2014年3月31日(月)-3℃ 0℃
2014年2月30日(日)-2℃ +3℃ 国道243号線美幌峠は終日通行止め。
2014年3月29日(土)+3℃ +9℃ おはようございます。昨夜,久々に帰宅しました。 我が家の前の道をみると,すっかり雪が解けて地肌が見えています。 路面はぬかるみ状態で,ところどころに水たまりがあります。 砂利道は,冬,雪や凍結した路面の上を車が走ると傷みます。 雪が消えて路面が乾けば補修が入ります。 しばらくは長靴が必要です。
2014年3月28日(金)東京-3℃ +8℃ 春休みですね〜羽田空港は混雑しています。 久々にオーバーセールに遭遇しました。 次の便まで5時間,魂を売ろうかなと思案の挙句 あー魂を売ってしまった。札幌経由女満別便に振り替えです。
2014年3月27日(木)東京-6℃ +5℃
2014年3月26日(水)東京-2℃ +10℃ サクラサク,神田明神の桜が咲き始めました。個人的に開花宣言です。 昼休みにちょいっと秋葉原の秋月電子の隣の怪しそうな店に入ります。 「Lumix & Let’snote修理工房」で,パソコンLet'snoteや デジタルカメラLimixを直接持ち込めば,即日修理してもらえます。 愛機をここで診てもらったところ, 「こんな破損は初めて。完治するには部品・工賃などで4万円近くかかります。」 とのこと(涙) 外観だけの問題で,使用上まったく問題ないので,ここはぐっとこらえることに。 それにしても即日修理サービスはありがたいです。
2014年3月25日(火)山口-4℃ +11℃
2014年3月24日(月)山口-12℃ +8℃ もともと今回の東京出張は,板橋Cityマラソンに出場,24日所用を済ませて帰る予定でした。 しかし,急きょ26,27,28日に東京での所用が入ったため,そのまま東京に滞在…ではなくて, 父の墓参りのため,山口に立ち寄ることにしました。 今日は彼岸明け,春のお彼岸になんとか間に合いました。
2014年3月23日(日)東京-6℃ +3℃ 板橋Cityマラソン完走しました。 事前の作戦では次のとおり考えていました。 前半6分30秒/kmペースで,後半は行けるところまで行こうと 目標は,5時間切りです。 その前に,二つ問題点がありました。 ※間違って練習用のシューズを持ってきてしまったたこと。 本番用シューズと違い,練習用のシューズはもともと靴底が薄いうえに,かかとがすり減っています。 ※ウエストポーチを忘れてきたこと。 ゼリーや飴を入れて走る予定だったのですが,仕方なくポケットに 走りながら,取り出すのに難儀します。 中間点=折り返しまでは作戦どおり。コースが河川敷のため毎回,風に悩まされる大会です。 前半,今回は風が弱いなぁと思っていたらとんでもない。 折り返したら向かい風の強いこと。 そうです,前半は追い風だったことにまったく気がつきませんでした。 折り返してからは向かい風にあえぎながら進みます。 25kmを過ぎて,吐き気がつきます。疲れが次第に貯まっていくのもわかります。 8分/kmペースまで落としながらも30q通過, このままいけば5時間切りも見えてきたころ, Finishまであと10kmの32km地点でスポーツ飲料を口にしたところで嘔吐, 草むらにうずくまります。 一瞬,「あ〜もう無理だ」棄権も頭の中をよぎりました。 しかし,声援のおかげで歩いてでもFinishへ行こうと思い直し,歩き始めます。 そじてFinish。ネットタイムで5時間47分22秒 たくさんの応援ありがとうございました。 日焼けで脱水症状,さらに胃を壊して何も口に受け付けない状態でふらふら, 打ち上げのお誘いを辞退し,ビールも飲まずに早めに就寝しました。 それにしても昨年は桜が満開だったのに,今年はまったく咲いていませんでした。 何回か大雪が降るなど,去年よりも2月3月の気温が低かったのでしょう。
2014年3月22日(土)東京-6℃ 0℃ 明け方まで,吹雪いていました。 強い風によって雪が寄せ集められたのでしょう。 多いところでは背丈ぐらい積もり雪の壁として立ちふさがっています。 朝食前にレギュラーの雪かきを終えました。さぁ,東京に行くぞ。
2014年3月21日(金)-5℃ -3℃ 猛吹雪です。
2014年3月20日(木)-16℃ 0℃ 暑さ寒さも彼岸まで, この写真は現在の我が家前の道です。このようにまだまだ雪に覆われています。 でも,あちらこちらで春を感じています。 きっと一週間後はぬかるみとなっていることでしょう。
2014年3月19日(水)-4℃ 0℃ 昨夜から明け方まで強い風とともに雪が降りました。 新たに15cm程度積もりました。雪かきのため朝ランは中止です。 今朝は真冬の雪と違い湿りけが多いのです。 重くて,ママさんダンプを傾けてもへばりついたままです。 まさに春の雪です。 そういえばお彼岸ですね。 お彼岸と言えば「ぼたもち」と「おはぎ」,個人的感想ですが 大きさを比べたら「ぼたもち」のほうが大きいような気がします。 ちなみに私は粒あん派です。
2014年3月18日(火)-8℃ 1℃
2014年3月17日(月)-11℃ +3℃
2014年3月16日(日)-12℃ +2℃ 左側の束子,ここまで使い込めば本望でしょう。 右側の新しい束子に世代交代です。
2014年3月15日(土)-6℃ 0℃ 「レンジでチンして鶏のからあげ」を作ってみたところ,大失敗。 できあがったとき,クッキングシートの上には, 油の海に鶏肉が浮いていました(苦笑) 説明には「キッチンペーパー」って書いてある。 あれ?「キッチンペーパー」と「クッキングシート」って同じじゃないの? 「サランラップ」と「クレラップ」の違いのように, 商品は同じでメーカーが違うだけかと思っていました。
2014年3月14日(金)-4℃ -2℃ まさにホワイトデー
2014年3月13日(木)-20℃ -1℃ おはようございます。 3月23日開催の「板橋Cityマラソン」のナンバーカードが届きました。 番号が4桁です(苦笑)。 この大会は,何回か開催中止の年もありましたが,ほぼ毎回出場しています。 春先の大会ゆえに毎回走り込み不足で臨みます。 35km地点のシャーベットステーションを楽しみに走ります。
2014年3月12日(水)-20℃ -1℃
2014年3月11日(火)-7℃ -4℃ 帰途,女満別空港,意外に雪が積もっている。 おおよそ30cmぐらいかな,雪をはたいて,さぁ出発 あれ?ヘッドライトがつかない。 ヘッドライトにも雪がこびりついたままでした。 あらためて出発。
2014年3月10日(月)秋田-9℃ -1℃ 大潟村役場 こういったところでの会合では「さて,わが町はどうなんだろう」と対比させてしまいます。 アグレッシブな方が多い。
2014年3月9日(日)秋田-20℃ 0℃ 大潟村名物,米粉餃子 米の加工が挑まれています。
2014年3月8日(土)秋田-20℃ -2℃ 吹雪の中,秋田到着 これは仕事ではありません。
2014年3月7日(金)東京-20℃ -3℃ 美幌峠から屈斜路湖,美留和原野を臨みます。 昨日の地吹雪で大荒れだった天候が一転して,今朝は澄み切った青空が広がっています。 心配していた美幌峠(国道243号線)の通行止めもなく,女満別空港に向かうことができます。 今朝の最低気温-19.6℃,寒さが厳しいほど,美しさを見せてくれます。
2014年3月6日(木)-5℃ -3℃ 周囲の国道や道道では「吹雪による通行止め」箇所が徐々に増えています。 それにしても今日の我が家前の除雪車はとても速いのです。 朝早いのではなく,スピードを上げて楽々と除雪しています。 【雪が軽くて舞いやすく視界不良になりやすい】 さてさて,我が家前の町道も除雪されたので 【雪が積もって通行不可となる前に】 買い物,自治会費集めにと出かけましょうか。
2014年3月5日(水)-8℃ +2℃ オホーツク海は流氷で覆われています。(ウトロ)
2014年3月4日(火)-19℃ -3℃
2014年3月3日(月)-13℃ 0℃
2014年3月2日(日)-16℃ -3℃
2014年3月1日(土)-11℃ 0℃ おはようございます。今日から3月です。 日の出時刻が午前6時前になりました。 そして今日は新月,今月は新月が2回あります。 月に2回満月があるとブルームーンと言いますが, 新月は何か言うのでしょうか,ふと考えます。 話しに関係なく「でこぽん」ファミリーです。
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 2003. 1. 1-2003. 6.30 2003. 7. 1-2003.12.31
2002年 2002. 1. 1-2002. 6.30 2002. 7. 1-2002.12.31
2001年 2001. 1. 1-2001. 6.30 2001. 7. 1-2001.12.31
2000年 2000. 1. 1-2000. 6.30 2000. 7. 1-2000.12.31