来年に期待しよう。
年月(曜) 東京の最低,最高気温 / 美留和の最低,最高気温 朝起きた場所→業務場所→夜寝た場所 ※最低気温:前日の21:00-9:00のうち最も低い気温。最高気温:当日の0:00-15:00のうち最も高い気温。
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 2003. 1. 1-2003. 6.30 2003. 7. 1-2003.12.31
2002年 2002. 1. 1-2002. 6.30 2002. 7. 1-2002.12.31
2001年 2001. 1. 1-2001. 6.30 2001. 7. 1-2001.12.31
2000年 2000. 1. 1-2000. 6.30 2000. 7. 1-2000.12.31
水岡祥二